アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

START

2007年07月30日10時23分
現在楽天ブログを使っているのですが、制限事項が多いためFC2への移籍を考えています。

ただ、私はブログ初心者なうえ、HTMLの知識もゼロ。
だから簡単な楽天で始めたんですけど・・・。

FC2でもやっていけそうか、とりあえずテスト運用しようと思い立ち上げました。いけそうなら、こちらに本拠を移すつもりです。

過去ログがもったいないなぁ・・・。
移行ツールなんかないだろうし。

とりあえずこれが1発目です。
スポンサーサイト

小池百合子首相誕生は正夢か?

2007年07月09日08時17分
先日、小池百合子首相誕生の夢を見たという話を書きましたが、この「小池百合子」をキーワードにしてをTagStaで検索したところ、サダぽんさんの「猿の惑星で如何に生きるか?」というブログの「3年以内に小池百合子首相誕生か?」という記事に行き着きました。

私も思うところをコメントとして残させていただいたのですが、ここ2日ばかりの間にマスコミからもポスト阿部として小池百合子氏の名前が取り沙汰されるようになってきました。

さすがにポスト阿部としては麻生太郎氏の方が現実味がありますが、麻生氏を支持しているのはオタク文化支持者が熱狂的なだけで、自民党内や国民の大多数からの支持はありません。

これはまたの機会に書きますが、麻生氏がマンガを政策の一つとして重視するのは確かにまったく的外れではないのですが、構想の底が浅すぎます。マンガだけでとらえていても産業への波及効果は少なく単なる文化事業にしかなりません。

昨今、電通がマンガやアニメに本腰を入れているのは、マンガを起点としてそれをアニメ化、キャラクターグッズへの展開、ゲーム化、主題歌等の音楽コンテンツ、実写テレビ化、実写映画化、ハリウッドでの実写化というふうに多方面へ展開し、メディアミックスでコンテンツとして育て上げ収益を上げるというモデルが、当たればものすごい利益を生むことが実証されたからです。

その実証例が私が度々取り上げるドラゴンボールとポケモンです。ドラゴンボールの原作者である鳥山明氏は連載作品は「Dr.スランプ」と「ドラゴンボール」の2作しかありませんが、ドラゴンボールが当たったために、今では仕事をしなくても版権収入だけで億万長者です。

たかが少年ジャンプのマンガであったドラゴンボールは、アニメ化、オリジナルストーリーのアニメ制作、多数のゲーム化、更にはハリウッドでの実写映画化構想と発展し、日本だけではなく世界中の子供達に浸透し、それがきっかけで日本に興味を抱くようになった人たちも少なくはありません。

日本のマンガはストーリー性や設定の部分で非常にクオリティが高いため、そのようなコンテンツビジネスの種として、非常に有望なのです。麻生氏の場合、おそらくそこまで考えてマンガを政策として考えてはいないでしょう。

小泉内閣は小泉劇場と呼ばれるとおり、すべての面で非常に刺激的な内閣であったため、その刺激になれてしまった観客(国民)は、次に普通のものを見せられても不満しか出てこないでしょう。清和政策研究会には、まだ福田康夫氏がいますが、前回総裁選に出馬しなかったのはそれがわかっていたからなのかもしれません。

今月の参議院選で自民党は99%敗北するでしょう。ただそれで安倍政権が倒れるかどうかは微妙だと思います。仮に倒れたとしたら、今の八方ふさがりの状態で手を挙げるのは麻生氏のみでしょうから、麻生内閣が誕生するかもしれません。ただ、安倍内閣が存続しても麻生内閣が誕生しても、おそらく1年もたないと思います。

昨朝、私は偶然フジテレビのタイトルは忘れましたが、各党の党首が集まって討論をする番組を見ていたのですが、その中で小沢一郎民主党党首が、参議院選挙で野党が勝てなければ政界を引退すると爆弾発言をしました。それくらい自信があるのだとは思いますが、民主党だけで過半数を取って主導権を握れなければ本当はほとんど意味がないのが実情でしょう。社民党はともかく、共産党まで含めての内閣では身動きが取れないからです。結果的に野党が政権を握っても短命で終わることになるでしょう。

仮に自民党が下野した場合、公明党は再びキャスティングボードを握ることになりますが、コウモリのように翻るかは、もう長年自民党と連携していることから微妙だと思います。

小沢氏を始め、旧竹下派七奉行が中枢を握っている実態は自民党旧田中派の集団である民主党だけで主導権を握れなければ、民主党の長期政権は望めません。

野党が政権を取っても、安倍内閣が続いても、麻生内閣が誕生しても、1年程度で倒れることは目に見えてます。そこで、次は誰かということになると、ここで小池百合子氏が浮上することになります。

単なる2世、3世で地盤を引き継いだだけで実務能力に欠け、自身の議席を守ることだけに奔走する議員が多い中、小池百合子氏は一見タレント議員と見られがちですが、お笑いやスポーツ出身の頭の中が軽そうなタレント議員とは一線を画しています。

彼女はWBSのキャスターを務める前、日本では数の少ないアラビア語の通訳をしていました。また大学もカイロ大学卒で、アラビア語にも非常に堪能な上、アラブ人脈もあります。

さすがテレビに出ていただけあって、ルックスもよく、パフォーマンスも小泉氏に勝るとも劣らず非常にうまく、クールビズを見事に定着させました。

また前回の選挙で出馬する選挙区を鞍替えしても圧倒的な支持を得たことを見ても分かるように、無党派層と呼ばれる一般大衆に非常に人気があります。

いま世界中で問題になっているのは、環境問題、イスラム過激派によるテロ行為、北朝鮮やイランといった国での核問題あたりだと思うのですが、今回の防衛大臣就任で、この3つめの核問題にも関与することになり、世界中で起こっている主要な問題すべてに深い見識を持っていることになります。

また現在の自民党の主流派閥である町村派(清和政策研究会)所属ですから、数の後ろ盾もあります。初の女性首相というのも新鮮で非常にインパクトがあります。

こう考えていくと、サダぽんさんの「3年以内に小池百合子首相誕生か?」というのは非常に現実的で、むしろもっと早く誕生することさえ十分に考えられる状況になりつつあります。

やはり、彼女は時流に乗り続けて運を引き寄せる能力があるようです。ただ者ではない気がします。

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ




夢を見ました

2007年07月04日08時50分
小池百合子氏が日本初の女性首相に就任する夢を見ました。

ちょっと前までは、次次次々期首相ぐらいには、野田聖子氏が日本初の女性首相に就任するのでは・・・等と囁かれていたものですが、なぜか夕べ私は小池百合子氏が日本初の女性首相に就任する夢を見ました。

運も実力のウチとはよく言ったもので、小林興起前衆議院議員が、環境なんてそんなもんは二の次だというような内容のことを小池氏に言い放ったその数年後に、その小池氏が同じ東京10区に乗り込んできて、小林氏を大差で葬り去るなんてこと、誰が想像したでしょうか?

数十年前の半袖スーツ(省エネルック)は、あまりにもみっともなくて定着しませんでしたが、小池氏が宣伝しまくったクールビズは定着しました。

環境なんてものは、ビジネスにおいては足枷だと思われていたのはもう過去のこと。現在は、地球規模で環境問題が討議され、それが一大ビジネスになり得る時代です。

そう。小池氏自身はさほど自覚していないかもしれませんが、彼女は非常にうまい具合に時流に乗っているように私には見えるのです。

運も実力のウチとは本当によく言ったものです。

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ





 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。