アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモは遅かれ早かれiPhone販売を決断せざるを得なくなる

2013年08月16日23時51分
数日前に、私が新卒で入社した会社の同期に、西武新宿線の高田馬場駅でバッタリ会いました。私は西武新宿からの帰宅途中で、彼も山手線から西武新宿線に乗り換えて帰宅する途中のようでした。

彼とは事業部も同じで比較的仲のいい同期の一人でしたので、あまり時間はないけど軽く飲もうということになりました。彼は同期の中でも一番早く、私もよく知っているこれまた同期の女性と結婚しており、中2の娘を筆頭に、小5、小4の息子の3人の親になっていました。

彼は私がケータイマニアであることを知っていますので、なんとなくケータイの話になりました。私が勤務していて彼が今でも勤務している某社では、今でもドコモのガラケーを社内標準機として採用しているようでした。

大口の法人顧客に対する特別割引き施策はソフトバンクモバイルが有名ですが、ドコモやauも同じようなことをやっていて、個別対応で総支払額の何割を割り引くとか、乗り換えてくれたら1年間通話料金を無料にするというような契約を交わしています。

そんな彼が、奥さんと共に個人所有のケータイを去年の12月についにドコモガラケーからソフトバンクモバイルのiPhone5へMNPで乗り換え、スマホデビューしたと言うのです。きっかけは長女がiPhoneが欲しいと前々から言っていて、実際女子の8割強がiPhoneを持っているそうで、周りから浮いていじめられてはマズいと夫婦で相談し彼女が中1の時のクリスマスプレゼントとしてiPhone5を買い与え、ついでに自分達もMNPでiPhone5に機種変更したとのことでした。

iPhone5を購入する時に、みまもりケータイ2 101Zが端末代金無料で590円の月額基本料金もキャンペーンで2年間は無料だったそうで、小学生の2人の息子にも持たせているとのことでした。

機種別販売台数トップ10に、みまもりケータイ2が常にランクインしている理由が初めてわかった瞬間でした。親と抱き合わせでタダでばらまいていたのです。

しかし中学生の段階で8割強がiPhoneを持っているというのも衝撃的でした。Androidスマホには割り込む余地がないようです。中学生の時点でiPhoneを使い始めれば、中学生のメジャーな趣味の一つである音楽を聴いたりする時も当然iPodアプリやiTunesを使っているのでしょう。一度コンテンツやアプリをiPhoneで使い始めてしまうと、年を重ねていって自分で稼ぐようになっても、最早Androidスマホに乗り換える動機付けなど全くなくなるはずです。

続きを読む...ドコモは遅かれ早かれiPhone販売を決断せざるを得なくなる"
スポンサーサイト

続くドコモの迷走 ツートップ失敗でサムスン切り

2013年08月15日20時29分
NTTドコモが冬商戦向けに発売するスマホで、販売促進費を重点的に投入する機種として、新たに富士通とシャープ製の端末を選定する方向で調整に入ったことが昨日14日(水)明らかになりました。

夏商戦では圧倒的な大差を付けてドコモの端末で一番売れたソニーのXperia Aの後継機種も引き続き選定される可能性が高いため、ドコモの冬商戦はソニー、富士通、シャープのスリートップになる模様です。

ドコモは夏商戦で「ツートップ」としてソニーと韓国サムスン電子の端末を重点機種とし実質値下げしました。特にサムスンのGALAXY S4 SC-04EはMNPの2年間利用で端末負担額0円+40,000円キャッシュバックというあり得ない大幅値引きを行ったにも関わらず、8月中旬時点で販売台数は70万台に留まっており、同じツートップに選ばれたソニーのXperia A SO-04Eの130万台販売と、ほぼダブルスコアの差を付けられ苦戦していました。
GALAXY S4
GALAXY S4 SC-04E

冬商戦では9月下旬に発売が予定されているiPhone5Sが断トツで売れる可能性が高い一方、発売から半年経ったGALAXY S4では目新しさもなく、商品力でもブランド力でもiPhone5Sには太刀打ちできないため、サムスンは外れる可能性が高いようです。ドコモの動きは、経営再建中のシャープには追い風となりそうです。

続きを読む...続くドコモの迷走 ツートップ失敗でサムスン切り"

ドコモガラケー2013年冬モデルはこんな機種が出て欲しい!!

2013年08月14日07時43分
ドコモのガラケー2013年冬モデルが非常に注目されてきています。

1ヶ月くらい前までは、GoogleやYahoo!検索で当どろんじょ屋敷に辿り着いておられる方の大体50%ぐらいが、「iPad 安い」に代表される検索フレーズで、約 11,800,000 件中トップにヒットしている「iPad Wi-Fi, iPad mini Wi-Fi を安く買うには」だったのですが、8月に入ったくらいから「ドコモ ガラケー 2013 冬」に代表される検索フレーズで、約 908,000 件中トップにヒットしている「いまドコモのガラケーを買うならこれだ!!」に辿り着いている方が感覚的には35%ぐらいにまで増えてきています。

この現象は如何にドコモのガラケーの新機種の発売を待ちわびている方が多いかの証だと思っています。

つまりこれらの方々は私も含めて、2012年冬モデルであるN-01E、F-01E、P-01E、SH-03Eでは満足できない潜在機種変更熱望ドコモガラケー支持者だと思われるわけです。

ドコモガラケーの2012年冬モデルでは、全部入りのハイスペック機が消滅してしまいました。全部入りハイスペックガラケー端末を望む層は行き場を失ってしまい、あれから早10ヶ月が経とうとしています。

2013年冬春モデルは、恐らく今年も10月2週か3週の火曜日か水曜日に発表会が行われ、10月下旬から順次発売となるはずです。ここで注目されるのがドコモ向けスマホからの撤退を発表したNECカシオとパナソニックの動きです。両者ともガラケーについては引き続き開発・販売を続けていくと表明していますので、この2社からは以前のPRIMEシリーズのような、ハイスペックガラケーのリリースが期待できそうです。

とは言え、私が望んでいる実装して欲しい機能は、そんな大胆な物ではありません。

続きを読む...ドコモガラケー2013年冬モデルはこんな機種が出て欲しい!!"

続 CRヱヴァンゲリオン8 レビュー

2013年08月07日02時05分
7月25日(木)に「CRヱヴァンゲリオン8 レビュー」で、ぼろクソに書きましたが前言撤回します。

CRヱヴァンゲリオン8、超面白い!!

最初打った感想は先日のレビューで書いたとおりです。でも7月31日(水)に18連チャンを経験してから、印象が180度変わりました。連チャンすると最高に面白いのですが、通常時はどんなにアツイリーチが来ても当たらない&全然面白くないという点では、同じくSANKYO(エヴァは厳密には子会社のBistyですが…)のガンダムと全く一緒です。

コピー ~ 130731-125612

18連しても4R 480玉が結構多いので、総獲得玉数は17875玉と少なめだったのですが、連チャンの終盤でシンジの葛藤リーチ、すなわちシンジがもうエヴァには乗らないと決断したのに、初号機(ユイ)がダミーを拒絶して、シンジがパイロットとして初号機に乗せてくれとゲンドウに懇願する辺りから、レイが使徒に取り込まれてしまい、それをシンジが助けようとするシーン、そしてサードインパクトが始まり世界が終わるというリツコのセリフと共に大連チャンが終了した一連の流れは、エヴァ好きな私にはたまらない物がありました。

つまり新劇場版「破」のクライマックスシーンがまんま再現されてるわけです。これはエヴァファンにはたまらないでしょう。

ちなみにこの日の収支は、投資18K、換金71.5K、収支プラス53.5K、稼働時間3時間40分でした。

続きを読む...続 CRヱヴァンゲリオン8 レビュー"

NECカシオ、スマホの新規開発中止を発表

2013年08月01日06時30分
NECは、7月31日(水)、NECカシオモバイルコミュニケーションズが行っている携帯電話端末事業を見直すと発表しました。同日付でスマートフォンの新規開発を中止し、現在販売中の機種をもって生産・販売を終了するとのことです。ただし、従来型携帯電話機(ガラケー)の開発・生産は継続するそうです。

NECカシオモバイルは、NEC、カシオ計算機、日立製作所の携帯電話端末事業を統合し、2010年6月に設立され、ガラケーに加え、「MEDIAS(メディアス)」ブランドで、2011年3月に同社初のAndroid搭載スマホ「MEDIAS N-04C」、2011年6月に第二弾「MEDIAS WP N-06C」を発売し、その後も主にドコモ向けにスマホを供給していましたが、出荷台数は減少傾向にありました。

2012年度の売上高は約1,400億円、出荷台数は約290万台。現在、販売中のスマホは、6月発売の「MEDIAS X N-06E」、5.6インチのダブルディスプレイを搭載した4月発売の「MEDIAS W N-05E」などです。この「MEDIAS X N-06E」が最終モデルとなります。

MEDIAS X N-06E
MEDIAS X N-06E

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、2013年上半期(1~6月)のスマホのメーカー別販売台数1位は、「iPhone 5」が売れ続け、シェア34.5%を占めたアップル、2位はソニーモバイルコミュニケーションズ(21.0%)、3位はシャープ(12.7%)、4位はサムスン(8.5%)、5位は富士通(7.6%)、6位はHTC(4.3%)で、NECカシオモバイルは、シェア2.9%で7位にとどまっていました。

競争力の維持・強化には、アップルやサムスンのように、世界規模で展開するスケールメリットが重要になるなかで、中国のレノボとの協業も模索していたようですが、交渉は決裂し携帯電話端末事業について総合的に検討した結果、スマホ分野からの撤退を決定したようです。

スマホに関する保守は、引き続き提供され、またNECが行っているタブレット事業、埼玉日本電気が行っているガラケーの生産は継続するとのことです。

続きを読む...NECカシオ、スマホの新規開発中止を発表"
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。