アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまNTTドコモがやるべきこと (前編)

2013年06月04日14時00分
iPhone一人勝ちの状況が続き、iPhoneを持たないドコモ一人負けの状況が続いています。

防水・防塵に対応しておらず、おサイフケータイも非対応、カメラの画素数も小さい、ワンセグも搭載していなければ赤外線通信も出来ないのに、iPhoneは2012年度国内シェアトップになりました。

2012年度の国内携帯電話端末の総出荷台数は前年度比2.2%減の4,181万台で、2012年度のスマートフォン出荷台数は前年度比23.0%増の2,972万台となり、総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は71.1%です。

メーカー別出荷台数シェアは…

1位 アップル 1,066万台(前年度比47.0%増) シェア25.5%(前年度比8.5ポイント増)
2位 富士通 601万台(21.5%減) シェア14.4%(3.5ポイント減)
3位 シャープ 585万台(18.6%減) シェア14.0%(2.8ポイント減)
4位 ソニーモバイル 408万台(7.1%増) シェア9.8%(0.9ポイント増)
5位 サムスン 300万台(22.0%増) シェア7.2%(1.4ポイント増)
6位 京セラ 298万台(19.2%減) シェア7.1%(1.5ポイント減)
7位 パナソニック 290万台(28.7%減) シェア6.9%(2.6ポイント減)
8位 NECカシオ 221万台(26.6%減) シェア5.3%(1.7ポイント減)

そしてスマートフォンのメーカー別出荷台数シェアは…

1位 アップル 1,066万台(前年比47.0%増) シェア 35.9%(5.9ポイント増)
2位 富士通 387万台(19.1%増) シェア13.0%(0.4ポイント減)
3位 ソニーモバイル 363万台(16.7%増) シェア12.2%(0.7ポイント減)
4位 シャープ 355万台(16.3%減) シェア11.9%(5.6ポイント減)
5位 サムスン 253万台(25.9%増) シェア8.5%(0.2ポイント増)
6位 NECカシオ 134万台(10.1%減) シェア4.5%(1.7ポイント減)

またOS別出荷台数シェアは…

Android 1,899万台(13.8%増) シェア63.9%(5.1ポイント減)
iOS 1,066万台(47.0%増) シェア35.9%(5.9ポイント増)

このように多くのメーカーが多数の端末をリリースしているにも関わらず、Androidはシェアを落としているのです。色と容量の違いしかなく、1年に1回しかモデルチェンジしないにも関わらずiPhoneは一人勝ちしています。

ガラケーのメーカー別出荷台数シェアは資料がありませんが、メーカー別出荷台数からスマートフォンのメーカー別出荷台数を差し引いてみれば…

シャープ 230万台
富士通 214万台
NECカシオ 87万台

という数字が浮かび上がってきます。京セラとパナソニックもスマホでヒットした端末がないので、シャープとNECカシオの間に入るぐらいのシェアなのかもしれません。

まさにアップル一人勝ちです。ドコモはこれまで、メーカー、モデルごとに大きな差を付けず、結果的にその時々によってヒットモデルが生まれ、商戦期ごとにメーカーの勝ち組、負け組が分かれることはあっても、建前としてはすべてのメーカーを公平に扱い、商品ラインアップ全体が「護送船団」を組むように配慮した販売戦略を貫いてきました。

ところがドコモが2013年夏モデルで掲げた「ツートップ」の販売戦略では、特定メーカーの特定のモデルを優遇する方針に大転換しました。今期ツートップに選ばれたのは、ソニーモバイルの「Xperia A SO-04E」とサムスンの「GALAXY S4 SC-04E」の2機種で、両モデルは新商品発表会で加藤社長自らツートップと評して大々的にPRしたほか、この2機種だけに適用される様々な特別割引が設定され、ドコモを挙げて販売を後押しています。

ドコモのツートップ


今回ツートップに選ばれたGALAXY S4 SC-04EとXperia A SO-04Eに対し、ドコモは100万台前後の調達を行う方針で、少なくともツートップのうち1機種は、100万台以上の調達になる模様です。一般的には「100万台が売れれば大ヒット」の国内市場において、すでにこれだけの規模の調達が計画されているのは破格のことであり、しかも年間を通じて最もスマホが売れる春商戦ではなく、夏商戦のモデルでこれほど大規模な調達を行うのは異例です。

別扱いは広告宣伝やマーケティング、販売の現場でも行われています。加藤薫社長が「どのスマホを買うか決めかねているユーザーにおすすめできるのがこの2機種」と話すとおり、ドコモは大量調達したこの2機種を大々的にプロモーションし、イチオシ製品としてユーザーに勧めており、販売価格も安く設定しているため、店頭でも「薦めやすく、売りやすい環境が整っている」わけです。

GALAXY S4 SC-04Eのドコモオンラインショップでの価格を見ると、本来83,160円の端末価格が、ドコモの継続利用期間が10年超で、ガラケーからの機種変更は、24ヶ月間継続使用した場合、実質負担金はわずか15,120円、MNPに至っては実質負担金0円です。

Xperia A SO-04Eも、本来78,120円の端末価格が、ドコモの継続利用期間が10年超で、ガラケーからの機種変更は、24ヶ月間継続使用した場合、実質負担金はわずか5,040円、MNPはGALAXY S4 SC-04Eと同様に実質負担金0円です。

一方で、ツートップではないAQUOS PHONE ZETA SH-06Eの販売価格を見ると、ありがとう10年スマホ割およびはじめてスマホ割の適用外で、74,760円の端末価格に対して受けられる割引は月々サポートのみで、24ヶ月間継続使用した場合の実質負担金は42,000円と非常に高額です。

つまりドコモはガラケー時代の盟友であった、富士通、シャープ、パナソニック、NECカシオを見切り、世界的にブランド力があるGARAXYを持つサムスンとXperiaを持つソニーモバイル重視に方針転換したわけです。

世界的にブランド力のある端末を推す理由は、スマホのブランド力世界一であるiPhoneに対抗する措置であることは間違いないでしょう。しかしこの動きはドコモがiPhoneを受け入れる下地にもなるという側面もあります。

アップルは、iPhoneの取り扱いキャリアに対して、「iPhoneを他社製スマホよりも優遇して販売すること」を前提条件としており、アップルのブランド力を最大化するために、あらゆる場面で特別扱いを求めて来ます。

これまでのドコモであれば、すべてのメーカーを公平に扱うことが建前だったため、この「iPhoneを優遇すること」は到底受け入れられない条件でした。しかし今回のツートップ戦略で、ドコモが推すメーカー、モデルは大々的に広告宣伝から販売価格まで特別扱いで優遇することができるようになったわけですから、近い将来ドコモがiPhoneを導入することになった時に、今回のツートップ戦略を前例にしてアップルを優遇することが可能になったわけです。

ツートップ戦略がうまくいけば、ドコモがiPhoneを導入することはないでしょう。しかしツートップ戦略でもiPhoneへの流出が止まらなければ、いよいよドコモもアップルに頭を下げることになるでしょう。

いまNTTドコモがやるべきこと (後編) に続く


アメリカ直営店から直輸入 本物のアバクロ
カジュアルからビジネスまで 背が高く見える靴専門店

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。