アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONKYO アンプ内蔵スピーカーシステム HTX-55HDX レビュー

2013年06月27日06時25分
さて東芝REGZA 37ZP3の音が薄っぺらいと言うことで、6月14日(金)にヤマダ電機LABI新宿東口館で、現金11,800円+5年間延長補償590円=12,390円で購入した、ONKYO アンプ内蔵スピーカーシステム HTX-55HDXのレビューを今日は書きたいと思います。

購入に至った詳しい経緯は「これは買いだ!! Apple TV MD199J/A レビュー」をご覧下さい。

12,390円でこれだけの音が手に入るなら、おじさん大満足です。

本機はテレビの前にセッティングする棒状の2chのフロントスピーカーと、テレビ台の横にセッティングしたアンプ内蔵のサブウーファーの2ユニットで構成されている2.1chのスピーカーシステムです。

130627-013800(2).jpg

130627-015500(2).jpg

130627-015500(3).jpg

130627-014200.jpg


後日また書きますが、実はiPad Retina 128GB Wi-Fiを受け取った4月26日(金)のタイミングで、ヤマダ電機LABI新宿東口館でフレッツ光とOCNを申し込んでいて、5月9日(木)に開通して、そのキャッシュバック55,000円を受け取りに6月13日(木)にLABI新宿東口館に出向いていたわけです。

お金を受け取った後、テレビの前に置けるフロントだけのシアターシステムっていくらぐらいするんだろうと思い、何の知識もない状態で売り場のB1Fに向かいました。

スタッフの方から説明を受けたところ、売れ筋は幅80cmのバースピーカーを採用した3.1ch対応モデルのパイオニアHTP-SB550(24,940円 ポイント1%付与)とか、ソニーの6月1日(土)に発売されたばかりの新製品でバースピーカーとサブウーファーの1.1ch対応で、NFCやBluetoothにも対応しているため、スマホやiPod touch、Walkmanのようなデバイスの楽曲を簡単にスピーカーから出力できるHT-CT660(39,800円 ポイント10%付与)あたりが売れているとのことでした。

要するに大体3~4万円ぐらいの予算が必要だということらしいのです。テレビの本体(東芝REGZA 37ZP3)が63,920円しかしなかったのに、その付属品のスピーカーに3万も出せないなぁ~と思い、ウロウロしていたところ、展示品在庫処分3台限りのHTX-55HDXが売り場の隅に置かれていました。

130612-171400.jpg

その日は価格の写真だけ撮って帰宅したのですが、価格.com最安値店でも15,800円で販売されていることを知り、翌日大してスペックも調べないまま購入しました。ただ持って帰ってくるのが大変でした。アンプ内蔵のサブウーファーがスゲー重くて・・・。かと言って宅配を頼んだら1梱包に付き1,050円取られるので、バカバカしいと思い途中何度も置いて休みながら苦労して持って帰ってきました。

アマゾンでオーダーしたHDMI1.4bケーブルが届いた翌日の6月17日(月)にセッティングをしました。最初はよくわからなくて、テレビのHDMI1入力にはApple TV MD199J/A、そしてレグザリンクダビングと書かれているHDMI2入力にREGZAブルーレイDBR-Z310を接続していたため、空いていたHDMI3入力とHTX-55HDXのHDMI出力を接続してしまいました。

当然、HTX-55HDXから音が出ないわけです。マニュアルを読んでもよくわからなかったので、ONKYOのコールセンターに電話をかけました。

話が逸れますが、ONKYOのコールセンターは050で始まるIP電話だったり、東芝のテレビのサポート窓口の電話はケータイからかける時は0570で始まるナビダイヤルで、フリーダイヤルじゃないんです。

サポート依頼する時は、まずオペレーターに繋がるまで待たされて、繋がった後もトラブルを解決するためにはそれなりに時間がかかります。今の若い世代は固定電話なんて引いておらず、iPhoneだけという人が結構いるのではないでしょうか?少なくとも私は固定回線がなくても普段は特に困ることもなく過ごしてきたわけですが、商品を買った後のアフターサポート窓口の電話くらい、ドコモみたいにどの回線からかけても繋がるフリーダイヤルにしておいて欲しいものです。

HTX-55HDXから音が出なかった原因は単純な配線ミスで、スピーカーのHDMI出力はテレビのARCと書かれているHDMI1入力に接続しなければダメで、REGZAブルーレイDBR-Z310のHDMI出力はHTX-55HDXのHDMI入力に接続するとのことでした。

212154.jpg

テレビのHDMI入力端子

130627-014000.jpg

HTX-55HDXのアンプ&サブウーファーのHDMI入出力端子

接続してから知ったことなのですが、REGZA 37ZP3はONKYOのRI機能に対応しており、テレビのリモコンでテレビの電源を入れれば、HTX-55HDXの電源も連動して作動し、音量の上げ下げもテレビのリモコンだけで行える優れものでした。

接続完了後、iPod touchに保存されているAAC楽曲データをApple TVのAirPlay機能でREGZA 37ZP3に飛ばしてみました。すると楽曲はテレビの安っぽい音ではなく、HTX-55HDXのしっかりとした音で流れてきました。

このセットがあれば、もう他にオーディオ機器は要りません。

今度は試しに新世紀エヴァンゲリオン 新劇場版 「Q」を、REGZAブルーレイDBR-Z310で再生してみたのですが、サブウーファーの威力は絶大で、非常に厚みのある重低音が映像と相成って素晴らしかったです。

130627-015500.jpg

130627-014500.jpg


本当は7.1chサラウンドにしたいのですが、部屋が狭いのと配線が鬱陶しいので今はこれで十分に満足しています。

Apple TV MD199J/Aは本当に素晴らしいです。いい買い物をしました。


iPhoneを持っている方、Bluetooth対応の下記のソニー ワイヤレススピーカーシステム BTX500 ブラック SRS-BTX500/Bのような製品も確かに人気があります。


しかしiPodやiPhoneで再生できる圧縮されたデジタル音源を聴くためだけに、22,905円もするコンパクトスピーカーを買うぐらいなら、私のようにApple TV MD199J/Aと安いシアターシステムを買った方が、全然楽しめると思います。


ただこれらの低価格モデルは必ずしもHDMI接続できるわけではありません。基本的には光ケーブル接続の製品が多いです。ウチのONKYOも光接続出来ますし、そうした方が音質は若干良くなるらしいのですが、配線がHDMI接続の方が圧倒的に楽なためそうしています。ちなみに最近流行っているNFCやBluetooth接続出来る機種は5万円前後します、iPhoneとの組み合わせで使うのであればiPhone自体が現在はNFC対応ではありませんし、AppleTVを持っているのであれば殆どのアプリではAirPlayに対応していますので、スピーカーとわざわざBluetooth接続する必然性がありませんし、操作そのものが面倒です。

ご参考になれば幸いです。


iPhone5,iPad mini,各種スマートフォンなど携帯アクセサリー通販専門店
国内最大級のスマホ・携帯アクセサリショップ

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。