アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザーがドコモを見限る日(前編)

2013年07月09日00時41分
NTTドコモの迷走が勢いを増しています。

携帯大手キャリア3社が7月5日(金)に発表した6月の契約数では、ドコモが5ヶ月ぶりの純減となる一方で、MNPはau(KDDI)が21ヶ月連続で首位を維持し、純増数ではソフトバンクモバイルが18ヶ月連続で首位でした。

ドコモの6月の純減数は5,900件で、MNP転出超過は2009年2月から53ヶ月連続の146,900件でした。au(KDDI)は232,200件の純増で、MNPは85,300件の転入超過、ソフトバンクモバイルの純増数は248,100件でMNPは59,900件の転入超過でした。

au(KDDI)とソフトバンクモバイルのMNP転入超過数を合計すると145,200件となり、ドコモの転出超過数の146,900件とほぼ重なりますし、7月4日(木)に書いた「2013年6月 ケータイ売れ筋ランキング」を見てもわかるように、au(KDDI)とソフトバンクモバイルで売れているのは殆どがiPhone5であることを考えれば、ドコモのMNP転出分はほぼ全てがiPhone5への乗り換えであることが容易に推測できます。

ドコモは「ツートップ」戦略としてソニーのXperia A SO-04EとサムスンのGALAXY S4 SO-04Eの2機種を非常に割安な価格で販売しましたが、他社への顧客流出は5月に比べて減りはしたものの、他社からの流入を促すまでには及びませんでした。6月末でXperia A SO-04Eが83万台、GALAXY S4 SO-04Eは40万台売れましたが、殆どがドコモ内での機種変更だった模様で、6月第4週(2013年6月24日~6月30日)の機種別販売台数で、Xperia A SO-04Eは首位の座から転落し2位になり、代わってau iPhone5 16GBがトップになっています。

私もiPhone派ですのでよくわかるのですが、iPhoneを使いたいユーザーには他のどんな端末をぶつけても無駄です。ドコモがiPhoneを販売するか、iPhoneを使いたいと思っているドコモの潜在ユーザーがゼロになるまでドコモからのMNP転出超過は絶対に止まらないでしょう。

このような状態になってもドコモはiPhoneを販売する腹を括れないようです。アップルはiPhoneを特別扱いして販売することを求めてくるからダメだというのは最早理由にならないでしょう。それは今回ツートップ戦略を掲げ、ソニーとサムスンを特別扱いし、他の国内メーカーに壊滅的な打撃を与えたからです。これがソニーと富士通だったなら、海外メーカーは別と言うことでまだ言い訳できますが、ハイスペック端末としてドコモがツートップの一つにしたのは、富士通のARROWS NX F-06Eではなく、よりによってサムスンのGALAXY S4 SO-04Eだったことは、国内メーカーに衝撃を与えたに違いありません。

au(KDDI)とソフトバンクモバイルは、その販売する端末の大多数がiPhoneになって久しく経ちますが、それによって経営が悪化したというニュースは全く聞きません。むしろiPhoneでドコモから顧客を奪って業績は伸びています。

アップルに対してはドコモが望むような端末を作って貰うようなコントロールが効かないからという理由もイマイチ釈然としません。現にソフトバンクモバイルは、アップルにワンセグチューナーを作らせたり、絵文字を導入させた実績があるからです。

最も信憑性のある噂で、ドコモがどうしてもアップルに譲れない一線があるとすれば、アップルがドコモが持つ多数のケータイに関連する特許の提供を求めているという噂でしょう。

ドコモは世界中のキャリアで唯一通信規格まで自社で開発している、ケータイに関連する技術で世界のトップグループに属する企業です。第3世代のW-CDMAも第3.9世代のLTEも共にドコモが開発した技術です。ドコモは真の4GであるLTE-Advancedを2016年にサービスインする予定ですが、LTEが世界標準と成り世界中で同じ端末が使えるはずだった目論見が、中国の独自技術であるTD-LTEが実用化され絵に描いた餅に終わった経緯があります。

中国は母数が大きいため、TD-LTEは後発でも中国国内での見込み導入数の多さと、基地局や端末を開発・販売しているHUAWEIはその設備導入コストに於いて、エリクソンやノキアと比べて圧倒的に安く価格競争力があるため、ソフトバンクモバイルを始めとして、後発規格でありながらもTD-LTEを採用するキャリアは増える一方です。

LTE-Advancedを中国独自規格に邪魔される前に普及させるためには、ドコモはむしろアップルに手の内を全て明かし、協業した方がドコモが望むようなサービスを世界中に普及させることが出来るのではないでしょうか?ドコモだけではiMode普及失敗の二の舞になるだけでしょう。

ソニーのXperiaは海外でもブランド認知度も高いため、この先もサムスン、アップルに次ぐ3番手グループの1社として生き残っていけるでしょう。

2013年冬モデルはソニーとサムスンから選ぶとは限らないとか、2機種になるか3機種になるかわからないとか、バッテリーが3日持つ端末の製造をメーカーに要請しているとか、ドコモから聞こえてくる声は身勝手極まりない話ばかりです。そんな当てに出来ないキャリア向けに端末を開発して、選んで貰えたら200万台、ダメなら2万台・・・そんな博打のような商売に付き合っていけるほど、国内のケータイ端末製造メーカーに余裕はありません。

パナソニックが今回のツートップ戦略を見てスマホ事業に見切りを付けたように、富士通、シャープ、NECカシオも遅かれ早かれ見切りを付ける時が来るでしょう。

そうなった時、ソニーとサムスンとHUAWEIしかないドコモは、今度はユーザーから見限られることになるでしょう。


エッセンシャルオイル
パワーストーン

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

DERISHURAM~デリシュラム~ 普段の食事では簡単に採れない成分をギュギュッと濃縮!【ビューティーステーション】【Beauty Station】DERISHURAM~デリシュラム~ 普...
3,129円
何度もダイエットに挫折してきた人の為の最終手法!【8,000円以上お買い上げで送

Ads by 電脳卸
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。