アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザーがドコモを見限る日(後編)

2013年07月10日01時54分
昨日書いた「ユーザーがドコモを見限る日(前編)」ではスマホのユーザーニーズを無視するドコモの姿勢を書きました。後編ではもう一つの一大勢力であるガラケーユーザーのニーズを無視するドコモの姿勢について書きたいと思います。

MMD研究所は7月8日(月)に、ガラケーユーザーの端末利用実態に関する調査結果を発表しました。調査は6月に15~69歳以上の男女992人に対して実施されたものです。調査の結果を見るとガラケー利用者の6割以上が「スマートフォンの必要性がない」と考えており、購入にも消極的であるという、わかりきった実態が改めて明らかになった格好です。

スマホの購入意向について質問したところ、「特に決めていない」(46.1%)と「購入する予定はない」(33.4%)が上位を占め、合わせて79.4%が積極的ではありませんでした。購入を検討しない理由としては「必要性がない」(63.0%)が最も多く、「月額料金が高い」(58.1%)、「端末代金が高い」(38.3%)が続きました。

具体的に、現在使っている端末で利用している機能を聞くと「通話」(94.3%)と「メール」(90.1%)がそれぞれ9割を超えたものの、「カメラ」(50.5%)や「インターネット」(22.4%)は比較的低い数値に留まりました。

現在利用しているガラケーの購入時期として最も多かったのは「2009年12月以前」(21.2%)で、2010年以前の購入者だけで5割を超え、多くのユーザーが3年以上前に購入した端末を使い続けていることがわかりました。

また昨日7月9日(火)にアップされたBCNランキングの「2013年6月の携帯電話ランキング、ドコモ ツートップ+「iPhone 5」でシェア5割」という記事でもタイトルとは正反対の、どのメディアも報じない現状が浮き彫りになっています。

その話はとりあえず置いといて、まずこの記事で明らかになったiPhoneのシェアの話をしましょう。2013年6月 携帯電話販売台数ランキングトップ10の中には、auとソフトバンクモバイルの16GBと32GBモデルの4機種のiPhone5が含まれており、4機種合計のiPhone5の販売台数シェアは27.3%となり、1位のXperia A SO-04Eの販売台数シェア16.3%をダブルスコアに届くぐらいの大差を付けて大きく上回っています。

これが現実なのです。Xperia A SO-04Eが爆発的に売れていると言っても、iPhone5には遠く及ばないのです。

またこのランキングでは新モデルが出ていないにも関わらず、ガラケー(非スマホ)の販売台数シェアが世間が思っている以上に大きいことも明らかになっています。2013年6月 携帯電話販売台数ランキングトップ10の中だけで見ると・・・

2013年6月携帯電話端末販売台数ランキング

2013年全キャリア


7位 SBM みまもりケータイ2 101Z 3.1%
10位 ドコモ P-01E 2.2%

の2機種しかランクインしていませんが、キャリア別販売台数ランキングを見ると、様相が一変します。

2013年6月ドコモ端末販売台数ランキング

2013年ドコモ


ドコモではP-01E、キッズケータイ HW-01D、SH-03E、らくらくホンベーシック3 F-08Cの4機種がランクインしており、4機種の合計シェアは12%になります。BCNランキングは量販店での販売台数を集計した指標ですので、量販店ルートでは殆ど販売されていないにも関わらず、ドコモオンラインショップの売れ筋ランキングで常にトップ10に入っているN-01EやF-01Eもカウントすると、ガラケーのシェアは20%近いと思われます。

2013年6月au端末販売台数ランキング

2013年au


2013年6月ソフトバンクモバイル端末販売台数ランキング

2013年SBM


auではPT003、K011、K012の3機種がランクインしており、合計シェアは10.6%です。更にスゴいのがソフトバンクモバイルで、みまもりケータイ2 101Z、PANTONE WATERPROOF 202SH、かんたん携帯 108SHの3機種がランクインしており、合計シェアは実に19.7%にも上ります。iPhone5のシェアが59.7%ですから、Androidスマホのシェアはたったの20.6%です。

ソフトバンクモバイルはドコモと違って、ガラケーの新機種も発売していますし、ドコモよりもガラケーの選択肢が多く、iPhoneも含めユーザーニーズを汲んだ端末ラインナップを揃えています。ソフトバンクモバイルが好調な要因は案外そういう所にあるのかもしれません。

ドコモは2016年に本当の4GであるLTE-Advancedサービスを開始する予定ですが、そのタイミングでFOMAサービスを終了する可能性が高いと思われます。FOMAがサービスを終了すれば自動的にガラケーも使えなくなります。Xiでガラケーライクな端末を作ることは可能でしょうが、二重投資になるためiModeは確実にサービス終了を迎えるでしょう。

ソフトバンクモバイルと、その子会社であるウィルコムの経営陣は鈍いようなので、まだ気付いていませんが、「通話」と「メール」の利用がメインのシニア層のガラケーユーザー向けにらくらくホンのような端末を作れば、3Gサービスが終了する時、ドコモの膨大ならくらくホンユーザーを筆頭に、根こそぎシニアガラケーユーザーをウィルコムに取り込むことが出来るはずなのです。

シニアガラケーユーザーだけではありません。今のウィルコムにはありませんが、私のようなハイスペックガラケー支持派ユーザーが納得するようなスペックの端末をリリースしてくれるのであれば、3Gサービスが終焉を迎えた時、私はウィルコムに乗り換えることを積極的に検討するでしょう。

具体的には下記のスペックを満たしている端末です。

・3.4インチフルワイドVGA 1677万色 液晶メインディスプレイ
・1200万画素以上のメインカメラ
・おサイフケータイ
・防水・防塵対応
・遠隔ロック対応
・折りたたみ式
・8xパケット方式対応

WX340Kを発展させれば作れるレベルの端末だと思います。PHSでメールに添付して送受信する写真は容量が小さい=PHS端末のメインカメラの画素数は総じて少ないという図式なのだろうと思うのですが、メールでやり取りする時はリサイズした容量の小さい写真ですが、パソコンに取り込むための写真はやはりファイル容量の大きな高画質なものが欲しいところです。

ウィルコムさんに期待したいところです。


卸問屋直送ワケアリ流通
さぬきうどん

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

プラチナム アフターシェイビングローションZERO(ゼロ)3本購入で1本プレゼント【アットキレイビューティースタイルstmx店】プラチナム アフターシェイビングローショ...
5,040円
ヒゲ・ニキビ・・・男の肌の悩みに。誕生!男の為の抑毛ローション♪

Ads by 電脳卸
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。