アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の遺恨は捨てアップルとドコモは協業すべきだ

2013年09月15日09時03分
折角の三連休なのに台風接近中で雨模様の休日、皆様いかがお過ごしでしょうか?おはようございます。どろんじょでございます。

最近はパソコンを立ち上げる機会もめっきり減ってしまい、それに伴い書きたいネタは腐るほどあるにも関わらず、ブログの更新も滞り、暇さえあればiPadでツイッター、はたまたiPod touchでポコパン!をやっているという情けない日々を私は送っています。

昨日の午前9時53分に何の気なしに呟いた

「今のケータイの販売手法って、客にまず大きな借金をさせておいて、その借金の返済を毎月少しずつ免除していくっていうやり方だと思うんだけど、ケータイを買う時は10万近い借金をしてるんだと思わないユーザーの意識改革も必要なんじゃないかな?総務省がキチンと指導すべきだと思う。」

というツイートが過去に経験したことがないほど鬼のようにリツイートされまくり、朝から深夜までiPadとiPod touchのツイッターアプリがリツイートされたことを知らせる「ピロリロリン」という音を発し続け、少しツイッターが怖くなりました。(汗)

ブログで書きたいようなネタは、ほぼツイッターで呟いていますので、ブログ記事はその焼き直しになっていることをお許し下さい。てか、私のブログなんて固定読者の方、殆どいないでしょうから、どうでもいいんですけど・・・。

今日は本題の前に一つ謝らなければならないことがあります。

ここ数ヶ月、私は都心部でのドコモのXiの実効速度ががFOMAを下回る1Mbps以下であると言うことを散々書いてきました。結論から申し上げますと、私のBF-01Dがどうやらぶっ壊れていたらしいことが昨夜判明しました。

実効速度が遅くなっても、全く通信出来ないわけではなく0.5Mbpsとかの超低速でリンクは確立されていたり、場所によっては5.0Mbpsぐらいのスピードが出ていましたので、私もまさかBF-01Dがぶっ壊れているかもしれないなんて、夢にも思いませんでした。

昨日ドコモショップ高田馬場店へ出向き、BF-01Dを2時間もかけて色々テストした結果、外観やシステムログ、設定項目からは壊れているのかどうかの判断が出来ないと言われ、とりあえずメーカーに送って点検&異常があれば修理対応ということになり、代替機としてL-09Cを受け取り早速自宅で速度を計測したところ、今までBF-01DではDL0.5Mbpsだった実効速度が劇的に改善され、DL7.12Mbps UL5.23Mbpsも出たのです。これでもうBF-01Dは故障決定です。

私の今までの日々は一体何だったのでしょうか?151に電話をかけてもいつもSIMカードを抜き差ししてみろとか、バッテリーを脱着してみろとか、混雑している場所も確かにあるから仕方がないと言われてみたり、ドコモショップへ本体を持って行けというアドバイスを受けたのはほんの2~3日前のことです。最初に151に問い合わせたのは去年の12月ですから、ぶっ壊れた状態で9ヶ月も使っていたことになります。この怒りは一体どこにぶつければいいのでしょうか?

で、ここからが今日の本題です。

一昨日、ドコモショップを訪れた時は受付担当の方と3分ほど話をして20分待ちだと言われ退散したのですが、その3分の間に3人もの客がiPhone5cを予約したいと言っていたのです。

昨日、2時間接客してもらっている間も、引っ切り無しに隣のカウンターにはiPhone5c予約申込者が押し寄せて来てて、みんな本当にドコモからiPhoneが出る日を待ちわびていたんだなぁと思ったわけです。これでドコモの出血も止まるでしょう。もっと早く決断すれば良かったのにと思うのは私だけではないでしょう。

日本経済新聞電子版は12日(木)に「ドコモ秋商戦 iPhone ワントップに」という記事を掲載していたほどです。実際秋冬商戦はiPhoneワントップ状態になるのはこの2日間の予約の入り方をみれば明らかです。

ドコモの中期経営計画ではiPhoneの導入は全く考慮されておらず、Androidスマホにドコモクラウドを用いた独自サービスを開発し、ネットワークに付加価値を付けると共に、Androidスマホユーザー向けに通販や金融サービスを提供し収益を伸ばすことになっていました。

しかし最早その計画は頓挫したも同然です。

iPhoneワントップ状態になっているのであれば、いっその事ドコモは経営戦略を抜本的に見直して、iPhone重点販売に舵を切って、世界で一番iPhoneを販売出来るキャリアを目指せばいいのではないでしょうか?そうすればアップルも端末開発やiOSの仕様もドコモの意向を重視するようになるでしょうから、例えばおサイフケータイ機能の実装や防水防塵対応も早期に実現される可能性が高くなるのではないでしょうか?

更に言ってしまえば、当初日本でのiPhone独占販売権はドコモが握るはずだった時の交渉が詰めに入った時、アップルから「NTTの研究所が持つ特許をすべて使わせてほしい」という条件を出され、結局ドコモはその条件を呑めなかった過去を清算して、アップルに特許を全て開示し次世代スマホを共同開発し、提供サービス分野においても全面協力してアップルと共にiOS陣営のパートナーになればいいと思うのは私だけでしょうか?

アップルはサムスンや中国メーカーにシェアを奪われ端末開発力が落ち始めています。

一方通信規格競争ではドコモが劣勢になりつつあります。現在一般的にLTEと呼ばれているFDD-LTEはドコモが中心となって開発した技術です。Xiやau 4G LTE、SoftBank 4G LTEはこのFDD-LTE方式です。これは下りと上りの周波数を別々に分けてデーターを送る方法を採用しており、これにより同時にデータの送受信を行えるようにしています。従来のW-CDMAやCDMA2000もFDD方式を採用しています。

これに対して下りと上りの周波数帯を同じにして、一つの周波数でデータの送受信を行う方式をTDD方式と言い、これを採用したLTEのことをTD-LTEと言います。これは一つの周波数を時間軸で細かく分けて、下りと上りを交互に切り替え、同時送受信を実現しています。

従来は上りと下りを柔軟に分けることが難しく、上りと下りの境目が原因で通信速度が低下する問題があったのですが、チャイナモバイルが必死になって開発した結果、通信速度の低下をほとんど解決してしまったのです。

このTD-LTEには大きなメリットが2つあります。1つは電波の周波数帯が限られている場合でも、速度が出せることです。FDD-LTE方式は上りと下りのため2つ以上の周波数を必要としていましたが、TD-LTE方式では一つの周波数で同時通信ができるわけです。2つめのメリットはコストです。TD-LTE方式は中国の独自技術ですのでインフラを支えるのもHUAWEIやZTEを中心とした中国企業ですから安いわけです。そのため国土が広く、使える周波数帯が限られる中国やロシア、インドといった人口の多い新興国がTD-LTE方式を採用しました。中国とロシア、インドだけで人口は30億人です。

日本でもSoftBank 4GとしてTD-LTE方式が既に商用サービスを始めています。SoftBank 4Gは厳密にはウィルコムの2.5GHz帯のPHS技術をベースにしたAXGPという規格ですが、AXGPとTD-LTEは100%互換性を持っているため、実質的にはTD-LTEなのです。

日本で発売されるiPhone5sとiPhone5cは3キャリア全てが、それぞれA1453とA1456というモデルでSIMロックがかかっていますが、アップルはチャイナモバイル向けにTD-LTE方式をサポートしているiPhone5s(A1518)とiPhone5c(A1516)も開発済みで発売を待っている状態です。

KDDI系列のUQ WiMAXが導入しようとしているWiMAX2+も実はTD-LTEと互換性があり、国内ではドコモだけがTD-LTEを全く採用しておらず、世界のデファクトスタンダードがこのまま安いコストと市場の大きさという論理でTD-LTEになってしまえば、ドコモは再びガラパゴスの悪夢に突き落とされることになってしまいます。

FDD-LTEとその発展系である真の4GであるLTE Advancedを普及させるためにも、ドコモはアップルと手を組むのが得策なのではないでしょうか?中国のスマホメーカーは恐らくLTE-A対応の端末は発売しないでしょう。サムスンは既にGALAXY S4 LTE-Aというモデルを韓国で発売しており、今後ともLTE-A対応の端末開発を続けるでしょう。

ツートップ戦略失敗でサムスンを切ったドコモがLTE-A対応端末を共同開発するパートナーは最早アップルしかないはずです。そのためにはNTT時代からの特許を全てアップルに開示して、切っても切れないパートナーになるべきです。

その見返りとして、アップルの持つ極めて優れたiTunesという全世界規模で展開されているデジタルコンテンツの配信インフラを使わせて貰い、世界的にも競争力があると思われる、dアニメストアのようなコンテンツを、iTunes経由で世界規模で提供できるようにすれば、ドコモはただの回線屋から脱却して、世界をターゲットにしたコンテンツビジネスを展開できる可能性も開けてくるでしょう。

iTunesのコンテンツ強化は、Android陣営との決定的な差別化にも繋がる話ですから、アップルにとってもメリットが大きいでしょう。コンテンツ配信はiTunesに任せて、コンテンツ開発&製作にドコモは注力すればいいのです。国内のドコモユーザー向けのおかしな通販事業なんかよりよっぽどその方が将来性があると思いませんか?

交渉をまとめるのはむずかしいかもしれませんが、dマンガストアみたいなコンテンツもビジネスとして面白いと思います。日本のマンガを各国向けに翻訳してiTunesを通して世界中に配信し、ドコモがその胴元になれれば手数料収入だけでも相当稼げるでしょう。

Androidと違いiOSデバイスは液晶の対角比が全て同じで統一されていますので、アニメやマンガのようなコンテンツを対応端末向けに何種類も用意する必要がないのもコンテンツ制作において有利に働くでしょう。

とにかくドコモは発想を転換して、iTunesと競合するコンテンツ配信サービスを運営するのではなく、iTunesをコンテンツ配信ビジネスのインフラとして利用してやればいいと思います。iTunesは決済システムも完璧に構築されていますから、ドコモが自前でシステム構築するより、絶対に効率がいいはずです。

10年後、果たしてドコモはどんな姿になっているのでしょうか?


SoftBank公式 iPhone/iPad/スマートフォンアクセサリー
国内最大級のスマホ・携帯アクセサリショップ

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

送料無料!ノーオイルフライヤー(NO OIL FRYER) RJ874WH ノンフライヤー、エアーフライヤー、アメトーク、家電芸人【快適生活】送料無料!ノーオイルフライヤー(NO O...
15,800円
油なしでおいしい揚げ物が作れる!新感覚の調理家電

Ads by 電脳卸
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。