アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモはウソばかり 契約すると後悔する!!

2013年10月12日00時05分
Strong.ドコモの今のCMのキャッチコピーです。一昨日の冬モデル発表会でもドコモの加藤社長は強いネットワークを強調していましたが、現時点ではそれは大嘘でありユーザーを騙していると言わざるを得ません。

今のドコモはmovaやFOMAの頃のドコモとは全く別の企業のようになってしまいました。Xiユーザー数が増えるにつれ、Xiが遅い&繋がらないという状態が発生し、それでもドコモは利益確保に走り十分な設備投資を行って来ませんでした。

私が把握している事実だけでも、昨年夏頃7Mbpsぐらいのスピードが出ていたBF-01Dが、Xiユーザー数の増加に伴い西新宿や中野坂上、新宿三丁目等混雑していて繋がらないエリアが出てきているのです。以前は繋がっていたものが繋がらなくなって金だけは取られるなんてハッキリ言って詐欺です。そもそも75Mbpsとか100Mbpsという理論値を宣伝に使うのも詐欺だと思います。速くなるからと言われFOMAからXiに切り替えたら1年もしないうちにFOMAより遅くなってしまい、かといって解約したら違約金と本来受けられるべき月々サポート、そして新品で調達した端末が無駄になってしまいます。

使えないサービスを売りつけておいて、2年間拘束なんて詐欺ですよ、詐欺!!それが今のドコモの実態なのです。サポート窓口に電話をかけて2人目に出て来た上司のエリア担当の森下とか言うヤツは、こちらからピンポイントで繋がらないエリアを指摘して、いつになったら改善するのか回答しろと言っても、それは何とも言えないとか、ベストエフォートだから仕方がないと逃げる一方で、ユーザーが現に切実に困っているにも関わらず、自分達が悪いとはこれっぽっちも思っていないから始末が悪い。

私が使っているBF-01Dは2.1GHz帯にしか対応していないそうで、速度改善が見込めるのは今後東阪名で1.7GHz帯の基地局が増え、iPhoneと冬モデルしか対応していない1.7GHz帯にユーザーのトラフィックが分散し、間接的に2.1GHz帯のトラフィックが減るのを待つしか抜本的な速度の改善は見込めないという、私には到底受け入れられない回答で一方的に電話を切られました。

ベストエフォート。非常に便利な言葉です。ベストエフォートだから繋がらなくても仕方がない。それはドコモの責任ではないとドコモは逃げたのです。その一方でそんな繋がらないかもしれない回線の理論値がやれ75Mbpsだ、100Mbpsだ、150Mbpsだと宣伝して、端末価格をつり上げ一括購入出来ない仕組みを作り上げ2年間拘束で契約させたら、後はベストエフォートだから繋がらないこともあるとのたまう。ドコモは一般ユーザーを馬鹿にしているにも程があります。

ひどいのはネットワークだけではありません。ドコモショップに行けば、待ち時間1~2時間はザラの状態。大学病院じゃないんだからもっとチャキチャキやれよと言ってやりたいです。そんなに混んでいるのであればスタッフを増員するとか店舗を拡張するとか、ショップを増やすとか抜本的な改善策を行うべきなのに、ドコモは何一つ手を付けていません。

iPhone5sとiPhone5cが大手3キャリアの併売になったことで、図らずとも同一条件でのLTEネットワークの速度調査が行える環境が整い、複数の機関が実際に回線速度の調査を実施しました。例えばらばQが9月20日に渋谷12時50分発 iPhone5c で山手線一周の各駅と駅間での大手3キャリアのLTEの下り速度を計測した結果が下記です。(単位はMbps)

山手線3
山手線2

秋葉原~東京間ではドコモは4G接続出来なくなったという、何とも酷い結果が出ています。この他にも日本全国乗降客数Top1000駅でのiPhone5c下り平均速度1位の駅数も、ソフトバンクモバイルが837駅、auが98駅、ドコモが65駅。下り平均速度がソフトバンクモバイルが12.7Mbps、auが7.0Mbps、ドコモが6.0Mbpsという調査結果も公になっています。

これはもう当然の結果です。KDDIの資料とドコモの発表を勘案すると、ドコモのXiユーザー数は1500万超であるにも関わらず、基地局は2.1GHz 3.3万、1.5GHz 0.2万、800MHz 0.2万。auの4G LTEのユーザー数は不明ですが1000万には届かないはずです。その一方で基地局は2.1GHz 2.6万、1.5GHz 0.6万、800MHz 3.4万!!ユーザー数はドコモより少ないにも関わらず基地局は倍近くあります。ソフトバンクモバイルの4G LTEのユーザー数も不明ですが、1000万には届かないでしょう。一方の基地局数は2.1GHz 3万、プラス、イー・モバイルの1.7GHzが0.9万あります。やはりユーザー数はドコモより少ないのに基地局数はドコモより多いという現実があります。

iPhoneを始め、Xperia Z1、GALAXY Note3のように複数のキャリアから同一モデルがほぼ同時期に発売されるのも今年の冬モデルの特徴です。

131014-152457.jpg

131014-152440.jpg

ドコモの2013年冬モデルのフラッグシップ端末でありauとの併売である、Xperia Z1 SO-01Fの価格は92,190円、また同じく併売であるGALAXY Note3 SC-01Fの価格も95,550円というとんでもない価格が付けられています。一方のauのXpreia Z1 SOL23の価格は70,560円、GALAXY Note3 SCL22の価格は75,600円です。それぞれドコモの方が約20,000円高い価格設定です。ドコモの値付けはもう何が何でも2年間拘束させるべく、一括では手が出せないような価格になっているわけです。GALAXY Note3 SC-01Fと同じようなスペックのAndroidタブレットNexus 7 Wi-Fi+LTE通信対応モデル 32GB ME571-LTE [2013]の実売価格も40,000円ほどですから如何に常軌を逸した値付けであるかがおわかりかと思います。

このように10万円近い価格で販売している端末が、半年も経てば機種変更および新規はそのままの価格ですが、MNPであれば一括0円プラス、キャッシュバック30,000円とかで投げ売りされるのですから、ドコモを長期で使い続けている顧客が如何にないがしろにされているかがわかろうかというものです。

同じモデルであるにも関わらず現金一括価格がauよりドコモの方が数万円以上高いというのは、自社のネットワークに自信がないことの裏返しに他なりません。ドコモのカタログには通信エリアNo.1、アフターサービス満足度No.1と書かれ、更にStrong.エリア化率、ダウンロード速度ともNo.1のドコモLTEと謳っていますが、これが嘘八百であることが明確になったわけです。

自社のネットワークに自信がないから24ヶ月の割賦で端末を売り付け、ネットワークが貧弱で使い物にならなくてもユーザーが他社に逃げられないように拘束しようとしているのです。数年前にソフトバンクモバイルがやっていたことと全く同じ事をいまドコモが行っているのです。

ドコモのiPhoneは10月1日までキャリアメール(spモードメール)が使えなかったり、絵文字が文字化けして読めない現象も発生し、更にはspモードメールのプッシュ配信が始まるのは来年の1月だというのですから、本気でiPhoneを売る気があるのか甚だ疑問です。

混雑著しい東阪名エリアでドコモは下り最大150Mbpsのサービスをこれまで使っていなかった1.7GHz帯の電波を利用して今年の12月には山手線全駅がそのエリアに入ると、一昨日社長は公言しましたがこれも本当かどうかわかりません。なんせベストエフォートですし、どうせその1.7GHz帯に対応してるのは冬モデルとiPhoneだけでしょうから、割賦が終わってない人は蚊帳の外です。

これまでドコモシンパだった私ですが、とことん愛想が尽きました。それでもまだあなたはこんな糞キャリアでスマホを買いますか?悪いことは言いません。ドコモのXiだけは止めとけ!!


メンズ・レディース カジュアルファッションアイテム
ワインセラー専門店 セラー専科

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。