アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車を賢く買う方法 実践編 その1

2008年03月13日18時21分
まず新車の値引き額というのは地域間格差があります。都内で30万円の値引が提示されているからといって、その見積書を地方のディーラーに持っていけばそのまま同じ金額を値引いてくれるものではないことを念頭に置いて読み進めて下さい。

とりあえず最初に、私のこれまでの戦歴を披露しておきます。ただ既にクルマを手放して3年が経ち、若干事情が変わってきている可能性もありますので、その点は適宜対処して下さい

1987年5月下旬商談 6月1日納車

それまでFRだったカローラレビンの後継車種で、レビンとしては初代FFモデルAE92カローラレビンGT-APEX。これが1台目のクルマです。この時は、親が商談をして軽くあしらわれたようなカンジでした。

またフルモデルチェンジ直後の新型モデルだったこともあり、値引のガードが固く、なおかつ当時の若者向け1500~1600ccのスポーツモデルの中では、その直後にフルモデルチェンジしたホンダのインテグラと人気を二分するほどの人気車種だったため総支払額が230万ぐらいで値引きはたったの15万程度だったと記憶しています。

父も性格的に値切るというのが自分の性分に合わないらしく、言い値で買ったような状態で、交渉とはとても言えない即決商談成立状態でした。


1990年5月中旬商談 5月下旬納車

AE92レビンの初回車検時の代替えでした。見積書が手元に残っていないので記憶があやふやな部分もあるのですが、このクルマからは私が一人で商談しました。

クルマは初代アコードインスパイアの最上級グレードのAX-iでした。1台目のレビンは、都度修理に出してはいたものの、それこそもうこすりまくりのぶつけまくりで、ある冬場の路面凍結した朝、タイヤがロックしてスリップし、ハンドルが制御不能状態に陥り、一歩間違えば通行人を数人跳ね飛ばしていてもおかしくなかったような事故まで起こしたことがあり、更に走行距離もたったの3年で80,000kmぐらい乗っていましたので、中古車市場で人気がある車種とはいえ、クルマの程度があまりにもひどく、どこのディーラーに行ってもその査定額は40~50万ぐらいでした。

そんなとき、当時インスパイアを扱っていたホンダクリオ店に、その年の春に大学を卒業し、本田技研工業(本体)に就職した私が所属していた競技スキー部の先輩が、新入社員研修の一環で地元の店舗でディーラー研修をやっていることを偶然知りました。

値引いて貰うつもりで行ったわけではなく、単純に挨拶に伺ったつもりだったのですが、国公立とはいえ、体育会でもあり冬場に何ヶ月も山に籠もって寝食を共にしている部員同士の結束はたぶん普通の同好会レベルとは比べものにならないほど固いものがあって、先輩も所長にお願いしてくれたのかもしれません。
     
値引きは20万と、まぁ普通だったのですが、他社で40~50万と言われた下取りを90万円で引き取ってくれるという所長決裁を1発で出してくれたのです。実質プラス50万円大幅値引きの大盤振る舞いで、普通であればあり得ない数字です。

ディーラー研修している本社の新人は、ディーラーにとって見れば大事なお客様のような存在で、売れないからといって、普通の部下のように怒鳴りつけるわけにもいかず、かといって1台も売れない(プロじゃないんだから売れなくて当然なんですが)モチベーションの下がっている大事な研修生のことを思って1台でも売らせてモチベーションを上げさせるために出してくれた大盤振る舞いだったのは想像に難くありません。

クルマの支払総額は310万ぐらいで値引き+下取り費用が差し引かれ、実質支払額はおおよそ200万円程度でした。

この件についての教訓です。地縁血縁、友人関係使えるものは使いましょう。例えばメーカーが自分の勤務する企業の取引先であった場合、特別価格を提示してくれることが結構あります。このような斡旋販売は業界下位メーカー(マツダ、三菱)がよくやっています。トヨタやホンダはあまり見たことがありません。

数年前に三菱自動車がいろいろあって倒産寸前まで追い込まれた時には、やはり部活の同期で三菱自動車に就職したヤツから来た年賀状には、会社が印刷して社員にばらまいたのでしょう、子パジェロかなんかの写真と共に「三菱車をよろしくお願いいたします。」というような文言と、ディーラー紹介、特別便宜を図るといった文言が印刷されていました。

このように「使える縁は使う作戦」は、バリバリにクルマを売っている優秀な営業マンや、中堅どころの営業マンと縁が繋がった場合は、残念ながらあまり効果が期待できない点が皮肉と言えば皮肉です。

思いっきり決裁権限を持っている所長クラスの人物か、もしくは入社1年目のような、全然ノルマが達成できていないダメ営業の方が効果があるのです。

ダメ営業に当たってしまった場合は、商談や納車の段取り等で面倒くさいと思う場面が多々ある反面、あまりにも売れないために、決裁権限を持った上司が特別決済を出して大幅値引が獲得できる可能性があるのです。

ちなみにディーラーに最近増えている、女性の営業スタッフと商談を始めるのは絶対に御法度です。女性スタッフは往々にして仕事熱心でマジメなため、型にハマったマニュアル通りの対応しか期待できません。ですから事前に決まっている数字しか提示してきませんし、自ら所長に直談判してまで値引を拡大させて取りに行こうとまではしません。

ディーラーに出向いて、女性スタッフが近付いてきたら適当にお茶を濁して、商談すべき男性スタッフを横目で物色するか、営業マンがみんな出払っているような場合は再度アシを運ぶのがいいでしょう。

またディーラーに出向く時間帯も大切です。土日、特に3月の週末はクルマの買い時であることをみんな知っていますので、ショールームも混んでいてなかなかゆっくり話も出来ませんので避けた方が無難です。

どうしても週末に行くのであれば、客がまだあまり入っていない朝イチか、客が引けた閉店直前がベストです。

そこでただカタログを貰ってくるだけではなく、実際に年度内である3月中の納車(これが肝です)が前提で、候補車もいくつか実際に見ていること、既に商談を始めているところもあり、試乗もしたというような具体的な話を、たとえ一切行っていなくても、さもしたかのように言い放ち、その場で付いてくれた担当営業候補に「この見込み客はホットだ!!」と思わせ、彼に自分のことを強く印象づけることが大切です。

「とりあえずお見積もりを」と誘われたら嫌がらずに作成して貰いましょう。そのためにも予め第一候補車種と競合車種のグレードやスペックはある程度事前に勉強しておきましょう。理想的なのは、メーカーオプション、ディーラーオプションも含めて、向こうから提案されるのではなく、ガラスサンルーフとスポーツパッケージはいるけど、フロアマットは要らないと言うようにこちらからオプション装備を具体的に指示できるのがベストです。

そこまでできれば、相手も「この客は冷やかしじゃなくて本当に買う気があるな」と思い、ホットリストとしてあなたの顔も覚えてくれることでしょう。

意中のクルマが「これ」と決まっている場合でも、必ず他にもう1社、できれば2~3社ぐらいから同価格帯の競合車種の相見積もり(あいみつもり)は必ず取りましょう。

相見積もりは多ければ多いほどいいのですが、そこまで皆さんも暇ではないでしょうから、とりあえずそのディーラーの出方を探るという意味で、最初の見積もり依頼はグレードと色、オプション装備を明確にした上で、ディーラーのホームページやメールで見積もり依頼するのもいいと思います。

ある程度の数の見積もり依頼を投げれば、その対応で、やる気があっていい数字を出してくれそうなところと、全然話にならないところが、ある程度見えてきますので、例え顔を合わせていないとは言え、初回の見積書にお値引「\30,000」などとふざけた金額を提示してくるようなディーラーはその時点で切っていいと思います。

クルマにもよりますが、昨年末にフルモデルチェンジして現在もよく売れているホンダの看板車種である「Fit」のように自分の住んでいるエリア内に複数の扱いディーラーが存在する場合も結構あります。

私が住んでいるエリアですと、「Fit」を扱っているディーラーは、Honda Cars 東京、Honda Cars 東京東、Honda Cars 東京北、Honda Cars 東京中央、Honda Cars 練馬高松と5つもの会社が店舗を展開しています。

このような場合、Honda Cars 東京の店舗とHonda Cars 東京東の店舗から見積もりを取り、並行して商談を進め、できるだけよい条件を引き出すのは何ら問題ないのですが、同じ会社であるHonda Cars 東京中央の北池袋店と落合店で同様のことを行うのはタブーです。やってもHonda Cars 東京中央内で調整され、担当営業は1本化されますので、ヤルだけ時間の無駄です。

ちなみに輸入車やレクサスは基本的に値引を期待して買うクルマではありませんので、値引交渉されるのを止めはしませんが、出てくる金額は5万円というようなフロアマット代にもならないような金額しか提示されない上、「そんなヤツがウチのクルマに乗るつもりなのかよ。」という冷ややかな目で見られますので、「値切り」が趣味であるような方以外は、余計なことはしない方がいいでしょう。




車盗難防止アラーム車上荒らしや盗難を未然に防ぐ! ¥6,300
初心者さんの安心駐車!バックによる衝突防止にパーキングストップ ¥6,999
差し込むだけで排気ガス低減、燃費向上!車内のいや~な臭いもカット!¥19,950

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。