アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsからマックへの乗り換えは想像以上に厄介

2008年11月05日23時00分
今回MacBookの注目度がこれほど高いのは、デザインが格好良くて安くなっただけではなく、Intelマックであれば、Windowsも使えWindowsからの乗り換えが比較的容易になったことが、随分世間一般にも周知され、これまでマックには見向きもしなかったWindowsユーザーも、選択肢の一つとしてマックを考えるようになったためでしょう。

iPodやiPhoneで培われた、アップルというブランドの価値が大きく向上し、アップルブランドの製品が注目されていたところに、この価格でこのデザインで発売されたわけですから、注目されるのも当然だと思います。

ただ今までWindowsしか使ったことがない人や、私のようにマックから10年以上も遠ざかっていたユーザーにとっては、ウィンドウを閉じる、最小化すると言ったボタン配置が左右逆であるだけでも違和感を感じるでしょうし、スタートボタンが上下逆なのもなんか気持ち悪いでしょう。

Dockと呼ばれるランチャーの仕組みにも戸惑いますし、ディレクトリー構造もよくわからないので、何か設定を変更しようと思ったときにも悩むことになると思います。

Windowsで何か問題が起きても自分で解決できる私でも、一からMac OSの使い方を覚えなければならないことに苦労している状態ですから、Windowsでトラブルが起こった時に自分で解決できないような人が、マックでMac OSとWindowsを共存させて使おうとするのは無謀と言わざるを得ません。

少なくともフォーマット形式やパーティションの知識がない方は辞めておいた方が無難です。

この2週間で何回アップルサポートに電話をかけたことか、何回ハードディスクを初期化して、Mac OSとWindowsをインストールしたことか・・・。トラブルが起きるたびに、仮想化ソフトをインストールするタイミングを変えてみたり、セキュリティソフトを入れ直してみたりと、時給換算したら相当な金額になりそうなほど無駄な時間を費やしてしまいました。

iPod classic 160GBの時もそうでしたが、アップルの新製品は往々にしてバグがある上に、そのような不具合の情報がアップルサポートで把握できていないことが非常に多く、何が原因で不具合が起きているのか切り分けが出来ないのも非常に厄介でした。

仮想化ソフトのVMware Fusion 2も最近バージョンアップしたばかりのため、情報が少なく、当然のようにサポート電話窓口は何度電話をかけても話し中という状態ですから、手探り状態でセットアップしました。

OSにあたる部分が、Mac OS X、VMware Fusion 2、Windows XPと重層化された状態のため、問題の切り分けが難しいだけではなく、それらを包括的にサポートしてくれる窓口が存在しないため、最終的には自分自身で問題解決しなければなりません。

今日になってやっと普通にVMware Fusion 2上のWindows XPがほぼ問題なく動作している状態までセットアップできました。

これまでに体験したトラブルを挙げていくと・・・

・VMware Fusion 2 なしの、Boot CampだけでWindowsをインストールした場合、マウス右クリックに当たる、二本指でトラックパッドをクリックしても正常に動作しない。ただし三本指でクリックすると動作する。

これはネットでいろいろ検索したところ、同様の状態が多数報告されており、バグらしいことが判明。

ただし、私が最終的に行ったインストール方法であれば回避でき、二本指クリックで右クリックとして機能するようになる。

マック上でBoot Campパーティションを先に作成し、Windows XPをインストールし、後からそのBoot CampパーティションからVMware Fusion 2で仮想マシンを作成した場合、次のような問題が発生した。

(1)Windows XPのアクティベーションが出来ない場合がある。

(2)Microsoft UpdateでWindows XP Service Pack 3をインストール中、エラーが発生しシステムが部分的に更新された状態でService Pack 3がアンインストールされてしまい、「システムが正常に動作しなくなる可能性がある」というような意味合いのエラーメッセージが出る。

(3)Windows側で無線LANを含めた、いくつかのデバイスドライバーが正常にインストールされず、正常に動作しない。デバイスを指定してドライバーをインストールしようとしても、デバイスを認識することが出来ない。

また次のような問題も発生しました。

・インターネットセキュリティバリア ×5 アンチスパムエディション デュアルプロテクションで、Windows用総合セキュリティスイートである、bitdefender Interbet Security 2008をインストールしても、Updateファイルのインストールができない。結果として、Windowsが無防備な状態になってしまい非常に危険。とりあえず所有している、Norton Internet Security 2008をインストールして解決。

最終的にインストールした手順は、

(1)マックのハードディスクをHFS+(Mac OS 拡張フォーマット)でフォーマットする。(パーティションは切らない)

(2)Mac OS Xをインストール

(3)VMware Fusion 2をインストール

(4)VMware Fusion 2から、Windows簡易インストールでWindows仮想マシンを作成

(5)アシスタントに従ってWindowsをインストール

(6)Windows XPをアクティベーション

(7)必要があればMS-Office(Windows版)をWindows上でインストール

(8)Windows、Mac OSそれぞれにセキュリティソフトをインストール

(9)セキュリティソフトをアップデートし、最新の状態にする

(10)Windows上でMicrosoft Updateを、必要なパッチがなくなるまで数度にわたって起動して、パッチをインストール

肝は、(4)のVMware Fusion 2のWindows簡易インストール機能を使うことです。この方法でWindowsをインストールすれば、デバイスドライバーも全てインストールされますし、WindowsのアクティベーションやMicrosoft Updateでエラーが発生することもありません。Windows XPのSP3もMicrosoft Updateで普通にエラーが起こることもなくインストールできます。

この方法でWindowsを使えば、データも含めたWindows関連のファイルも全て、HFS+フォーマットのマックのハードディスクボリュームに保存されるため、Mac OSとWindowsの間でのファイルの共有がよりわかりやすく容易になるだけではなく、NTFSやFAT32フォーマットの領域を作る必要がなくなるため、ハードディスク領域を無駄なく効率よく使うことが出来ます。

ただしこの方法を取ると、Windowsをネイティブな状態で起動できなくなってしまうため、3Dオンラインゲームのような負荷のかかるゲームは実行できなくなってしまいます。

しかし普通のアプリケーションを使っている限りでは、GATEWAY MX8736jがぶっ壊れてから使っているVAIO type BX(VGN-BX90PS、Intel Pentium M 2.00GHz、メモリー1GB、Windows XP Professional SP3)よりも非常にサクサクとWindowsアプリは動いています。

Windowsには、VMware Fusion 2が推奨している512MBしかメモリーを割り当てていないにも関わらず、かなり重いはずのどろんじょ屋敷(当ブログ)やYouTubeの動画も、コマ落ちしたり途中で止まってしまうことなくスムーズに表示されます。

3年前の最新ハードウェアと現在の最新ハードウェアでここまでパフォーマンスに違いがあることに少々驚きました。

VMware Fusion 2上でここまで速いのですから、Boot Campでネイティブな環境でWindowsを起動させれば、高負荷がかかる3Dオンラインゲームのようなアプリも非常に軽快にサクサクと動くでしょう。

6MBオンチップ共有二次キャッシュの2.53GHz Intel Core 2 Duo プロセッサ、1066MHzフロントサイドバス、4GB 1066MHz DDR3 SDRAM、NVIDIA GeForce 9400M + 9600M GT (512MB GDDR3 SDRAM)という最新のハードウェア構成は伊達じゃないなと思いました。

Windowsからマックへの乗り換えに当たって思ったこと、感じたことについては、今後とも随時アップしていこうと思います。マックを検討されている方の参考になれば幸いです。

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ

Windows on Mac - act2.com
Mac で Windows を動かすなら VMware Fusion 2
MacとWindows、それぞれにウイルス対策ソフトを - ウイルスバリア
Macソフトウェアのことなら act2.com


関連記事
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。