アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKドラマ「ハゲタカ」が映画化

2008年11月15日22時30分
==========
NHKドラマ「ハゲタカ」、内外からの高い評価で映画

2008年11月15日03時09分 読売新聞

企業買収をテーマにNHKが昨年放送した連続ドラマ「ハゲタカ」が、東宝などによって映画化されることが14日、わかった。

外資ファンドによる企業買収などを軸に、大森南朋(なお)、柴田恭兵らの出演で複雑な人間模様を描いた、硬派な経済ドラマ

放送時は1けた台の低視聴率だったが、その後、テレビ番組の国際賞として知られるイタリア賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得た。

映画版もドラマとほぼ同じ出演者、スタッフで臨む予定で、来年5月公開を目指す。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081115-OYT1T00138.htm

==========

あのハゲタカが映画化されるそうです。私が初回放映時を見た頃は、バリバリにトレードをやっていた頃で、ライブドアとかハゲタカファンドと呼ばれていた、スティールパートナーズが話題になっていた時期だっため、株をやっていた当時の株フレの間では、大きな反響を呼んだ傑作ドラマです。

全6回なのですが、銀行が貸し渋りをしたために、零細企業の社長が自殺してしまい、その企業の銀行側の営業担当者が、それを悔やみその銀行を辞め、外資系ハゲタカファンドの豪腕マネージャーになるという一見矛盾した展開を見せるのですが、実は財務的に病んでいる企業を救いたいという一心からそのような環境に身を投じたことがわかったり、最終的には米国本部の意向に逆らい名門電機企業を、救おうとし、銀行在籍時の信頼していた上司とビジネスの場で戦うことになったりと、とにかく展開が早く、TOB、MBO、EBO、ゴールデン・パラシュート、ホワイトナイトと言ったような経済専門用語が飛び交う、かなり硬派なドラマでした。

経済の知識がそれなりにある人が見れば、ぐいぐい引き込まれていくまさに傑作と呼べる作品でした。

http://www.nhk.or.jp/hagetaka/story/outline01.html

個人的には第二~三回の老舗玩具メーカー「サンデートイズ」社の社長、大河内瑞恵役を冨士眞奈美が好演していたのが印象的でした。

レンタルDVDがありますので、ご興味のある方はTSUTAYAへどうぞ。

ハゲタカ(上) (講談社文庫)ハゲタカ(上) (講談社文庫)
(2006/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る

ハゲタカ(下) (講談社文庫)ハゲタカ(下) (講談社文庫)
(2006/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る

ハゲタカ2(上) (講談社文庫 ま 54-3)ハゲタカ2(上) (講談社文庫 ま 54-3)
(2007/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る

ハゲタカ2(下) (講談社文庫 ま 54-4)ハゲタカ2(下) (講談社文庫 ま 54-4)
(2007/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る


どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ


【送料無料】YAMAZENスチーム式 加湿器KS-B40(V)バイオレット
通常価格8,980円のところ 44%OFF 4,980円



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。