アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P906iとはまるで別物!!P-01Aはよくできている!!

2008年11月22日07時30分
さて今日は次点に選出したP-01Aについて書こうと思います。

P-01A.jpg

2008111414510001.jpg2008111414520000.jpg2008111414530001.jpg

2008111414510000.jpg

Pに関しては、私自身が昨年の11月末の発売日に実機も触らない状態でP905iを買ってしまい、その使い勝手の悪さを当ブログに於いて、散々指摘してきた経緯があります。

P905iからP906iに変わったときは、触った印象ではP905iの悪しき点がそのまま継承されており、Wオープンのビエラケータイが一般受けしたからそのままスタイルを踏襲しただけにしか見えませんでした。

しかし、今回のP-01Aは見た目はP906iと大差ありませんが、中味がかなりブラッシュアップされており、私自身よくここまで端末を熟成させたなぁ~と感心しています。

まず私が今までサイクロイドやヨコモーションを強く推していた理由である、フルブラウザ利用時等、画面を横向きにしたときの文字入力のしやすさという点で、パナソニックはとんでもないものを開発しました。

テレビのCMでも放送されているのでご存じの方も多いとは思いますが、「2WAYキー」とパナソニックが商標登録したその機能の発想が凄いと思いました。

写真を見ていただければわかると思うのですが、上の写真の通常時の文字配列、そして下の写真の文字配列。どちらから開いても文字入力に違和感がない仕組みになっているのです。

2008111414530000.jpg

2008112011360000.jpg

デバイス的には内部のキーコントローラーを変更しているだけで大したアイディアではないと思うのですが、キーに表示されている文字配列まで縦横向きが変わるのは秀逸だと思いました。

どうなっているか皆さん不思議に思われませんか?

これ、実は下の写真を見ていただければわかるように、文字が記載されたフィルム状のシートが2枚重ねになっていて、端末を縦に開くと横文字配列で記載されている上側のシートが、液晶部分を持ち上げていくのに引っ張られるように上部に格納されるという仕組みになっているのです。

2008112011330000.jpg

パナソニックがP905iでauのW44Sの猿まねであるWオープンを採用したのは、恐らく単純にワンセグを見る際の利便性を考えただけの発想だったはずです。そしてP906iもそこから進歩はしていませんでした。

しかしWオープンで横向きに開いた形で、テーブルに置いてテレビを見ることが出来るというのは、一般大衆には非常にわかりやすかったため、他の機種との差別化に成功しただけではなく、ケータイにもビエラのブランド名を冠したため、更にケータイ=ワンセグテレビというイメージが浸透し、P905iは爆発的にヒットしました。

P906iにリニューアルされてもその勢いは衰えませんでしたが、夏前ぐらいから次第にWオープンの神通力も薄れ始め、パナソニックは次第にシェアを落としていきました。

普通のメーカーであれば、その時点でWオープンに見切りを付け、今回の富士通やNECのように次の何かを模索していたでしょう。

ところがパナソニックは逆転の発想で、Wオープンで横向きにしたときの新たな使い道を提案するという手段に打って出ました。

それはWオープンの横開きでカメラ機能を使うという提案でした。

さすがの私も今回カタログで見るまで、横開き状態でカメラ機能を使う事など考えたこともありませんでした。

実際パナソニック自体も、横開き状態で両手でもって使うカメラ機能というのは、今回新たに追加したフューチャーでしょう。だからこそ本モデルでは横開きでカメラ機能を作動させると、液晶上に表示される操作メニューも横向きになるように仕様が変更されたのでしょう。

2008112011350000.jpg

更に私が指摘した、十字キーの決定ボタンでしかシャッターを切れないために、シャッターを押す瞬間に手ブレを起こしやすいと言う点についても、右利きの人が押しやすいであろう「0」のキーもシャッターキーにする等、大幅に操作性が改善されています。

見た目だけではなく、カメラ機能そのものも大幅に機能が向上しています。画素数こそ前モデルと変わりませんが、実際に実機で写真を撮ってみたところ、今までのPのカメラ機能の悪しき特徴であった、オートフォーカスの甘さとシャッター速度の遅さがP-01Aでは大幅に改善されていました。

更に私が指摘した、「ケータイのありとあらゆるボタンには、何らかの機能が割り当てられているが、その一覧表のような物がないため、マニュアルを全部読破でもしない限り機能を使い切れない」という指摘に対して、パナソニックは各キーに割り当てられている機能を機能メニューから確認できる、ボタン操作ガイドも搭載してくれました。

あとこれは今まで書こう書こうと思いながら書きそびれていたことなのですが、Pはマニュアルがなくても、ケータイのデスクトップ上にある「使い方ナビ」を使えば、やりたいことがどう操作すればいいのかが簡単に検索できるという素晴らしい機能も搭載しています。

パナソニックはこの機能のことをあまり宣伝していないため、私も当初はそれがどのような物なのかを知ることもなく、わからないことがあると分厚いマニュアルを開いていました。

しかしある時、この機能の存在を知り、それ以来マニュアルがなくてもほぼ全ての機能が検索でき使えるようになりました。

パナソニックはこの「使い方ナビ」をもっと積極的にアピールすべきだと思います。これがあればあの分厚いマニュアルと格闘しなくても済むのですから。

「マニュアル不要ケータイ」とでも名付けて、これも商標登録してしまえばいいのに・・・と思うほどこの機能は重宝しています。

P-01Aになり、端末も更に薄くなっており、液晶画面を横向きにしても使いやすく、なおかつ薄い端末という選択肢では、SH-01Aそして次点にこのP-01Aを挙げるのが妥当であろうと考え、今回セカンドチョイスにはP-01Aを選んだ次第です。

2008112011330001.jpg

本音を言ってしまうと、SH-01AとP-01Aのどちらかを選べと言われてしまえば、私であればSH-01Aを選ぶでしょう。しかしP-01Aも熟成された非常にいい端末だと思ったのも事実です。

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ


新品白ロム メーカー保証付未使用品ドコモ SH-01A 56,800円
新品白ロム メーカー保証付未使用品ドコモ P-01A 56,800円
ドコモ N-01A 機種変更使用期間関係なし 65,980円
ドコモ F-01A 機種変更使用期間関係なし 65,980円


関連記事
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。