アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイランキング(2009年1月5日~1月11日) ソフトバンクモバイルは大丈夫か?

2009年01月21日06時00分
2009年1月第2週(2009年1月5日~2009年1月11日)GfK Japan調べ

キャリア総合

1位 →(1) N-02A
2位 ↑(3) F-01A
3位 ↑(4) SH-03A
4位 ↓(2) P706iμ
5位 ↑(8) SH-02A
6位 ↑(7) らくらくホンⅤ F884iES
7位 ↓(5) EXLIMケータイ W63CA
8位 ↓(6) P-01A
9位 ↑(10) F-02A
10位↓(9) W62SH

NTTドコモ

1位 →(1) N-02A
2位 ↑(3) F-01A
3位 ↑(4) SH-03A
4位 ↓(2) P706iμ
5位 ↑(7) SH-02A
6位 →(6) らくらくホンⅤ F884iES
7位 ↓(5) P-01A
8位 →(8) F-02A
9位 →(9) SH-01A
10位→(10)P-03A

au

1位 →(1) EXLIMケータイ W63CA
2位 →(2) W62SH
3位 ↑(5) Woooケータイ W62H
4位 →(4) W63SA
5位 ↓(3) AQUOSケータイ W64SH
6位 →(6) Woooケータイ W63H
7位 →(7) フルチェンケータイ re W63S
8位 →(8) W64S
9位 →(9) 簡単ケータイ W62PT
10位→(10)W65T

ソフトバンクモバイル

1位 →(1) iPhone 3G 16GB
2位 →(2) 930SH
3位 ↑(6) 830P
4位 →(4) AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH
5位 ↓(3) 821SC
6位 ↑(8) 830SH
7位 →(7)VIERAケータイ 921P
8位 ↑(11)かんたん携帯821T
9位 ↑(10)816SH
10位↓(9) GENT 830SH s

ブログから遠ざかっていた間に、2009年1月第2週(2009年1月5日~2009年1月11日)の端末ランキングが発表されていました。

ソフトバンクモバイルのデータに前週と若干ミスマッチがあるのは元データがおかしいからです。私のミスではありません。あしからず...

というわけで、殆ど顔ぶれは変わっていません。

ソフトバンクモバイルは相変わらずのシャープ独壇場状態です。

総合トップ10に、ソフトバンクモバイルトップのiPhone 3G 16GBが入っていないと言うことは、ソフトバンクモバイルの端末販売が如何に芳しくないかということを意味しており、回線契約純増数も伸びが鈍ってきており、NTTドコモがMNP転入超過に転じたと言うことは、今後は今までのようにNTTドコモからのMNP転入は最早見込めず、2台目需要として有望な、本当は欲しくもないソフトバンクモバイルの回線契約が紐付いた、よくできたPDAであるiPhone 3Gに頑張って貰わないと、ソフトバンクモバイル的にはかなり苦しいはずです。

またの機会に書きますが、ソフトバンクモバイルは、低価格志向のユーザーが多いため、NTTドコモauに比べてARPU(携帯電話・PHS事業者の1契約あたりの売上額をあらわす数値 Average Revenue Per Userの略)が相対的に低く、新規契約を取って端末を売ってなんぼの商売で成り立っている会社です。

端末を売ってなんぼの商売ですから、本人確認の審査が甘く、オレオレ詐欺のような犯罪に使われる端末の70%以上が、全体シェアでは20%弱しかないソフトバンクモバイルの端末であったり、割賦販売の審査も回線契約審査も甘いため、2008年9月末の貸し倒れ引当金残高が810億円と、1年間で500億円弱も膨らんでおり、2009年3月期末には1,000億円に達する可能性があり、そのうえ上期だけでリーマン・ブラザーズ関連で最大750億円の損失リスクがあることも報じられており、会社の経営状態は綱渡り状態なのではないでしょうか?

金融不安はまだ収まっておらず、2008年第四四半期(米国会計年度)に更に多額の損失が、大手の金融機関から湧きだしてくる可能性もあり、そこでもリーマンの750億円レベルの損失が噴出したらソフトバンクモバイルは倒産でしょう。

Yahoo!ケータイトップページ有料化を打ち出してみたり、フラッシュ化してデータ量を多くしようとしてみたり、挙げ句の果てには端末のマニュアルを有償化しなければならないほど、ソフトバンクモバイルはヤバイということでしょう。

このままでは半期で30億円と言われている広告宣伝費を電通に払えなくなる日が本当に来るかもしれません。

アップルから買い取ったiPhone 3Gの在庫もまだ山のようにあることでしょう。こんな時に、もし本当に噂されている来月にiPhone 3G 32GBが発売でもされた日には、売れない型落ちの16GBや8GBの在庫の山をどうするつもりなのでしょうか?

そんなソフトバンクモバイルはこっちに置いといて・・・


総合トップ10に3機種ずつランクインしているシャープ富士通は凄いと思います。確かにSTYLE seriesの中では、N-02ASH-02Aの出来がよいことはレビューでお伝えしたとおりですので、出来のいい端末が順当に売れている結果というところでしょうか。

総合10位のW62SHと、その下のSH-01A、P-03Aは恐らく僅差でしょう。

SH-01AよりSH-03Aが売れている点や、P-01AそしてP-03Aに思ったほど勢いがないのは、サイクロイドとWオープンが既に飽きられているためでしょう。

国内では既に端末メーカーの淘汰が始まっていますが、全キャリアを見渡してみると、シャープ富士通、パナソニックの存在感が際だっているように思えます。

この3社は今後も世界進出も含め安泰でしょう。NTTドコモだけへの端末供給で、トップ10に3機種を送り込んでいる富士通は凄いですね!!

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

ケータイからはこちらをクリック!!
  ↓
携帯ブログランキング







関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。