アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機種変更断念とNTTドコモが別格である理由

2009年02月11日13時40分
やすさんから頂いたコメントへの超ロングレスです。(汗)

> 自分もドコモユーザーで、ほとんど1年買換えでした。
>
> 正直今回も変えましたが、変えるほどの魅力は以前に比べると少なく、
> 前の機種でもよかったのでは!?と思ってます。
>
> 今のように2年縛りを続けていくのであれば、大きなサービスなり機能を
> 2年周期で行くのでは?と思ってます。
>
> どちらにしても、各キャリアとも頑張って欲しいです。

私はP905iをベーシック一括で購入した際、24ヶ月使用することを条件とした15,000円ぐらいの割引を受けましたので、その違約金覚悟でSH-01Aを買い増し(機種変更)することも考えました。使用しているP905iは10,000円程度で売れますので、バリュー一括で購入した場合、実質的な出費は50,000円ほどです。

白ロムも考えたのですが、SH-01Aの白ロム端末は45,000円程度ですから、P905iを売却する前提であれば実費は35,000円程度と手の届く金額なのですが、白ロム端末を買った場合、回線契約はベーシックコースのままです。

どこかのタイミングで正規販売店からバリュープラン価格で端末を購入しなければ、いつまでたっても月額基本料金はバリューの倍額のベーシックコースのままです。

私はプランSSに加入しているのですが、バリューとベーシックの月額基本料金の差額980円×12ヶ月=11,760円となり、結果的には1年で機種変更していく前提で考えた場合でも、正規販売店でバリューコース価格で購入しても白ロム端末を購入しても総額費用は大差ありません。

費用的に大差がないのであれば、むしろケータイ補償 お届けサービスに加入できない白ロム端末のデメリットのほうが大きくなってしまいます。

となると機種変更するには50,000円必要になるわけですが、冷静になって考えてみた時、iModeが倍の下り最大7.2Mbpsになることと、iコンシェル、iウィジット、iアプリオンラインが利用できるようになることに対して、果たして50,000円の価値があるのか???と思い始めました。

2007年7月にN904iに機種変更した時には、iModeが下り384kbpsからHSDPAの3.6Mbpsになり、NTTドコモ版EZナビウォークであるGPSナビゲーションアプリが使えるようになるという明確なメリットがありました。

その5ヶ月後にP905iを買った時にも、ワンセグ搭載と液晶がフルワイドVGAになったという具体的なメリットがありました。

N904iの前のF902iを購入した時は、それまで使っていたF901icがちょうど1年間のメーカー保証が切れた直後のタイミングで、全損扱いの事故で壊れてしまい、なにがしかの端末を買う必要に迫られての決断でした。

F901icの時は、唯一FeliCaチップを搭載したおサイフケータイ対応であったことと、AACファイルをサポートしたミュージックプレイヤー機能という目的がありました。

それぞれのメリットは私にとって35,000円の価値がありました。

しかし今回仮に機種変更した場合のメリットに対して、50,000円の価値は見いだせないというのが今の私の判断です。

私はブログ用にカメラ機能を使うことが多いので、デジカメライクに使える機種の方がいいかな・・・とF-03Aを触った時から思い始め、あんなに魅力的に見えたSH-01Aに対する興味が失せてしまったのも、今期のモデルに買い換えるのは辞めようと思うに至った動機の一つです。

実際ワンセグもフルブラウザも殆ど使っていませんから、ヨコ向きユーザーインターフェイスなんてどうでもいいような気持ちに変わったのも、SH-01Aから興味が失せた大きな理由です。

またブックマークと画面メモの保存件数の上限が、夏モデルでは今期のPやSHの後を追い、全機種300件程度に引き上げられそうな点も、今期は見送った方がベターかな・・・と思うようになった理由です。

機能の向上については、NTTドコモに関しては、私個人的には今後も1年周期で大きめの変更が続くと見ています。つまり冬モデルで新しいフューチャーが追加されて、夏モデルはマイナーバージョンアップという今までと同じ周期です。

3Gサービスは3方式ありますが、実質的なデファクトはNTTドコモとソフトバンクモバイルが採用しているW-CDMA方式です。このW-CDMA方式はNTTドコモが当初提示した規格と、2Gサービスでデファクトの座にあったGSM方式を開発したエリクソンが提示した規格の折衷案です。

NTTドコモは全世界で唯一、通信規格の開発にも携わっている、非常に技術力のあるキャリアです。NTTドコモ以外のキャリアは、NTTドコモとエリクソン、クアルコム、そして中国の国営通信機器メーカーである大唐電信科技産業のいずれかが開発した通信方式でサービスを提供しているに過ぎず、これらの通信方式を開発した企業の手の上で踊っているに過ぎません。

逆に言えば、通信方式の開発にも携わっているNTTドコモは、W-CDMA方式を採用している世界中の他キャリアに先駆けて新しいサービスを提供できる立場にあると言うことです。

ケータイからインターネット接続を可能にしたiModeの類のサービスを全世界で最初に商業化したのはNTTドコモですし、ケータイ上でJAVA実行環境を実装して様々なアプリケーションを使えるようにした(iアプリ)のもNTTドコモです。ケータイ上のブラウザでFLASHを使えるようにしたのもNTTドコモです。

他にも、ソニーの非接触型ICチップ、FeliCaをケータイ端末に内蔵し、無線インターネット接続サービスであるiModeと組み合わせて、電子マネーを始めとしたアプリケーション群を総称するおサイフケータイを開発したのもNTTドコモですし、W-CDMA方式の3Gサービス、FOMAを全世界で最初にサービスインしたのもNTTドコモ、3.5Gのデータ受信最大3.6MbpsのHSDPAと呼ばれる高速データ通信サービス、FOMAハイスピードを最初に商用化したのもNTTドコモです。

現在のケータイの標準的な機能で、NTTドコモ以外が開発したものは、シャープが端末(J-SH07)を開発してJ-PHONEが世界で初めてサービスインした写メールと、3Gから3.5Gへの移行がコストもかからず比較的容易にバージョンアップできた、クアルコムが開発したCDMA1X方式を採用していたが故に、下り最大2.4Mbpsの高速データ通信網をいち早く整備でき、その速度を利用できたからこそ実現できた、auが世界で最初にサービスインした着うたや着うたフル、GPSナビゲーションのEZナビウォークあたりのリッチコンテンツサービスぐらいでしょう。

auが一番元気だったのが、ちょうどこれらのリッチコンテンツサービスを次々にリリースしていた頃です。

ただこれらのサービスを開発したのは確かにauですが、それはあくまでもクアルコムの技術がベースにあって、そのベースの技術の上でどんなサービスが提供できるかを模索しただけです。

auの新しいプラットフォームであるKCP+も、クアルコムがデュアルコア対応のMSM7500という新チップセットをリリースしたからこそ開発されたわけで、やはりクアルコムの動向次第だったわけです。

2in1のような交換機側にも影響が及ぶようなサービスを実現できたのも、NTTドコモがW-CDMA方式を開発した立場にあったからこそなのです。

3.9GのLTEでもこの状況は変わらず、NTTドコモが主体となって共同開発メーカーを募り、基地局設備から端末のチップセットの開発に至るまで深く携わっています。LTEの技術開発で主導的な立場にある企業はNTTドコモ以外では、基地局設備やバックボーンネットワーク設備をGSM→W-CDMAと発展させてきたエリクソンぐらいしかなく、通信方式の開発に唯一携わっているキャリアが世界中でNTTドコモのみである現状は変わらず、サービス提供から基盤技術まで全てを手がけるNTTドコモが3.9Gでもいち早く新サービスを導入していく状況は恐らく変わらないでしょう。

またサービス運用力においても、NTTドコモの技術力は世界一と言ってもいいレベルのものです。皆さんが普段何の気なしに利用しているiModeというサービスは、契約者数4,800万契約にも上る無線ではもちろん世界一、有線を含めても現在ではひょっとすると世界最大の契約者数を誇るインターネットサービスプロバイダー(ISP)でもあります。

この膨大な契約者数のISPサービスが、24時間365日ダウンすることなく運用され続けているという事実も実は驚異的な話なのです。ダウンしないNTTドコモのiModeサービスの話はSI業界では有名な話です。

ソフトバンクモバイルがしょっちゅう障害を起こしてダウンしているのに対して、NTTドコモが障害を起こして使えないというニュースなんて殆ど聞かないはずです。

NTTドコモはユーザーが殆どいないような離島のような場所で基地局が障害を起こしても、ヘリコプターをチャーターしてまで復旧作業にあたります。災害時に備えて所有する移動基地局車や電源車のような設備も、ソフトバンクモバイルやauとは比較にならないほど多数所有しています。

大地震のような災害が発生した時、一番使えるケータイは間違いなくNTTドコモです。

電電公社の流れを汲むNTTドコモは、サービスは一瞬たりともダウンさせてはならないという、インフラを預かる者としての使命感を持っています。地震で道路が寸断されたり、水道やガス、電気の供給がストップした時の復旧作業と同レベルで動けるケータイキャリアはNTTドコモだけです。

そのような見えない部分への投資がNTTドコモは半端ではありません。

これでNTTドコモに、ソフトバンクモバイルやauがどうひっくり返っても敵うわけがない理由が、皆さんにもご理解いただけたのではないでしょうか?

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

ケータイからはこちらをクリック!!
  ↓
携帯ブログランキング




Norton Internet Security2009正規版3台認証可能のシリアル(プロダクトキー) 3,380円
大人気 MANHATTAN PORTAGEメッセンジャーバッグ
通信講座のヒューマンアカデミー



関連記事
Comment
こんばんは。
ブログネタのきっかけになれて光栄です。
最初はみんなが使ってるのでdocomoを選びました。
一昔はauの評価、最近はソフトバンクの新規契約純増など一時期キャリア変更も頭を過ったのですが、やっぱりdocomoでよかったと再認識しました。
Re: タイトルなし
> こんばんは。
> ブログネタのきっかけになれて光栄です。
> 最初はみんなが使ってるのでdocomoを選びました。
> 一昔はauの評価、最近はソフトバンクの新規契約純増など一時期キャリア変更も頭を過った>>のですが、やっぱりdocomoでよかったと再認識しました。

通信会社は家電(固定電話)やプロバイダーも含めて、NTTは一番安心感があります。

バックボーンもデータ量が増えても十分な容量の回線を使っていますから、繋がらないとか
速度が落ちるというようなこともありませんし、固定電話をNTT意外にしてしまうと、
万が一自宅や実家の宅内配線の故障があって、電話が繋がらなくなった場合、
たとえKDDIで回線契約していても、NTT局舎からラストワンマイルの回線はNTT東日本、
NTT西日本が管理しているため、NTTしか現地に出向いて状況を確認できないのですが、
回線契約がKDDIであった場合、他社の回線をご契約なので弊社では調査できかねますと
断られてしまいました。

KDDIで契約していた実家に電話してもいつも話し中で繋がらないので、親が二人とも発作でも起こして、死んだんじゃないかと不安になりパニック状態になった経験があります。

若干高いかもしれませんが、万が一の時、一番頼りになるのはやっぱNTTです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。