アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛盾するauの音楽ケータイへの原点回帰戦略 その1

2009年03月08日16時00分
auは、昨年末Walkman Phone, Xmini (W65S) を、通常の新機種とは別扱いで一機種のみで発売のプレスリリースを大々的に行い、それに伴い新サービスEZ「着うたフルプラス」の発表も行いました。

またその直前には、鳴り物入りで「au BOX」をリリースし、押し売りとも言えるような状態で既存のauユーザーにレンタル契約の締結を迫っていました。

これらはどちらも長期低落傾向に歯止めがかからないauの起死回生の戦略が元になっており、その戦略とは「音楽ケータイ」への原点回帰というものでした。

auはサービス開始当時下り最大2.4Mbps(現在下り最大3.1Mbps)の、3.5Gの高速データ通信サービスCDMA 1X WINを他キャリアに先駆け2002年4月1日から開始し、高速なデータ通信速度を必須とするリッチコンテンツサービス(EZ着うたフル、EZナビウォーク、ビデオクリップ、EZチャンネルプラス、EZブック)を次々にリリースし、当時失速状態であったauが復調し大躍進するきっかけになりました。

NTTドコモがこれに対抗するサービスとして、サービス開始当時下り最大3.6Mbps(現在下り最大7.2Mbps)の、3.5Gの高速データ通信サービスFOMA HIGH SPEEDを、90Xixシリーズというごく一部の機種から、ボリュームゾーンである905iシリーズ全機種に標準実装し、リッチコンテンツサービスを大々的に展開し始めたのは、2007年11月のことであり、それまでの5年間auはもっとも先進的なサービスが揃ったキャリアとして絶好調でした。

しかしNTTドコモソフトバンクモバイルが3.5Gの高速データ通信サービスを開始し、auとほぼ同様のリッチコンテンツサービスを次々に開始すると共に、auはその絶対的な優位性を失っていきました。

同時にauのほぼ全ユーザーが3.5G対応端末に移行し、急速にデータ通信のトラフィックが増えていたにも関わらず、auは巨額の設備投資費が必要となるバックボーンネットワークの増強に取り組むのが遅れ、バックボーンネットワークの容量が逼迫し始めているという爆弾も抱えていました。

そんな状況の中、MNPが開始されました。

当時唯一リッチコンテンツサービスが充実していた先進的なauを目指して、大量の顧客が主にNTTドコモからauにMNPで転出し、auは予想外に多くの顧客をMNPで一気に獲得してしまい、遂にはバックボーンネットワークの容量がパンクしてしまい、EZwebが需要の多い夜間時間帯を中心に繋がらないという事態を招いてしまいました。

auはそれまでの一人勝ち状態から、一気に顧客の信頼を失ってしまい、EZwebは使えないというイメージが世間に広まってしまった結果、MNP開始で唯一の勝利者であったはずのauの失速が始まりました。

NTTドコモはFOMA HIGH SPEEDを標準サービスとして展開し始める905iシリーズ発売までに、事前に過去最大規模の大規模な設備投資を行いバックボーンネットワークを万全の状態に増強した状態で、やっとauの端末に追いついた全部入り(ワンセグ、世界ケータイ、フルワイドVGA液晶、リッチコンテンツサービス)端末905iシリーズをリリースしました。

やっとauに追いついた905iは爆発的に売れ、データトラフィックも急増しましたが、NTTドコモは事前に盤石な設備を構築していたため、この時点でNTTドコモはauのアドバンテージを一気にひっくり返し主導権を奪い、1年後にはFOMA HIGH SPEEDは一気に下り最大7.2Mbpsと倍の速度に増速するだけではなく、人口カバー率100%も達成しました。

パケット通信はあくまでもベストエフォートサービスですから、最大速度がいくら速くても、データトラフィックが多くバックボーンネットワークが混んでいると、その速度は大幅に低下します。

バックボーンネットワークの土管が太く容量に余裕があるNTTドコモは最大値だけではなく実測値でも他キャリアに比べパケット通信サービスが一番速いというデータが出ていますし、ネットワークが混んでいるauは最大値は3.1Mbpsであっても実測値はこれを大きく下回り、計測地点によっては実測値がウィルコムにも劣るという結果が出ています。

NTTグループは電電公社の血を引いているため、新サービスを導入する前にはパンクしない盤石な設備を構築するという伝統があり、他キャリアは狭いエリアでしか使えないような設備しか構築していなくても、新サービスをとりあえず導入することを優先する傾向があります。

後日改めて書こうと思っているのですが、同様の理由からベストエフォートサービスであるインターネットプロバイダーも、バックボーンネットワークのトラフィックによって速度が大きく左右されます。

安いプロバイダーは土管が細いため公称最大速度がいくら速くても実測値はそれに大きく見劣りする場合が殆どです。安いものにはそれなりの理由があるのです。

いまガンガンCMがオンエアされていますが、NTTコミュニケーションズOCNは、国内最速かどうかはわかりませんが、全国くまない地域で国内最速値に近い速度がほぼ出ているでしょう。NTTグループのNTTコミュニケーションズが提供するOCNは、バックボーンネットワークの土管が太く、トラフィックに常に余裕がある状態を保つため、トラフィックが増え始めるといち早く設備を増強しています。

私はサラリーマン時代に、KDDIやNTTグループと共にプロジェクトを推進したことが非常に多いため、聞いた話ではなく、実体験としてKDDIやNTTグループの社風やその仕事の進め方を肌で感じて知っています。

それも末端の営業陣や技術陣とではなく、私が主に担当していた顧客が電通さんであったため、当然要求レベルも非常に高く、それに相対して出てくるキャリアのスタッフも、社内でもトップレベルのエース級の方々ばかりで、非常にいい勉強をさせて貰ったと今でも思っています。

私は現在OCNユーザーですが、これまでに使った事があるSo-net、DION、ぷららに比べOCNは安定していて常に速いという実感があります。

速度を重視するのであれば、私であれば迷わずOCNをオススメします。BフレッツOCNの組み合わせは間違いなく速いと私は言い切れます。

繋がらないEZwebにユーザーが苛立ちを深めていたにも関わらず、バックボーンネットワークの増強は一朝一夕に行う事が出来ないため、auが抜本的な対策を講じる事が出来ないのにユーザーは愛想を尽かし始め、auからのMNP転出が始まりました。そして徐々にauの長期低落傾向が鮮明になっていきました。

ネットワーク設備の投資を怠ったキャリアに未来はないと言われているのは、auのこの前例があるためで、現在ユーザー数が急ピッチで増えているにも関わらず、目先の利益を獲得することを最優先させ、莫大な投資が必要になる基地局設備やバックボーンネットワークの抜本的な増強を怠っているソフトバンクモバイルにもそのX dayが近い将来訪れ、いずれユーザーは離れ始めると見られています。

auがそうであったように、それまで上り調子でキャリアのブランドイメージも良好であった状態が、何らかのユーザーの不満をきっかけにブランドイメージが悪化の方向に一度反転してしまうと、その悪化したイメージが広がるのを食い止めるのは非常に困難で、ユーザーが離れ始め上り調子が終わった事が見え始めてしまうと、更に悪循環が始まってしまいます。

ユーザーが増え、上り調子であった時に、このキャリアに付いて行けば「おいしい」という思惑から参入してきた端末供給メーカーや販売代理店が、負の循環に入り始めると一気に離れ始めます。

具体的には、

ユーザーが減少→端末供給メーカーも減少→魅力的な端末がリリースできなくなる→ユーザーが更に減少→端末が売れなくなり売れ残った在庫を叩き売り→利益率の悪化→傘下の代理店の収支が悪化→代理店の倒産や撤退が増加→販売&サービス拠点網が手薄になり始める→サポート力の低下により更にユーザーが離れていく

というような状態に陥ってしまうのです。

現在のauがまさにこの状態で、一見好調に見えるソフトバンクモバイルも頂点は既に過ぎており、負の連鎖の低落傾向に入っていると見られているのも、ソフトバンクモバイルに負のスパイラルで発生する諸現象が見え始めているためです。

To be continued,,,

どろんじょの記事をもっと読みたいですか?
支持していただける方は、ぜひブログ村バナーを1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ


体内酸素を増やしてガンガン燃焼!目指せ!-10kg!
メディアで話題!美肌を目指すなら、本格派のプラセンタ
プロテインは過去の物!未来型サプリ登場★飲むだけで筋肉量向上!


関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。