アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイの通話料が高いのはソフトバンクモバイルが元凶だ

2009年05月01日06時00分
4月29日(火)のWBS(ワールドビジネスサテライト)で、ケータイキャリア大手3社の接続料を取り上げ、この接続料の高いキャリアが、接続料を引き下げれば、ケータイの通話料が下がるかもしれないというような内容の報道を行っていました。

番組内では具体的に3分間あたりの各社の接続料をフリップを用いて解説しており、それによると、

NTTドコモ 28.8円
au (KDDI) 31.5円
・SBM 36.7円

という金額で、飛び抜けてソフトバンクモバイルが高いのだそうです。

ちなみに接続料というのは、例えば私が利用しているNTTドコモのケータイから、ソフトバンクモバイルを利用している友人に3分間電話で話した場合、NTTドコモからソフトバンクモバイル側に36.7円支払っているという事です。

この件について検索してみたところ「携帯各社が非難の応酬 接続料引き下げ議論は誰のためのもの?」という記事を見つけました。

各社のスタンスは、

NTTドコモ 引き下げに前向きであると共に接続料の算定基準を透明化すべきとの主張。

au(KDDI) 接続料のルール、議論など不要。民間で取り決めればいい話。

・SBM ネットワークのコストが違うのだから、接続料が違うのは当然。日本の接続料の格差は世界と比べて小さく、もっと格差があってもいい。

・イー・モバイル 接続料の引き下げに積極的な態度。

という具合で、相変わらず孫さんが自分勝手な理屈を声高に叫んでいる状態です。

現在、シェアが25%以上のキャリアは、「第二種指定電気通信設備制度」による規制を受け、接続料の算定基準を公表することを義務付けられているそうです。

つまりNTTドコモau(KDDI)は、算定基準をオープンにしている一方で、ソフトバンクモバイルは算定基準を開示しないまま割高な接続料を他のキャリアから徴収しているわけです。

当然シェアの高いキャリアから低いキャリアへの通話トラフィックの方が多いわけですから、接続料が全キャリア同額であっても、NTTドコモauソフトバンクモバイルに支払う接続料の方が多くなる理屈ですが、現在はその接続料がソフトバンクモバイルが飛び抜けて高いため、NTTドコモによると「NTTドコモからソフトバンクモバイルに毎年数百億円の支払いがある。理解の限度を超えている」、またKDDIも当然ソフトバンクモバイルに対しては支払い超過の状態にあるそうです。

この議論の中で、NTT東日本は「事業者内無料通話の赤字を他社からの接続料収入で補っている懸念がある」という鋭い突っ込みを入れたそうです。

つまり「ソフトバンクモバイルのホワイトプランのユーザー間無料通話は、NTTドコモやKDDIからの接続料収入で成り立っているのではないか」と突っ込んだわけです。

私も全くの同感です。

この上、孫さんはもっとソフトバンクモバイルの接続料を引き上げたいと、のたまっているわけですから図々しいにも程があります。

NTTドコモは、ソフトバンクモバイル向けの通話料は倍額換算にでもして、みんながソフトバンクモバイルユーザーへの電話を避ける環境を作っても良いと思います。

ソフトバンクモバイル向けの通話料だけが倍額になっても、私の周囲にはソフトバンクモバイルユーザーは5人しかいませんから、痛くもかゆくもありませんし、第三者にかけた場合も相手がソフトバンクモバイルであれば、最初に「プップッ」と音が入るのでソフトバンクモバイルである事がわかりますから、用件を手短に済ましてしまうか、ワン切りして相手がかけてくるのを待つだけです。

ソフトバンクモバイルなんて潰れりゃいいのに・・・。

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ



関連記事
Comment
No title
同感wwwww
No title
初めて接続料の違いを知りました。
自分はdocomoユーザなので接続料の高いソフトバンクにはかけたくないですね。
昔からドコモは料金が高いとか言われていましたが、もしかするとこういう事が原因かもしれませんね…
各社とも基本料やサービスに重点を置いて値下げをうたってますが、こういう事をもっと一般的に公表し基本的な部分で競争してもらいたいものです。

ためになる記事ありがとうございました。
Re: No title
> 同感wwwww

だしょ~。
Re: No title
> 初めて接続料の違いを知りました。
> 自分はdocomoユーザなので接続料の高いソフトバンクにはかけたくないですね。
> 昔からドコモは料金が高いとか言われていましたが、もしかするとこういう事が原因かもしれませんね…
> 各社とも基本料やサービスに重点を置いて値下げをうたってますが、こういう事をもっと一般的に公表し基本的な部分で競争してもらいたいものです。
>
> ためになる記事ありがとうございました。

通話料に関しては、NTTドコモは決して高くはないですよ。
あのサポート力と、サポート陣の優秀さ、そしてショップで
の丁寧な対応、 全てにおいて非常に高いレベルのサービ
スがあの価格で提供されているのですから。

ただ端末価格が、強気で高めの価格設定であるのは確か
ですよね。

そういう声に応えてリリースされたのが、L-03A、N-05A、
P-06Aなんですけどね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。