アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモにシャープは見限られたのか?

2009年06月01日21時45分
2008年冬モデル~2009年春モデルでは、シャープからはNTTドコモ向けに、

・PRIME series SH-01A
・PRIME series SH-03A
・STYLE series SH-02A
・PRO series SH-04A

の全4機種が投入されました。

NTTドコモはドコモで初の全部入りサイクロイドAQUOSケータイSH-01Aには相当期待していたでしょう。

SH-01Aは、NTTドコモにとっては初の全部入りサイクロイドAQUOSケータイであると共に。これまでソフトバンクモバイルの機種群の中でフラッグシップ的な位置付けであった、サイクロイドAQUOSケータイの2008年冬の最新モデルは、ソフトバンクモバイルからはリリースされず、NTTドコモ1社からのリリースで、シャープのCMの打ち方から考えても、爆発的に売れるとNTTドコモシャープも、そして私もそう思っていました。

しかしユーザーの目には、既にサイクロイドAQUOSケータイとして第六世代に当たるSH-01Aは新鮮に映らず、フルブラウザーのような横型インターフェィスを重視する顧客が予想以上に少なかったため、横型インターフェースに力を入れた、SH-01AやP-01Aは思ったほど売れず、高機能防水ケータイという伏兵F-01Aや薄型防水ケータイF-02A、さらにはらくらくホンシリーズが飛ぶように売れ、富士通製端末の独壇場という結果に終わりました。

現在、NTTドコモのメーカー別端末シェアで、富士通は50%を越えているのではないでしょうか?それぐらい現在の富士通は勢いがあります。

またNTTドコモにしか端末を供給していない富士通をNTTドコモは一番かわいがっており、信頼しているように見えます。

全く新しい端末の初号機は、iMode初号機であったF501i然り、昨年のCEATEC JAPAN 2008で参考出品されたセパレートケータイ然り、目新しいものは全て富士通製端末がトップを飾っています。

そんな富士通はキッズケータイF-05Aや法人用途向けのF-06Aも製造しており、昨冬型番が変わってから、既にF-09まで9機種も新端末をリリースしています。

パナソニックも端末を過剰とも言えるほど供給しており、この夏モデルではSTYLE series P-10Aがリリースされる事になっています。

無線LANを用いて、車内では内線無線LAN端末として、社外では外線FOMA端末として利用できるような、PBX(社内交換機)を絡めたような、大規模なシステムはNTTドコモは一貫してNECに任せており、交換機や基地局設備にもNECは深く関わっているため、FOMAの初号機がNEC製端末であったように、全く新しいサービスについてはNTTドコモは主にNECと共に開発を行っています。

電電公社の時代から、電電グループと言われるぐらい、NEC、富士通、三菱電機パナソニック電電公社と共に技術開発を行ってきた歴史があり、NTTドコモが分社化された当時、1G世代のmovaが「N」「F」「D」「P」の4機種しかなく、その後も純粋なmovaはこの4ブランドのみで、新参者の「SO」や「SH」は by DoCoMoという前置詞が付き、「N」「F」「D」「P」とは差別化されていました。

特にシャープは、ケータイ事業への参入を許されず、PHS事業への参入しか認められず、技術力はあるのに、NTTドコモではケータイ端末を作らせて貰えませんでした。

そんなシャープが、NTTドコモのケータイ端末事業に食い込めたのは、まさに「写メール」効果でした。爆発的にヒットした「写メール」のノウハウを全く持っておらず、シェアが落ち始めたのと背に腹は代えられなくなり、遂にNTTドコモはケータイ端末事業の仲間としてシャープを向かい入れました。

端末開発力のある外様のシャープに対して、心の底では電電公社の時代からケータイを育て上げてきたNTTドコモと電電4社は快く思っていなかったはずです。

だから敢えて、シャープには爆発的に売れる端末を作らせず、作らせて貰えないが為に、シャープはソフトバンクモバイルの端末を大量に開発したのでしょう。

実際、ソフトバンクモバイルユーザーでシャープ製の端末以外を使っている人はごく少数でしょう。それほどソフトバンクモバイルの端末はシャープだらけで、シャープが手を引いたら、ソフトバンクモバイルは端末力でNTTドコモやauと太刀打ちできなくなるでしょう。

SH-02Aはそこそこ売れましたが、期待のSH-01AとSH-04Aが全然売れなかった事に対する、NTTドコモの失望は非常に大きかったに違いありません。

その結果として、NTTドコモの2009年夏モデルでシャープ製端末はモデルを絞ってきたのでしょう。防水でCCD8メガカメラ搭載の、STYLE series SH-05Aはまずまちがいなくヒットするでしょう。PRIME series SH-06Aは、まだ筐体の実物を見ていないので何とも言えませんが、オーソドックスな回転2軸ヒンジ型に戻したということは、普段持ち歩く時は液晶を外側に向けてすぐにカメラで撮影できるようになっている可能性が高いと思われます。

PRO series SH-07AをなぜPRIMEではなくPROにしたのかはよくわかりませんが、ダブル・ワンセグでサイクロイドというところまでは、2009年春モデルのSoftBank932SHと同じですが、ブルーレイディスクレコーダーやパソコンと連携し、映像や音楽を簡単に持ち出せるようです。ただ当然ブルーレイディスクレコーダーは、アクオスブルーレイの最新機種としか連携できません。

ソニーのブルーレイはPSPだけみたいに、各社で囲い込んでいる間は、ブルーレイレコーダーで録画した番組を外に持ち出して見るような行為は一般的にはならないでしょうね。

シャープのNTTドコモ向け2009年夏モデルは、

・PRIME series SH-06A
・PRIME series SH-06A NERV
  (ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破とのコラボモデル)
・STYLE series SH-05A
・PRO series SH-07A


一方、ソフトバンクモバイル向けには、2008年冬モデル~2009年春モデルは

・3.8インチハーフXGA液晶搭載フルタッチケータイSoftBank 931SH
・CCD8.0メガカメラケータイSoftBank 930SH
・GENT SoftBank 830SH s
・NEW PANTONE SoftBank 830SH

・ダブル・ワンセグ新世代AQUOSケータイ SoftBank 932SH
・コンパクトワンセグケータイ SoftBank 831SH

2009年夏モデル

・防水ケータイmirumo SoftBank 934SH
・THE PREMIUM SoftBank 935SH
・AQUOS SHOT SoftBank 933SH
・GENT SoftBank 831SH s

2008年冬モデル~2009年夏モデル全19機種のうち、なんとシャープ製の端末が10機種もあるというこの現実!!

なぜに、台数も売れないソフトバンクモバイル向け端末にそこまで傾倒するのか・・・。やはりNTTドコモからシャープはかわいがられていないということなのでしょうか???

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。