アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモスに君と / 戸田恵子

2009年06月04日00時05分
Google急上昇ワードでなぜか戸田恵子が上位にあったんで、クリックしたらこれを見つけました。



皆さんこの曲知ってますか?

ガンダムの原作者、富野由悠季サンライズガンダムの次に手がけたアニメ作品がこの「コスモスに君と」がエンディングテーマであった、伝説巨神イデオンなんです。

私が機動戦士ガンダムファンになったのは、再放送時でしたが、イデオンはリアルタイムで当時アニメオタクで、アニメージュやアニメック、月刊ニュータイプ、更にマニアックな月刊OUT辺りを毎号読みあさり、イデオンも毎週ビデオに録画していました。

当時はまだそんなに普及していなかった高級品であったビデオデッキを、親をそそのかせてパナソニックのマックロードを買わせたのも、アニメオタクとしてどっぷりアニメにハマっていたからこそでした。

ガンダムは名古屋テレビ(テレ朝系列)での放送だったんですが、イデオンは原作、富野由悠季、制作サンライズまでは一緒なんですが、放送はテレビ東京で、プラモデルとかの周辺グッズもガンダムとは全然違う企業が参画していました。

で、富野さんの作品は人間ドラマが主体になっているため、スポンサーのキャラクターグッズが売れずスポンサー受けが悪いため、ガンダム同様にイデオンも途中で打ち切られちゃったんですよね。

このイデオンで、中心的な登場人物の一人である、カララ・アジバ(異星人バッフ・クラン)の声優が戸田恵子で、歌がうまかった彼女は、エンディングの「コスモスに君と」も歌ってたんです。

1980年、私が小学校6年生~中学校1年生の頃の話です。

私は少し判官贔屓なところがあって、少しマイナーな方が応援したくなったり、好きになる事が多いんです。

そんな性格もあったり、ストーリー構成もしっかりしていた作品でしたので、私はガンダムよりイデオンの方が好きです。

でも、一番好きなのはZガンダムなんですけど・・・。

あとイデオンで作画監修を行っていた湖川友謙がキャラクターデザインを手がけ、原作、富野由悠季サンライズ制作、名古屋テレビ放映というパターンであった、聖戦士ダンバインも好きです。

Zガンダム>イデオン>ダンバイン>ガンダム といった序列ですね、私的には。

そんな戸田恵子が、「ショムニ」で大ブレイクし、今やテレビドラマではかかせない女優の一人というのも不思議な気がします。

でも、当時って、アニメは今のように市民権を得ていなかったんで、本当は俳優になりたいけれどもチャンスがつかめなくて声優をやっている方がたくさんいて、声優という職業は今のような花形の職業ではなくて、俳優より一段下の存在として見られていたんです。

そういう意味では今の声優さん達は幸せですよね。ちゃんとした職業として市民権を得ているだけではなく、歌も歌いそのCDもベストテンに入るほど大ヒットしているわけですから。

まぁ、小学生のくせに親にビデオデッキを買わせたように、アニメオタクというのはコレクション癖がありますから、CDとかDVD-BOXが出るとレンタルとかじゃ気が済まずに、買っちゃうんですよね。(笑)

オタクは優秀なサラリーマンで年収も高い人が多いというのは、実際、金持ってないと、オタクってやってられないんですよね。

・・・と、私は解釈しているのですが。

伝説巨神イデオンとか聖戦士ダンバインは、湖川友謙のキャラクターデザインがダメな人には無理でしょうが、そうじゃなければ面白い作品ですので、Wikiprdiaで調べてみたり、レンタル屋でDVD借りて試しに鑑賞してみて下さい。

私のアニメオタク絶頂期のオススメ作品です。

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。