アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモ PRIME series SH-06A レビュー

2009年06月15日00時05分
SH-06A.jpg

お待たせしました。皆さんが今一番気になっている端末、2009年夏モデルとしてNTTドコモより6月11日(木)に発売された、SH-06Aのレビューです。

「これはもうデジカメ」というキャッチコピーや、AQUOS SHOTというネーミングを与えられていることからもわかるように、デジカメを強く意識した端末に仕上がっています。

ちなみに皆さんもご存じの通り、ソフトバンクモバイルのSoftBank 933SHとは兄弟端末で仕様はほぼ同じですが、操作性が若干異なっています。

私がエヴァンゲリオンモデルである、SH-06A NERVの予約日であった6月5日に、ご参考までにと思いアップした「NTTドコモ SH-06A プレ・レビュー」で書いたように、いずれかの側面ボタン長押しによりカメラ機能を立ち上げることが出来るのは、SoftBank 933SH(シャッターボタン長押し)のみで、SH-06Aではビューアポジション時に、待受画面にタッチで表示される待受タッチランチャで静止画ボタンを押さなければカメラは立ち上がりません。

また、設定により、ビューアポジションにすることにより、自動的にカメラ機能が立ち上がるのもSoftBank 933SHのみで、SH-06Aにはそのような機能はありません。

ちなみにSH-06A NERVは予約開始日の6月5日(金)だけで即日完売だったようです。ただ限定台数が事前情報の30,000台完全限定から37,500台に引き上げられたのは、プレミアモデルと煽っておいて、それは反則技だろう・・・と個人的には思いました。

まぁ、そんなわけでスペック的には兄弟端末ですが、カメラの操作性はSoft Bank 933SHのほうが上でしょう。

090614-102245.jpg

090614-102236.jpg

090614-102402.jpg

090614-102541.jpg

カメラ撮影時
090614-102508.jpg

カメラに特化した待受タッチランチャ
090614-102615.jpg

データ閲覧にも対応。カメラがより使いやすい待受タッチランチャ
SH-06Aランチャー

大きく押しやすい独立シャッターボタン
090614-102320.jpg

090614-102353.jpg

こういうことをするから、シャープNTTドコモから心から信頼されず、傍目には嫌われているのでは?と思うような間柄になってしまうのに、シャープはどうしてもソフトバンクモバイルを捨てきれないようですね。

台数的に見れば、富士通のようにNTTドコモ一本に絞った方がおいしい商売が出来るのに・・・と思いながらシャープの動向を見ています。

とりあえず他の機種のように、なぜシャッターボタン長押しでカメラ機能が立ち上がる仕様にしなかったのか・・・悔やまれてなりません。

CCD1,000万画素というのは確かにキレイな写真が撮れるのでしょうが、普段皆さんがブログ用等に撮影する写真は300K程度の容量のものが殆どで、1,200万画素のデジカメを持っていても、バカでかいファイル容量になってしまう最高画素で撮影する機会なんて殆どないはずです。

少なくとも私は1,200万画素のLumix DMC-FX37で300K以外の設定で写真を撮ったことなんて一度もありません。

ということで、確かにカメラの画素数が上がれば、ユーザーには非常に判りやすい訴求ポイントになりますので、メーカー側はそれを追うわけですが、実際には画素数なんて500万画素ぐらいで十分で、それよりも自動シーン認識や動体追尾機能、スマイルシャッター機能、手ぶれ防止機能等がバランスよくまとまっていて、ソフト面でも使い勝手に迷わないような端末が実は一番いい端末のはずなのですが、どうしてもユーザーの関心が画素数に行ってしまうので、メーカー側もそれに応えているのが現状のケータイの有り様だと思います。

ユーザーが1,500ccのカローラより、2,500ccのMARK Xのほうが高級でいいクルマだろうと思うのと一緒です。

実は一番実用的で使い勝手がいいのは1,500ccのFitだったりするわけですが、ユーザーはどうしても数値化された指標で物の善し悪しを判断しがちなため、ユーザーニーズを汲み取るメーカー側もそれに従っているという図式です。

実際、SH-06Aで10MBの設定で写真を撮ったりしたら、撮り終わった後micro SDHCカードに書き込むのに時間がかかりすぎてイライラするはずです。で、結局はメール添付できたりブログアップに丁度いい150~200Kの設定で普段使いするのがオチです。

とりあえずケータイは電話なわけで、元々はカメラではありませんから、デジカメのほうが機能的には一歩先を行ってて当たり前なわけです。

カメラを頻繁に使うのであれば、70,000円も出してSH-06Aを買うよりも23,000円でLumix DMC-FX40を買った方が絶対に充実した生活が送れるはずです。

それが私の結論です。

ちなみにドコモショップ高田馬場店での実売価格は67,200円、そしてSoftBank 933SHの実売価格は95,520円で月月割を24ヶ月間満額受けられた場合、実質負担金は47,520円です。

しかし端末の操作性だけでソフトバンクモバイルを選択するのは、余りにも愚かな選択だと言わざるを得ません。

なぜならばYahoo!ケータイなんかより、遙かにiModeのほうが操作性に優れており、日本全国あらゆる場所で動画を下り最大7.2Mbpsで快適に見られるのは、NTTドコモだけだからです。

動画コンテンツも、S-1バトルなんかより、BeeTVのほうが全然面白いです。またNTTドコモでは、フジテレビが制作し、第一作はオールイタリアロケで、踊る大捜査線のようにシリーズ化する予定の、織田裕二主演の「アマルフィ 女神の報酬」の序章とも言える「アマルフィ ビギンズ」の配信も始まっています。

大容量の質の高い動画コンテンツを楽しめるのは、NTTドコモの端末だけです。全ての面に於いて劣っているソフトバンクモバイルを選択する理由なんてどこにもないのです。

ちなみにタッチパネルは、SH-06A、SoftBank 933SHともに問題なく使えるレベルに仕上がっています。文字入力をタッチパネル化してしまうのはいただけませんが、操作系だけであれば最早タッチパネルも有りでしょう。

というわけで最後になりましたが、好例のスペックを書いて本レビューを閉めたいと思います。

これが回転2軸ヒンジ
933SH 回転2軸ヒンジ

・高さ111×幅50×厚さ16.0mm(最厚部約19.9mm)の回転2軸ヒンジ型
・ホワイト、ブラック、レッドの3色展開
・3.3インチフルワイドVGA NewモバイルASV液晶
・タッチパネル式液晶採用
・データ閲覧にも対応。カメラに特化した待受タッチランチャ
・大きく押しやすい独立シャッターボタン採用
・CCD 1,000万画素カメラ&画像処理エンジン「ProPix」搭載
・高輝度LEDフラッシュ
・風景や集合写真もワイドに撮れる広角28mm撮影
・暗いシーンも明るく撮れる、最大ISO12,800相当の高感度撮影
・花火などを効果的に撮影できる、長時間露光撮影可能。
・狙った被写体を自動追尾するチェイスフォーカス
・コンティニュアスAF
・笑顔フォーカスシャッター
・振り向きシャッター
・顔検出機能
・シーン自動認識
・レリーズタイムラグの短縮
・静止画 Wブレ補正機能
・名刺を読み取り電話帳に登録する名刺リーダー
・自分撮りもキレイな43万画素サブカメラ
・メール・ブログ連携機能
・主なアプリケーションがタッチ対応。横縦切替で自在に操作可能。
・縦画面で快適操作。光TOUCH CRUISER
・カーナビ連携機能「フォトリモ@ナビ」(パイオニア製カーナビ)
・音声入力
・AQUOSブルーレイで録画した動画を転送、再生可能
・高音質と臨場感。Virtual 5.1ch対応ドルビーモバイル
・横画面対応タッチ操作で楽しむワンセグ
・GPS対応
・HIGH-SPEED7.2Mbps
・iコンシェル対応
・iウィジット対応
・iアプリオンライン対応
・iアプリタッチ対応
・WORLD WING (3G+GSM)
・FLV/WMV対応
・Bookmark 200件
・画面メモ保存上限400件

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ


関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。