アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモ PRIME series F-09A レビュー

2009年06月16日00時05分
F-09Aカタログ

今回は6月10日(水)にNTTドコモより発売された、2009年夏モデルのベストバイの呼び声が高い、PRIME series F-09Aのレビューを書きたいと思います。

私も、L-06AとN-07A以外の4機種のPRIME seriesを触って、F-09Aが一番魅力的で、よくできていて、素直に「欲しい!!」と思いました。

実際によく売れているようで、ドコモショップ高田馬場店では、ピンク以外の2色は品切れ状態でした。

F-09Aの特徴はキャッチコピーの「3.4インチ大画面タッチパネル&スライドヨコモーション」に集約されるのですが、まず動画を見るシーンが多くなりつつあるいま、シリーズ最大の3.4インチの大画面液晶はやはり魅力があります。

またF-09Aのヨコモーションスタイルへのスタイル変更が、N-06Aみたいに「何でそういう動きやねん!!」と何度触っても思う、違和感のある方向に端末が動いてスタイルが変わるのに対して、非常に自然で違和感なく行える点も評価できます。

iMode通常利用時 文字入力は入力しやすい10キーで
090614-101947.jpg

通常iModeサイトの場合。フルブラウザであれば横画面がフルに使えます
090614-101956.jpg

また今回のヨコモーションは、F904i、F905i、F906iで採用されていた左右非対称型ではなく、サイクロイドのように横向きにした画面がセンターに来るように改良されています。

実際3.4インチというのは、3.1インチのP-07Aなんかと比べものにならないくらい、動画やワンセグを見るのに適していて、迫力のある動画を楽しむことが出来ます。

大画面ヨコモーションで迫力のある動画やワンセグを楽しめます
090614-102128.jpg

縦モードでワンセグを見た場合
090614-102149.jpg

タッチパネルもよく練り込んで作られていて、スライドを閉じた状態で、直感的に操作ができます。

大きなボタン表示の「待受ランチャー」

F-09A大きなボタン表示の「待受ランチャー」

090614-101426.jpg

待受ランチャーのボタンが大きい点も評価できます。

デザインもこれまでの富士通のイメージを一新するかのような、ある意味ブランド品であるアップルのiPhone 3Gにも通じるような高級感のある上質な物になっています。

カメラは2009年夏モデルで主流である約810万画素で、自動シーン認識、手ブレ補正、被写体動き検知、暗いところでも写真が撮れる最大ISO3200相当に対応した高感度撮影に対応、笑顔自動認識といったトレンドに載った機能に加え、瞳を美しく調整する「ひとみ強調モード」、「美肌モード」といった機能も搭載しています。

カメラで背景を映してみました
090614-101443.jpg

約810万画素カメラ
090614-101636.jpg

デジカメライクに構えた時に、右人差し指で一番押しやすい、本体右側面の一番下のボタンがシャッターボタンになっており、タッチパネルからの起動だけではなく、シャッターボタン長押しでカメラ機能が立ち上がるようになっています。

一番右のボタンを長押しでカメラが立ち上がり、シャッターボタンにもなる
090614-101450.jpg

シャッターボタン長押し=カメラ機能立ち上げが、全てのケータイのデフォルト操作になるべきだと私は思っていますので、F-09Aはこの点でも合格点です。なんでSH-06Aがそうじゃないのか、理解に苦しみます。

一つ注文を付けるとすれば、シャッターボタンは可能な限り大きなボタンにしたほうが、ユーザーにはよりわかりやすく、使いやすいカメラ機能になると思います。

またケータイの動きを感知するモーションセンサーを搭載しており、ケータイを横に傾けると全画面、縦に戻すと縦画面レイアウトになるオートローテーションに対応しています。

具体的には、撮影した画像を表示する際は、F-09Aの傾きに合わせて縦横や表示サイズを自動的に切り替えたり、ワンセグ視聴中、ワンセグビデオ再生中、フルブラウザ画面表示中、動画・iモーション再生中、PDFデータ表示中、マイピクチャ、その他ファイル(Word、Excel、PowerPoint)の表示中などにこの機能は対応しています。

ロケーションレーダー

F-09Aロケーションレーダー

このモーションセンサーの搭載に併せて、目的地をサーチするだけで、すぐに方向と距離を教えてくれる「ロケーションレーダー」も搭載しています。最寄りのコンビニや銀行などもレーダー画面に表示してくれ、細かな地図表示が苦手な人にも最適です。

実際、地図アプリを使って街中で近隣のコンビニ等を検索し、ナビゲーション機能を使おうとした場合、GPS機能だけでは本人がどちらを向いているかまではナビアプリは感知しませんので、どちらに向かって歩いても「ルートから外れました」というエラーの連続で、実際街中での徒歩ナビにナビアプリは使えないと感じていた私から見れば、よくぞ電子コンパス機能を搭載してくれた!!と、富士通さんに拍手を送りたい気持ちです。

スペースジム&ヘルスチェッカー

F-09Aスペースジム

他にも「F」独自の機能として、らくらくホンに搭載していた健康関連のアプリケーションを進化させた、運動強度をリアルタイムに計測するエクササイズカウンター(活動量計)も搭載されています。

この機能は、正確な消費カロリー量を測定できる身体活動量測定アルゴリズムを実装した専用エンジンを、世界で初めて搭載することによって実現されています。

健康管理関連アプリとしては、脈拍を測定できるパルスチェッカーや、タニタ社製体組成計、血圧計と連携し、各種測定値を赤外線で簡単に送受信させ、毎日のデータをグラフで表示・管理することもできます。

更にiアプリ「ヘルスチェッカー」からモバイル版「からだカルテ」が利用でき、タニタ社の健康応援webサービス「からだカルテ(有料サービス)」との連携により、日々の健康管理ツールとしても使えます。

このような健康管理ツールは、au Smart Sportsが好評で、日々の運動や健康をサポートする機器として、auケータイがユーザーを増やしていることに対する、NTTドコモの回答だと私は見ています。

まずはNTTドコモと一番関係が密な富士通の端末にその機能を実装し、好評であれば他機種にも広げていく戦略でしょう。

あとこれまでの「F」でお馴染みの、一発検索サーチキーも健在です。

Bluetoothについては、最早ハイスペック端末では対応していて当然ですので、SH-06Aの時は書きませんでしたが、905iシリーズ以降のハイスペック端末は、ほぼ全てがBluetooth対応です。

また、今回の「F」はマルチリンガル機能設定をONにすることにより、中国語(簡体字)メールの送受信も出来ます。クイック検索ウィンドウから簡体字でメールの検索も出来ます。

これも、NTTドコモと一番関係が密である富士通が3Gケータイ端末で世界市場、特に3Gサービスがこれから本格的に普及する世界最大のケータイ市場である中国へ進出するための足がかりとするための機能でしょう。

最後になりますが、主要スペックを書いて今回のレビューは閉めたいと思います。

・ブラック、ピンク、ホワイトの3色展開
・高さ114×幅51×厚さ18.5mm(最厚部18.6mm)
・スライドヨコモーションケータイ
・3.4インチフルワイド大画面VGA液晶(480×960ドット)
・約810万画素CMOSセンサー 高画質AFカメラ
・撮影状況を自動で認識する自動シーン認識
・手ブレ補正、被写体動き検知、最大ISO3200相当の高感度撮影
・笑顔自動認識、ひとみ強調モード、美肌モード搭載
・傾きに合わせて画面が回転するオートローテーション
・エクササイズカウンターを始めとした、毎日の運動、健康管理機能搭載
・GPS機能+電子コンパス搭載
・ロケーションレーダー搭載
・様々な検索が一発で行える「F」でお馴染みのサーチキー搭載
・曲と同時に歌詞も楽しめる「うた文字」対応
中国語(簡体字)メール送受信、検索機能
・ATOK
・ワンセグ
・Bluetooth
・WORLD WING (3G+GSM)
・テレビ電話
・置き忘れセンサー付きセキュリティロック
・相手の声がはっきり聞こえるスーパーはっきりボイス2
・クリアな音声を相手に伝えられるダブルマイク
・ヨコモーションにするだけで設定した機能が自動起動
・多彩なショートカット
・クイックスケジュール
・HIGH-SPEED7.2Mbps
・iコンシェル対応
・iウィジット対応
・iアプリオンライン対応
・iアプリタッチ対応
・FLV/WMV再生対応
・Bookmark 200件
・画面メモ保存上限200件

とにかく私もすっげ~欲しい端末です!!2009年夏モデルはF-09Aで決まりでしょう!!ちなみに、ドコモショップ高田馬場店での実売価格は68,040円です。

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。