アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックカメラとヤマダ電機とヨドバシカメラ

2007年09月26日04時07分
7月の終わり頃にLABI池袋に初めて行った時から「池袋家電大戦争 ビックカメラは生き残れるのか? 」と題して書き始めた記事があるのですが、どんどん長文になっていくわ、どんどん業界再編話はあるわでアップし損なっています。そんな中、先週3回目の LABI池袋体験をしました。

てゆーか、今回の本丸はビックカメラのほう。iPod classicのAppleCare Protection Planのパッケージを買いに行こうと思って、ビックカメラに電話して値段を聞いたところ、担当部署からの折り返しということですぐに値段がわからなかったため、今度はLABI池袋に電話して聞いたら「お電話では価格はお知らせできません!!」とか言いやがんの。

AppleCare Protection Planなんて定価販売でどこもポイント5%だから別にそんなにもったいぶらなくてもい~じゃん・・・と反感を覚えつつ、待つこと15分ほど。ビックカメラから7140円ですとの電話が。

ポイントはもう一つ。いただきマーケットで貰った3000円分のVISAギフトカードがあったので、それを使うことを念頭にポイント還元率を確認したところ、現金の2%引きつまりクレジットカードと同じ扱いで3%のポイントが付くということをその場で確認しました。

意外と知らない方も多いと思うのですが、ヨドバシカメラでクレジットカード会社発行のギフトカードを使うとポイントゼロなのに対してビックカメラはクレジットカードで買った時と同じ割合でポイントが付与されます。

ギフトカードを使うならビックカメラがオトクです。

同じ事をヤマダ電機にも聞いたら、なんだか知らないけどJCBとUFJニコスはOKだけどVISAギフトカードは「お取り扱いなし」なんだそうな。ダイキンのエアコンは売ってないし、なんなんだろうね~この店は。好き嫌いが激しい会社なのでしょうか?

これでビックカメラに行くことが決定したわけです。

いや~久しぶりに入りました。ビックカメラ本店。正面入り口のエスカレーターがシングル×2つに増えてはいるけれど、相変わらず下りエスカレーターはないし、2階から上は上りエスカレーターもシングル1つ。

上の方まで上ったらいつまで経っても来ない、頭の悪そうな2機のエレベーターを待つか歩いて降りてくるしかない、客に苦行を強いるかのようなビルの諸設備。ビックカメラは新宿西口や有楽町みたいに潰れた百貨店の後に出店した店舗はともかく、古くからある池袋の各店はみ~んなこんなカンジで、上下の移動手段が小さなエレベーターしかないからお世辞にも楽しいショッピングとはいきません。

それをズバリと指摘したのが、ヤマダ電機が提唱する「LABI池袋がご提案する 他社には真似できない お客様への5大サービス」です。

サービス1 全館上り・下り専用エスカレーター完備!
サービス2 お客様専用エレベーター3台完備!
サービス3 各フロアトイレ完備!身障者用トイレも1Fにあります
サービス4 広い通路で見やすい!選びやすい!
サービス5 各フロア休憩スペース完備!

どれも新しい商業ビルであれば当たり前のことなのですが、ビックカメラはそのどれをも満たしていません。下りのエスカレーターはなく、エレベーターも2機でなかなかやって来ない。通路は狭く雑然としていて、トイレも各フロアにはない。

ヤマダ電機はコジマと戦っていた時と同様に、今は明らかにビックカメラに名指しで宣戦布告していることは誰の目から見ても明らかです。

通販なんかを使った限りじゃ、正直ビックカメラもヤマダ電機もどっこいどっこいのレベルです。通販というのはまさに流通業の真骨頂で、納品の早さと正確さでその企業のシステム化の完成度合いがわかります。

その点から考えてもトップに君臨するのは、15時までに決済すれば在庫がある商品なら当日中に物流センターから出荷を完了するヨドバシが断トツです。都内であれば翌日には物が届きます。イオンも16時までに決済すれば物流センターは新潟にあるにも関わらず、翌日には都内に届きます。

一方のビックカメラとヤマダ電機は数日かかることはザラで、下手をすれば1週間から10日間も待たされます。

ビックカメラは対応が全て後手後手で、少しでも安ければ客は来てくれると考えていたのでしょうが、店舗展開でライバルと目していたヨドバシに先を越されたため、あわてて大型店舗を主要都市に出店し始めました。

しかしヨドバシの梅田や博多、そして秋葉原はそれこそ構想何年というレベルで準備を進め、しかも全て自社ビルです。株式公開することなく自己資本だけであの梅田と秋葉原の一等地を落札できるほどの蓄えがあったのは驚異的と言わざるを得ません。

それはヨドバシの高度なシステム化が成し得た技で、販売額はヤマダに比べれば少なくても粗利益率は業界断トツトップという経営の質の高さが支えています。

ビックカメラはヨドバシに対抗するには価格を引き下げるしかなく、ただでさえシステム化で後れを取っていて販管費がヨドバシより嵩むにも関わらず安売りに走るしかなく、粗利益率は下がる一方、更に宿敵だと勝手に思いこんでいたヨドバシに対抗するために多店舗化する道を選び、その資金を得るために上場までしました。

そうしてヨドバシばかりを気にして後を追いかけていたところに、背後からヤマダ電機が忍び寄ってきました。販売粗利益率が圧倒的に高く、資金面でも盤石なヨドバシに戦いを挑むのは避け、ヤマダ電機はそのいずれでも劣るビックカメラを堕とすために都内でのLABI1号店を池袋のあの場所にしたのでしょう。

その後のビックカメラのなりふり構わぬ動きは、このままではヤマダ電機に潰されるという危機感の表れでしょう。

しかし、もう遅いと思います。それは数字を見れば明らかです。

ヤマダ電機総資産 5500億円
利益剰余金    1580億円
有利子負債    700億円

ビックカメラ総資産 1968億円
利益剰余金     180億円
有利子負債     809億円

エディオンやベスト電器と手を結んだところで、仕入れの共同化により家電メーカーからの卸値が若干改善するくらいで、ヤマダ電機の仕入れ値と大きく差が開くことはないでしょう。

であれば、寄り合い状態のビック+エディオン+ベストよりは、指揮命令系統が一本化されているヤマダ電機の方が遙かに強大でしょう。

ヤマダ電機は最近では、カーナビやリフォームといった分野にも参入し始め、売れる物は何でも売ろうと考えているように見えます。実際、そのようにして一昔前のディスカウントストアのように家電を中心に何でも売らなければ、この先人口が減少する地方に多数の店舗を抱えたヤマダ電機は年々年を経って嵩んでいく従業員の人件費に押しつぶされた第一家庭電器と同じ道を歩む可能性があります。

一方のヨドバシは恐らくこれ以上多数の店舗を出店することはないでしょう。首都圏の主要ターミナルと主な政令指定都市に出店した今の店舗網で恐らく日本の総人口の70%ほどはカバーできているのではないでしょうか?首都圏だけで人口は4000万人です。日本人の1/3が首都圏に集中している現実は、ヨドバシにヤマダやビックのような闇雲な多店舗出店を思いとどまらせるでしょう。

最後に勝つのは全国あまねく店舗を持つ何でも屋となったヤマダか、はたまた人口密集地にピンポイントで出店し効率経営を進めるヨドバシか?10年後には結果が出るのではないでしょうか?


時計好きのためのブランド専門ショッピングサイト
株式投資基礎など、証券投資や投信信託について学べる通信講座

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ

関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。