アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯販売ランキング(6月15日~6月21日)

2009年06月29日00時10分
6月第3週、6月15日(月)~21日(日)のケータイ販売ランキングがでましたので、眺めてみたいと思います。


6月21日まで


携帯販売ランキング(6月15日~6月21日)


ずっとトップを走り続けていたウィルコムのHONEY BEE 2が、先週7位に一気にランクを落とし、今週も引き続き7位でした。

これは月月割と同じシステムで、24ヶ月以上利用すると、端末金額が0円になるキャンペーンが終了したためでしょう。

その他のランキングはほぼ思った通りの順位になっています。

ユーザーがケータイを選ぶ際に一番重視するポイントである、カメラ機能に於いて、殆どデジカメと言ってもいいカタログスペックを持つ、SH-06Aが順当に1位になりました。

やはりデジカメライクに写真を撮れて薄い端末を好むというユーザーの傾向はそのままのようです。

SH-06Aは、「これはもうデジカメ」というキャッチコピーが付けられているほど、デジカメを強く意識した端末となっており、ユーザーのニーズをうまく汲み上げた結果でしょう。

実際、当どろんじょ屋敷のアクセス解析ログを見ていても、SH-06A関連のフレーズが非常に多く、ユーザーが一番気になっている端末がSH-06Aであることが、手に取るようにわかりました。

2位にランクインしたのは、さすがにスーパーボーナス一括0円はもうどこでもやっていないであろうと思われるSoftBank 830Pがランクインしました。

これはスパボ一括0円は終了したものの、スマート一括という販売方式があり、このスマート一括で購入できる対象端末にSoftBank 830Pが入っているためでしょう。

スマート一括というのは、2年間拘束のホワイトプランで新規加入し、同時に指定機種をスマート一括用販売価格で購入すると、購入代金が15,750円割引されるというもので、実際の販売金額はまだリサーチしていませんが、恐らく10,000円を切るような価格で販売されているためでしょう。

このスマート一括時の実質販売価格は調査して、後日改めてご報告させていただきます。

2位から1ランクダウンで3位のF-09Aも順当でしょう。実際F-09Aには、新たな機能が多数盛り込まれており、非常に魅力のある端末に仕上がっています。

4位にはやはり売れると思われた防水かつCCD800万画素カメラが売りの、SH-05Aがランクイン。

5位には先週の3位から2ポイントランクを下げた、これまたハイスペック&究極の薄型折りたたみ端末、N906iμ→N-02Aの流れを汲む本命端末であるN-08Aがランクイン。

6位にはau唯一のトップ10圏内のW64Sが入っていますが、W64Sは実質的にはシンプル一括0円で販売されている0円端末ですから、価格だけでしょう。

ちなみにau部門のトップ10圏内の端末の中で、お金を取って販売しているのは、4位のEXLIMケータイ W63CA、7位の2009年夏モデルの中でもリーズナブルな薄型折りたたみケータイK002、8位のbiblio、9位のCyber-shotケータイ S001の4機種のみで、他の6機種は全て新規シンプル一括0円端末です。

7位には前述したとおり、HONEY BEE 2がランクイン。

8位には他の防水ケータイより更に上のIPX8等級の防水機能を持ち、水深1.5mでもカメラ撮影可能なF-08Aがランクインしました。

9位には超ロングセラーのらくらくホンⅤがランクイン。らくらくホンベーシックIIの特別割引販売がほぼ終了したため、らくらくホンベーシックIIは総合トップ10どころか、NTTドコモ部門のトップ10からも姿を消しました。

そして最後、総合トップ10にランクインしたのは、トリニティスタイルVIERAケータイP-07Aが入りました。

やはり動画を見るのには最早小ささを感じてしまう3.1インチ液晶と、改良が加えられてはいるものの、P905iから数えてWオープンは4世代目に当たるため、ユーザーの中でいい加減飽きられているのが、SH-06AやF-09Aとの売れ行きの差に繋がっているものと思われます。

ちなみにNTTドコモ部門トップ10にさえ、N-06Aは入っていません。思った通り厚みの感じられる、あのおかしな動きをする筐体がユーザーから避けられているのでしょう。これでもう、さすがにNECも次のPRIME seriesは別デザインの筐体を用意せざるを得なくなったも同然でしょう。

「N」だけではなく「P」も販売の下落傾向が鮮明ですので、そろそろ抜本的に端末デザインを変更しないと、「N」に引きずられるように販売も低迷してしまうでしょう。

パナソニックは唯一、タッチパネル端末をリリースしていませんが、要素技術はある程度確立しているのでしょうか?今後はタッチパネル端末が主流になっていくでしょうから、そろそろ本格的にタッチパネル端末を開発しないとヤバイと思います。

次の2009年冬モデルは、爆発的に売れた905iシリーズを購入したユーザーが、2年間の拘束期間を満了し、いい端末があれば、考えられないほど大ヒットする可能性がある、端末製造メーカーにとっても気の抜けない一大商戦になることが予想されます。

「N」と「P」がどんな端末をリリースしてくるのか楽しみです。

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。