アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月販売台数、軽自動車までぶち抜いてプリウスが販売トップに

2009年07月07日02時29分
20年ぶりくらいにTSUTAYAでレンタルしてきた「伝説巨神イデオン 発動篇」を見ていて、こんな時間のブログ更新です。

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】 [DVD]伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】 [DVD]
(2001/01/27)
塩屋翼田中秀幸

商品詳細を見る


いや~。今見ても、衝撃的なラストです。登場人物全員死んじゃうんですから・・・。

で、プリウスなのですが、昨日のニュースですが、あまりにも衝撃的だったものですから、今更ながら書こうと思います。

今までずっと販売台数ではトップであった軽自動車を抜いて、6月の車名別新車販売の総合ランキング(軽自動車を含む)で、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が前年同月比約3.6倍の22,292台と、ハイブリッド車で初の首位になりました。

2008年1月以降、首位を独占してきた軽自動車を6,000台以上も引き離すぶっちぎりの独走です。

新型プリウス
ただハイブリッド車人気は、既存乗用車の需要を食いつぶす側面も持っており、トヨタとホンダでは販売戦略が分かれつつあるようです。

5月18日の発売前から注目されていて、事前予約も相当数入っていた新型プリウスですが、「受注は20万台とかつてない水準」と、トヨタの豊田章男社長は6月25日の就任会見でも、売れ行きの手応えを話していましたが、その勢いのまま発売わずか2カ月で、前月まで6カ月連続で総合ランキング1位の軽自動車「ワゴンR」を抜き、軽を含む自動車として1乗用車で1年半ぶりにトップを奪い返す快挙を達成しました。

ライバルのホンダ「インサイト」も同7位と好調で、他の車種も合わせた6月のハイブリッド車の販売台数は計34,152台と、販売シェアは軽を含めた新車販売全体で8.9%に上昇しており、乗用車だけに限れば14.0%にものぼります。

そんなトヨタとホンダでは微妙にハイブリッド車に対する取り組みが異なり始めています。

国の支援を追い風にハイブリッド車の普及を一気に進めようとするトヨタに対して、ホンダは小型車「フィット」やミニバン「フリード」など既存の売れ筋のガソリン車の販売との共存共栄を図る戦略を模索しています。

実際、トヨタはプリウス絶好調の陰で、カローラが前年同期比半減と大きく落ち込むなど「トヨタ勢同士での食い合い」も目立つ一方で、ホンダはガソリン車の販売にも力を注ぎ、フィットが5位、インサイトが7位、フリード11位と人気の3車種をバランス良くランクインさせています。

メーカー別の6月新車販売台数でもホンダは前年同月比5.7%増のプラスを記録。車種が多いこともありますが、トヨタの6月の新車販売台数は同11.4%減と対照的な結果となっています。

トヨタは今月中旬に高級車、レクサスブランドのハイブリッド車を値ごろ感のある400万円前後で投入し、さらにハイブリッド車の車種を拡大する方針である一方、ホンダは「ハイブリッド車に見合った価格設定をしなければ、他の車が売れなくなる」とハイブリッド車の急拡大路線には慎重です。

今後はSUV(スポーツタイプ多目的車)などにハイブリッド車種を広げる際にも、既存ガソリン車との食い合い防止の工夫を探る考えを強調しています

6月の乗用車販売ランキング

1 プリウス (トヨタ) 22,292台 (+257.8%)
2 ワゴンR (スズキ) 16,185台 (-4.9%)
3 ムーブ (ダイハツ 14,935台) (+1.8%)
4 タント (ダイハツ) 13,243台 (-14.7%)
5 フィット (ホンダ) 13,016台 (-11.5%)
6 ヴィッツ (トヨタ) 9,092台 (-7.7%)
7 インサイト (ホンダ) 8,782台 ( - )
8 パッソ (トヨタ) 7,692台 (+14.7%)
9 アルト (スズキ) 6,955台 (+33.5%)
10セレナ (日産) 6,657台 (-0.9%)

エコカー減税や買い換え補助費が少ない軽自動車は軒並みランクを落としていますね。一方のハイブリット車は、エコカー減税額や買い換え補助費が多いため、ハイブリッドカーのオトク感が強調された結果が、先月の販売ランキングの結果でしょう。

私がステージアを買った、ちょうど半年後くらいに初代プリウスが発売されて、もう半年早くでていれば、絶対に買ったのに・・・と悔しい経験をしたことがあります。

今や、セレブも車格が下でもハイブリッド車を選ぶ時代です。

各メーカーの自動車毎の車格のヒエラルキーが、崩れ去りつつあるように思います。

自動車メーカーは、下はヴィッツから上はレクサスまでという、商品展開を抜本的に考え直す時期なのかもしれません。



おいしい桃はいかがですか

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。