アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝さん レコーダー事業から撤退しないで!!

2008年02月20日10時29分
東芝がHD DVD事業からの撤退を正式にプレスリリースしました。それに伴い、今後ブルーレイ方式でのレコーダーの発売は明言せず、事業からの完全撤退の可能性を示唆しました。

それはないんじゃないでしょうか?

確かに選択と集中を進める東芝にとってAV機器事業は基幹事業ではありません。しかし薄型大型テレビを今後も継続して販売するのであれば、それと対になるレコーダーは必要な駒のはずです。リンク機能が使えるレコーダーがなければ、同様の機能を実装している競合他社(ソニー、パナソニック、シャープ)より明らかに競争力は落ち、REGZAの商品力も落ちることを意味します。

レコーダー事業から撤退するのであれば、今後トップシェアを狙うことはまず不可能な有機EL方式も含めた大型薄型テレビ事業からも撤退するのが理にかなった選択であるはずです。

HD DVDレコーダーを買ったユーザーからの信頼を失うだけではなく、REGZAリンク機能を理由にREGZAを買ったユーザーまでをも裏切り切り捨てるつもりなのでしょうか?

総力を挙げれば、北京オリンピック開始前のAV機器商戦の天王山となる夏商戦までにブルーレイ方式でのレコーダー開発は可能なはずです。HDDとDVDを搭載した、今のレコーダーのコンセプトモデルを考案して、今までRDシリーズを常に進化させ、ここまでほぼ完璧なレコーダーを作ってきた開発メンバーの立場は一体どうなってしまうのでしょうか?チーム丸ごと解散ですか?それはあまりにもひどいのではないでしょうか?

現在のレコーダーはHD DVDかブルーレイかとか、松下のブルーレイドライブか、ソニーのブルーレイドライブか、はたまた今後登場すると思われるDVDマルチドライブでトップシェアを走り続けたLG電子のドライブかというような要素技術は単なるパーツに過ぎず、それ以外のソフトウェア部分の出来の善し悪しが製品の完成度に直結しています。

その意味では、東芝のレコーダーのソフトウェア技術は間違いなくトップレベルであり、この価値ある資産を捨て去ってしまうのはあまりにももったいない話です。自社で使わないのであれば、au携帯電話のOSであるKCP+のように他社にライセンス供与してでも残すべきでしょう。

しかしそれもまたあまりにも勿体ない話です。大型薄型テレビはもはやどのメーカーの製品も画質の美しさに違いはなくなっており価格が全てといった価格競争に突入しています。この動きは今後も変わらないでしょう。

であれば、別の部分で付加価値を付けるしか競合メーカーとの差別化、優位性のアピールをする術はありません。東芝が今まで築き上げたレコーダーのソフトウェア資産はその付加価値に十分になりうるものだと私は思っています。

レコーダーの使い勝手の良さとそれを連動して使えるREGZAリンクを売りにすれば、REGZAの販売拡販も狙えるはずです。しかも東芝は自社でパネル事業を展開していないため、REGZAリンク対応機器を購入しておけば、今後液晶がマイナー規格になって有機ELがメインになった時にもユーザーはレコーダーを買い換える必要がなくなります。

シャープは間違っても有機ELには走らない(というか今更そっちにまで投資できないでしょう)でしょうから、テレビのメインストリームが有機ELになった場合、AQUOSレコーダーはゴミになる可能性もあるわけです。

いつも東芝さんのドメインはアクセス記録でお見かけするので、私のこの意見もきっと読んで下さっているものだと確信しています。

東芝さんの英断を望みます。



16畳までペットやタバコといった生活悪臭を科学的に吸着除去!
有害化学物質も除去するためハウスシックにも最適!
おまけに花やアロマオイル等の芳香は消臭しない

どろんじょも使っているオススメ商品!東芝エアリオン・ワイド \7,675~
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。