アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車革命を日本経済は乗り越えられるのか

2009年10月28日23時53分
==========
NIKKEI NET (10/23 14:49)

<東証>GSユアサが一段高 テーマ株物色で環境関連株買い

(14時25分、コード 6674)続伸。後場に一段高となり、前日比40円(5.1%)高の822円まで上昇した。来週から本格化する国内主要企業の4~9月期決算を見極めたいとのムードが広がり自動車大手などの上値が重い一方、目先の業績動向とは関係なく将来への期待から買いが入りやすい環境関連株に再び物色の矛先が向かった。市場では「日経平均株価が狭い値幅で推移するなか、手詰まり感からテーマ株を売買しているようだ」(東海東京証券の鈴木誠一マーケットアナリスト)との声もあった。

ほかにもリチウムイオン電池関連では、日立グループの新神戸(6934)が後場に前日比122円(12.0%)高の 1137円まで急伸。正極材料を手掛ける戸田工(4100)は後場に年初来高値を更新した。電気自動車向けのモーターを供給している明電舎(6508)も大幅続伸している。〔NQN〕

GSユアサ株価チャート
GSユアサ株価チャート
==========

電気自動車関連株が急騰しています。

GSユアサは、私がデイトレードを行っていた頃に、将来的な可能性を材料として、何度か利用した銘柄でした。

当時の株価は300円前後だったのですが、今年の6月中旬には1,200円を超える水準までまで急騰しています。

自動車の動力源が、電気に変わり一番大きく変化するのは、その部品数です。現在のガソリン車は1台当たり約30,000もの部品が使われているのに対して、電気自動車であれば約10,000の部品、更には部品をユニット化することにより、最終的には現在のガソリン車の1/10程度まで部品点数が減るであろうと予測されています。

日本の主力産業は言うまでもなく自動車産業です。

自動車産業というのは非常に裾野の広い産業です。車体を組み立てて販売している、トヨタやホンダのような企業を頂点として、その下には一次下請けとしてデンソーのような企業がまずあります。

下請けと言っても、一次下請けレベルの企業は東証一部に上場している大企業ばかりです。例えばデンソーは、従業員数約16,000人、売上高は5,600億円にも達する大企業です。

二次、三次下請けレベルでも、かなり規模の大きい企業ばかりです。

その下に重層化して存在する、小さなネジのような部品を作っている町工場で働いているような人まで含めれば、現在日本で自動車産業に関連した仕事に従事している人は、約515万人、全就業者数の8%にも達するのです。

働いている人の12人に1人は、自動車製造関連の仕事に従事しているのです。

パーツが30,000から3,000に減ると言う事は、単純に考えれば515万人のうち51万人を除く460万人もの人々が、職を失う可能性があるわけです。

パーツは数が減るだけではなく、パーツの材質も加工が難しく価格も高い金属から、製造が簡単で価格も安く、かつ軽量なプラスチックのような素材のパーツに置き換わるでしょう。

それは、エンジンのような高熱を発する内燃機関がなくなるため、ラジエーターのような冷却機関も必要がなくなり、熱伝導性や耐熱性を考慮する必要がなくなり、パーツが金属である必然性がなくなるからです。

家電を例にすればわかりやすいと思うのですが、高熱を発する電子レンジやオーブンのような家電は、筐体が金属で出来ていますが、テレビやBDレコーダー、掃除機のような発熱しても、そこまで高温にならない家電にはプラスチックが多用されています。

自動車のボディーも、車体の総重量を軽くした方が、当然燃費もよくなりますから、金属から軽量かつ強度も金属製部品に劣らない、炭素繊維複合材に置き換わる可能性が高いでしょう。

そうなると、日本の鉄鋼メーカーの独壇場である、薄くて軽量であるにも関わらず、強度の高い、自動車のボディーに使われている特殊鋼は、販路を失い日本の大手鉄鋼メーカーは壊滅的な打撃を受けるでしょう。

実際、最新鋭の航空機であるA380やボーイング787では、燃費の向上を目指して、機体の軽量化を徹底的に進めるため、これまで金属で構成されていた多くのパーツが、炭素繊維複合材に置き換わっています。

駆動系パーツも、ガソリン車では複雑な構造のエンジンや変速機等のパーツで構成されていたのが、電気自動車になれば、構造が単純なモーターと動力を伝えるベルトのようなパーツだけで済んでしまいますので、当然パーツの数も大幅に減少します。

日本のお家芸であった、金型を用いた金属で出来たパーツの大量生産技術が必要なくなると、これまでそのようなパーツを製造していた企業は、いま、取引先を失い軒並み倒産するか、電気自動車のパーツを製造する企業に生まれ変わるかの二者択一を迫られています。

ガソリン車から電気自動車への変革に於いて、これまでのようなトヨタやホンダを頂点としたピラミッド構造の系列企業は、電気自動車のパーツを量産できる企業に生まれ変わることが出来れば、これまで通り系列に残れるでしょうが、生まれ変わることが出来なければ、これまで自動車産業とは縁もゆかりもないような企業に何十年にも渡って取引をしてきた、大事な取引先(親会社)を奪われることになるでしょう。

自動車革命により、自動車のパーツを製造するメーカーが一変するということは、日本の産業構造そのものが一変することを意味しています。

具体的には、トヨタやホンダの取引先は、金属を加工してパーツを製造していた企業から、炭素繊維複合材のような新しい素材に強い企業やエレクトロニクス関連企業に大きくシフトするでしょう。

現在でさえ、自動車のパーツの1/3は電装品であり、自動車は走るコンピューターと言ってもいいような存在であるのが、更に電装品の占める割合が高くなり、結果として自動車は電化製品と化すわけです。

幸いにも、日本は自動車産業だけではなく、電池やエレクトロニクス分野、更には炭素繊維複合材のような新素材の分野でも、世界の最先端を走っています。

特に新素材の分野では、世界中でぶっちぎり状態の独走状態です。

これまでのガソリン自動車産業の系列が崩壊しても、電池の技術力やエレクトロニクス分野、新素材分野といった電気自動車の要素技術は、現在日本が世界中でもトップを走っている分野ばかりです。

産業の構造転換は必ず起きます。

しかし、電気自動車の要素技術が世界で、かつ唯一国内に全て揃っている日本の産業は、例え国内の自動車メーカーが衰退したとしても、バッテリーに強い三洋電機やパナソニック、炭素繊維複合材に強い東レのような企業が、更に規模を拡大し、雇用を吸収する存在となり、電気自動車時代に於いても、日本経済沈没はなんとか免れるのでは・・・と思うのは楽観的過ぎるでしょうか?


愛車の手入れをトータルサポート!
インナーサイレンサー

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。