アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモ 2009年冬春モデルのトレンド

2009年11月22日06時00分
今年の夏モデルまでは、主にフルブラウザ利用時を想定した、横向き利用時のユーザーインターフェイスを考慮した、サイクロイド端末やヨコモーション端末が存在していました。

しかし私が以前述べた、「現在の料金体系ではユーザーがフルブラウザを敢えて利用するメリットはなく、結果的にフルブラウザの使い勝手をよくするためのギミックは必要とされていない」という結論を踏襲するかのように、「P」以外は横向きインターフェイスのためのギミックの採用を止めてしまいました。

横向き利用のアプリケーションとしては、フルブラウザ以外にワンセグ視聴や動画の視聴もあるわけですが、「P」以外のPRIME seriesは、回転二軸ヒンジを裏返した形での操作において、ボタンではなくタッチパネルを採用しており、最早タッチパネルが主流派になりつつあると言ってもいいでしょう。

またタッチパネルの操作性が上がるにつれて、回転二軸ヒンジタイプの方が、サイクロイドやWオープンに比べ、よりデジカメライクにカメラ機能を使える点も、回転二軸ヒンジ+タッチパネルが主流派になりつつある要因でしょう。

私は以前、P905iの「使いかたナビ」を、褒めちぎった事があるのですが、この機能が2009年冬春モデルでは「使いかたガイド」と名称を変え、全モデルに標準搭載されました。

これでもう、どの端末を選択しても、操作方法をあの分厚いマニュアルで探す必要がなくなります。

2009年冬春モデルで新たに搭載された機能には、オートGPSもありますが、この機能に抵抗があるのは私だけでしょうか?

自動的に所在地がGPSで測位されると言う事は、仕組みさえあればケータイの電源が入っていれば、24時間監視されているようなものです。

また頻繁にGPSで居場所を測位されると言う事は、その都度大量のパケット通信が発生するわけで、それはイコール、バッテリーの持ち時間がかなり短くなることを意味しています。

プレミアクラブで「FOMA 補助充電アダプタ 01」が貰えるのは、新サービスを使う事により、朝、家を出てから、夜、家に帰るまでバッテリーが持たなくなるユーザーが増えることを見越してのことなのでしょうか?

そもそもiコンシェルというサービス自体に私は疑問を感じているのですが、本当にそんなに便利ですか?>iコンシェル利用者の皆様

どんどん情報がプッシュされてくると言うのは、なんかやり過ぎのような気がします。

最後にこれは2009年冬春モデルから始まった話ではないのですが、NTTドコモはケータイで聴く音楽を今後どうするつもりなのでしょうか?

SO903iを使っていた友人は、ATRAC形式のお気に入りの楽曲がケータイに多数入っていたらしいのですが、ご存じの通り現在ATRACをサポートしている機種はNTTドコモには存在しておらず、結局彼はそれらの楽曲を保存することを諦めたそうです。

以前は確か全機種が対応していた、SDオーディオが、気付いてみたら「SH」と「F」は非対応になっています。

SDオーディオは確かにマイナーな規格ですが、一度標準として採用したのであれば、最後までサポートすべきです。

SDオーディオがATRACのような運命を辿らないことを祈るばかりです。

auのように全機種に一貫性を持たせないと、機種変更する際にお気に入りのSDオーディオ楽曲ファイルがあるから、「SH」と「F」は対象外という人もいるかもしれません。

それならCDをWMAファイルに変換してケータイに取り込めと、NTTドコモさんは仰るかもしれませんが、その作業が如何に面倒でわかりにくいかをNTTドコモは全然理解していません。

au BOXのようなハードウェアを作れとまでは言いませんが、もっとCDから楽曲を簡単に取り込める仕組みを用意して欲しいと思います。

どうせAACファイルに対応するのであれば、着うたフル等と混在させた形でプレイリストを作成できるようにして、現実的にAACファイルを使える仕様に改めるべきです。

現在の仕様では、取り込むことは出来ても、現実的には使い物にならないことぐらい、NTTドコモ自身が一番よくわかっているはずです。

競合しているアップルが支配しているAACファイルをそのまま使えるようにしてしまうのは、マイクロソフトと提携を結んでいる手前難しいのかもしれません。

しかし日本のパソコンユーザーの4人に1人がiTunesを使っているという現実を考えれば、マイクロソフトとは手を切ってでも、iPhoneのようにiTunesに取り込んだ、せめてDRMフリーファイルだけでも、NTTドコモの端末上で快適に扱うことが出来るようになれば、他キャリアとの大きな差別化に繋がり、ユーザーを増やす原動力にもなると思うのですが、いかがでしょうか?>NTTドコモ様

次のモデル以降で、ミュージックプレイヤーの操作性が大幅に向上することを願っています。


携帯電話の優良中古電池・メモリーカード・モバイル機器の専門店!
安いのは当たり前!本体&ケータイ関連グッズ多数あります!

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ


関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。