アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモ PRIME series P-01B レビュー

2009年12月01日20時42分
P-01B.jpg

本日は、11月27日(金)にNTTドコモより発売された、PRIME series P-01B のレビューを書こうと思います。

091130-141729.jpg

091130-141603.jpg

091130-141617.jpg

P-07Aでは、トリニティスタイルと謳っていましたが、本機ではWオープンに名称が戻されています。

機能的に3つめの形態(端末を閉じたままデジカメライクにカメラを使うスタイル)が削ぎ落とされたわけではないのですが、P-07Aで採用されていたヨコオープン時の2WAYキーが非採用と退化している部分もあります。

今回のウリは、ヨコオープン時に10キーがタッチパッドになる点と、ピントが合うまで約0.2秒の高速オートフォーカスなのですが、何気にサイドのシャッターボタンが大きく押しやすくなっていることもカタログでアピールしています。

サイドのシャッターボタンは、他のボタンより大きくした方が、わかりやすいし使いやすいというのは、「NTTドコモ PRIME series F-09A レビュー」において、「一つ注文を付けるとすれば、シャッターボタンは可能な限り大きなボタンにしたほうが、ユーザーにはよりわかりやすく、使いやすいカメラ機能になると思います。」という指摘に対応されたのでしょう。

大きくて分かりやすく、更に押しやすいシャッターボタン
091130-141757.jpg

当どろんじょ屋敷の足跡には、NTTドコモやKDDI、端末製造メーカー各社様のログがかなり残っていますし、私がこうした方がいいと書いた改善案が次シーズンの新機種で改良されているのを見ていると、結構細かく当どろんじょ屋敷は各社様にチェキされているようです。

「P」は昔からオートフォーカスが甘く、シャッターが切れるまでの速度が遅いというのも、私が以前、P-01Aがリリースされるまで指摘していた伝統的な「P」の弱点であったのを、今回は逆に強化してアピールポイントになるまで昇華させたのでしょう。

ただ残念ですが、今回のウリの一つである、ヨコオープンでフルブラウザーの使い勝手が向上するというタッチパッドについては、正直非常に使いにくく、おまけにタッチパッドを起動すると十字キーの動きまで鈍くなって、サクサクと快適なブラウジングが出来なくなるのは問題だと思います。

とにかくタッチパッドで目的のクリック部分にポインターを合わせるのが非常に困難なのです。合わせたつもりが微妙にずれてクリックできない・・・。

タッチパッド起動時
091130-143144.jpg

3.3インチフルワイド大画面VGA液晶に表示される文字やボタンは非常に小さくなり、そこにピンポイントでポインターを合わせるためには、パソコンの追っかけマウスのような機能を搭載しないと無理でしょう。

追っかけマウスのような補助機能なしで、あの小さなタッチパッドエリア上で指でポインター操作して、思った所にポインターを合わせられるような、感度の高いタッチパッドを実現するのはかなり難しいと思います。

ターゲットに上手く合わせることが出来ないポインター
091130-143322.jpg

というか、P905iから4世代に渡って採用されている、「P」の強みであるはずのWオープンはいい加減捨てた方がいいと思います。

ヨコオープンで威力を発揮するフルブラウザーの為に、パナソニック的には2WAYキーや、今回のタッチパッドを用意したのでしょうが、ケータイでフルブラウザーを使う人なんて、10%以下だと思います。

以前も申し上げましたが、フルブラウザーを使うと、パケ・ホーダイダブルの上限が4,410円から1,500円もアップして5,985円になってしまう今の料金体系で、それでもフルブラウザーを使いたいという人は、ごく僅かでしょう。

ケータイでブラウジングすることが日常となっている日本では、ありとあらゆるホームページはパソコン版とは別にケータイ版が用意されており、パケット料金も嵩み、使い勝手もよくないフルブラウザーを利用する必然性が全くありません。

ケータイの通常のブラウザーでも、Google検索した結果からリンクを辿った場合、仮にその目的のページにはケータイ用に作成されたページがなかった場合、Googleがパソコン用のページをケータイ用に自動変換してくれて、完璧ではないにしても内容を把握することも出来ます。

またケータイのフルブラウザーでは、容量の多いページや、フレーム数が多いページ等が上手く表示できません。

実際トップページの容量が多い当どろんじょ屋敷も、P-01Bのフルブラウザーでは上手く表示できませんでした。

フルブラウザーで「どろんじょ」をGoogle検索
091130-143352.jpg

2番目にヒット
091130-143434.jpg

容量オーバーで全部表示できないどろんじょ屋敷
091130-143558.jpg

そのような大多数のユーザーが使うことのないフルブラウザーを使いやすくする仕組みは、最早必要とされていないと言う事も以前申し上げたとおりです。

大画面フルワイドVGAを横向きにして使う、ワンセグや動画の視聴、カメラ機能等のフルブラウザー以外のアプリケーションの使い勝手の向上を目指すのが現在のトレンドであることを考慮すれば、現在主要端末製造メーカーの中で唯一タッチパネルを採用していないパナソニックは、フルブラウザーに拘るのをやめて、一刻も早く、より使いやすいタッチパネルの開発に工数を割かなければ、タッチパネルで先行するシャープや富士通、NECといった競合他社との差は広がるばかりです。

ヨコオープンの大画面で通常のiModeブラウザーを使用
091130-142927.jpg

ヨコオープンの大画面でストリーミング動画を再生
091130-142940.jpg

ヨコオープンの大画面でワンセグ
091130-142154.jpg

ヨコオープンの大画面で写真を撮影
091130-142045.jpg

P-07Aよりよくなったと思った点の一つに、デジカメライクに写真を撮る際に、被写体を映し出すサブディスプレイの大きさは、2.0インチのまま変わっていないのですが、キモチ、P-07Aの時よりも映る被写体がキレイで見やすくなったような気がしました。気のせいかもしれませんが・・・。

見やすいサブディスプレイ カメラ撮影時
091130-141837.jpg

小さいサブディスプレイ上に表示されている操作ガイドは小さすぎて見にくい
091130-141923.jpg

「P」のPRIMEと言えば、ガンダムシリーズとレイトン教授シリーズのゲームがプリインストールされているのが最早常識になっていますが、今回も両シリーズの最新ゲームがプリインストールされているので、ゲームが好きな方にはいいかもしれません。

もちろんこの2本に加えて、4機種全てのPRIME seriesにプリインストールされている、ビッグタイトルを含む6種類のゲームも、プリインストールされています。

ゲーム重視であれば「P」でしょうね。Wオープンのヨコオープンはゲームの操作感が他の機種よりいいだけではなく、アプリを開発するソフトベンダーから見ても、ゲーム開発時の自由度が高くなります。

ケータイでガンダムなら「P」以外の選択肢はないぐらいですから。

PRIME series 4機種の中で唯一P-01Bだけが、カメラの画素数は一世代前の810万画素である点を考慮すれば、「P」が好きな人であれば購入しても問題ないと思いますが、メーカーに拘らないのであれば、他機種にした方が無難だと思います。

ドコモショップ高田馬場店での実売価格は65,120円です。


新品白ロム携帯!未使用品 NTTドコモ P-01B 49,800円
送料無料 YAMAZEN ペットボトル式加湿器 全4色 2,000円

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひBlogPeopleバナーを1日1クリックお願いします。

  ↓



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。