アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア 日本車の販売が急拡大

2008年05月19日16時18分
ロシア 日本車の販売が急拡大

==========
5月18日 17時30分 NHKオンライン

http://www.nhk.or.jp/news/k10014666451000.html

経済成長が続くロシアで、昨年度の日本の自動車メーカーの販売台数は、トヨタ自動車が37%の伸びとなったほか、各社とも軒並み50%を超える伸びとなり、高級車などを中心に日本ブランドの自動車の販売が急増しています。

昨年度、ロシアで日本の自動車メーカーが販売した台数は、トヨタが前の年度より37%伸びて16万6000台と、イタリアやイギリスなどを抜きました。また、日産自動車も66%増えて14万1000台、三菱自動車工業も54%増えて10万7000台となるなど、高級車や中型セダンといった車を中心に、日本ブランドの車の販売が急増しており、日本メーカーにとって、ロシア市場の重要性が一段と増しています。このため、各社とも現地の販売体制を強化する方針で、このうちトヨタは現在70ある販売店の数を数年で100店以上に増やす計画です。また、三菱自動車もこの1年で106から126に増やすなど、各社とも販売網の強化を急ぐ計画です。国内やアメリカなど先進国市場の販売が頭打ちとなるなか、日本メーカー各社にとって、ロシアなど新興国での販売台数をいかに伸ばすかが事業を拡大する鍵になっています。
==========

ロシアでは日本車だけではなく、韓国車や中国車もバカ売れしているそうです。ロシア国内には旧ソ連時代からの時代遅れのメーカーしかないため海外から輸入しまくり状態なようです。

ロシアのウラジオストック等の極東部の都市との間で定期的な船便が行き来している、新潟や富山から、パキスタン人バイヤーの手によって大量にロシア向け輸出されている日本の中古車がロシアで大人気なのも、日本の新車販売が爆発している背景にはあると思います。

ロシア人曰く、中古車は日本車以外はNGなのだそうです。日本の中古車は品質がよく、故障もしない点が人気の的になっているそうです。中古車が大量に輸出されているため、港のある日本海側の地方都市には、そういった日本の中古車ユーザーが補修のため買い求めるパーツを扱う自動車部品屋が何軒も出来、大繁盛しているそうです。

日本では全っ然売れてない三菱自動車が販売数も販売店数もトヨタと遜色ないというのが凄いと思いました。

昨夜からのNHKスペシャルは、「沸騰都市」というタイトルでオンエアされているのですが、昨夜の第1回は「ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー」というタイトルでドバイを特集していました。もう全ての面において、もの凄いの一言に尽きました。これは1バレル=128ドルにも達したオイルマネーが如何に莫大な富を産むかを証明しているかのような内容でした。

第1回は総合テレビで5月20日(火)深夜【21日午前】0時55分~1時45分に再放送されますので、ぜひご覧になって下さい。

概要は次の通りです。

=====
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080518.html

今から30年前、地球上に人口1000万を超える都市は、東京、ニューヨーク、メキシコシティの3都市だけだった。いま、その数は20となった。上海、サンパウロ、ダッカ、イスタンブール…。ほとんどは、新興国の都市だ。20都市だけで世界のGDPの半分を占める。国連人口白書は今年、「都市の世紀の幕開け」を宣言した。

煮えたぎる都市の地殻変動を描くシリーズ「沸騰都市」。第1回はドバイを取り上げる。
世界最大の空港、世界最大の人工島、怒涛のようにオイルマネーが降り注ぎ、それを元手にあらゆる分野で世界一を目指す中東ドバイ。極めつけは、高さ800メートル、160階建て、世界最高の高さを誇る超高層ビル・ブルジュドバイ。2009年中の完成を目指して、今建設が24時間体制で進んでいる。ドバイ政府は、ブルジュドバイをピラミッド以来のアラブ社会の権威の象徴と位置づけている。

世界の建設現場からクレーンを根こそぎ奪い、バングラデシュやパキスタンから母国の数倍の給料で労働者をかき集めるドバイ。世界が不況に苦しむ中、ドバイに群がる人々の欲望の物語を描く。
=====

ちなみに今夜の第2回は「ロンドン 世界の首都を奪還せよ」というタイトルで、内容の抜粋は次のようになっています。

=====
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080519.html

今ロンドンが、「世界の首都」の地位をニューヨークから奪い返しつつある。
数年前まで多国籍企業は、NY証券取引所で上場するのが常だったが、今や多くの企業がロンドンに押し寄せる。外国為替や外国株式の取引量もロンドンがNYを抜き去った。

ロンドン復活の大きな要因は、インド、ロシア、中国、中東など新興国との結びつきを深めたことにある。同時多発テロ以降、規制が厳しくなったアメリカを嫌った企業・資本・人材が、市場開放を売り物にするロンドンに一気に方向を変え流れ込んだのだ。
その象徴がサッカーの世界最高峰、プレミアリーグだ。ロシアやアジアの富豪が名門チームを次々と買収。莫大な資金力を背景に有名な外国人の選手や監督を獲得し、リーグを大いに沸かせている。今や、半数近くのチームが外国人のオーナーとなった。

テムズ川沿いのモスクワといわれる地区に集まる多くのロシア人富豪たち、ロンドンに次々と進出するインド系企業、なだれ込むポーランド人労働者など、ロンドンは多国籍のエネルギーに満ちている。

自前の成長エンジンをあきらめ、新興国のエンジンを使うことで復活をとげたロンドン。グローバリズムを主導しながら、その精神を失いつつあるニューヨークから主役の座を奪い返そうとしている。グローバリズム主役交代のうねりを描く。
=====

第3回は、ダッカ 希望のマイクロクレジット(仮)2008年6月22日(日)午後9時~9時49分 総合

第4回は、イスタンブール 揺れ動く東西の十字路(仮)2008年6月29日(日)午後9時~9時49分 総合

という内容でオンエアされるそうです。

オイルマネーで潤っているという点では、大産油国であるロシアも状況は同じでしょう。原油価格が上がれば上がるだけ、自動的に転がり込む金が雪だるま式に増えていく訳ですから、笑いが止まらない状態でしょう。

当然、自動車もよく売れるわけです。

砂漠や極寒という、産業もなく人を含めた生物が生きて行くには適さないような場所に、莫大な富が眠っていて、戒律的な生活を送っていた人々の子孫が、21世紀になって一発大逆転で大繁栄しているのはとても皮肉に見えます。

神様は全人類に対して平等なのかもしれないとさえ思えてきます。四大文明の時代があり、元の時代があり、オスマントルコの時代があり、19世紀はヨーロッパ、20世紀はアメリカ、そして21世紀は中東やロシアといった産油国の時代なのでしょう。

そんな莫大な富を産むオイルを大量に消費することにより、CO2の排出量は減るどころかむしろ増えてしまい、今度はオイルがそんな繁栄を破滅に導くのかもしれません。産油国の破滅の次には、南極やアフリカの繁栄が待っているのかもしれません。

平等な神様は、永遠の繁栄を許すことはなく、繁栄の次には必ず破滅を用意していて、次の繁栄は全く別の場所で起きるのを目の当たりにしているような気がします。

シムシティのようなシュミレーションゲームを我々がするように、もっと大きな存在である何かが箱庭の中で遊ばせているのが我々人類なのかも・・・。そんな気がしませんか?



クリスチャンルブタン(ChristianLouboutin) いろいろあります!!
ルイヴィトン バッグ 他にもいろいろ揃ってます!!
ショップオブザイヤーを4度受賞 中国茶,点心の直輸入販売


モチベーション向上のため1日ワンクリックお願いします。m(_ _)m
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

ブログランキング にほんブログ村
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。