アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にベールを脱いだ「iPhone 4」国内では6月24日(木)発売

2010年06月08日20時06分
予想通り、米国サンフランシスコで6月7日(月)から始まった、アップルが毎年開催している「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で第四世代の新型iPhoneとなる「iPhone 4」がそのベールを脱ぎました。

DDDC10.jpg

日本ではソフトバンクモバイルで6月15日から予約開始、6月24日発売と発表されました。

私がブログ内で「iPhone 4G」という名称を敢えて避けて「新型iPhone」と書き続けていたのには、絶対に「iPhone 4G」という名称ではないという確信があったからです。

その確信通り、「新型iPhone」の名称は「iPhone 4」というものでした。

そもそも第二世代iPhoneである「iPhone 3G」の「3G」という名称は、第三世代ケータイという意味の「3G」であって、iPhoneの世代から命名された物ではなかったからです。

スペックの詳細は、ほぼ事前に暴露されていた通りですが、詳細はGIGAZINEにも書かれていますので、よろしければそちらもご覧下さい。

iphone4-1.jpg

主な特徴は、

・遂にマルチタスクに対応

・従来よりも24%薄い、9.3mmの薄型スマートフォン

iPhone4 薄い

・従来の倍、1インチあたり326ピクセルという高解像度

・ディスプレイのコントラスト比は800:1

・角度を変えても美しく見えるように視野角が改善された、960×640ドット、3.5インチIPS液晶

・iPadに採用されている「A4プロセッサ」を採用

・最大容量は32GB、他に16GB、iPhone 3G S 8GBをラインナップ

・下り最大7.2Mbpsおよび上り最大5.8MbpsのHSDPA/HSUPAに対応

・デュアルマイクでノイズキャンセリングが可能

・IEEE802.11nの無線LANを実装

・6軸のモーションセンサーを搭載

・背面カメラは最大5倍のデジタルズームや720p、30fpsのHD動画撮影に対応した500万画素モデル、更にLEDフラッシュを搭載

iPhone4 斜め

iPhone4 裏

・4.99ドル(約460円)で販売される編集ソフト「iMovie」を利用することで、撮影した動画をiPhone 4で編集することも可能

・新たに搭載された前面カメラはWi-Fi接続時にHDビデオ通話ができるアプリ「FaceTime」に対応

・価格はAT&Tとの2年契約の場合、「iPhone 4」の16GBモデルが199ドル(約1万8200円)、32GBモデルが299ドル(約2万7500円)、「iPhone 3GS」の8GBモデルが99ドル(約9500円)

・アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、日本の5ヵ国で6月24日に先行発売。6月15日から予約受付を開始

・カラーはホワイトとブラック

・ボディには通常のものの5倍の強度を誇るステンレスと、30倍の強度を実現した皮脂などに強いガラスを採用

・高さは115.2mm、幅は58.6mm、奥行き9.3mm、重さは137グラム

・左サイドには電源スイッチや音量調整ボタン、そして右サイドにはmicroSIMカードスロットを搭載

iphone4 左右

64GB版がリリースされなかったのは想定外ですが、twitterを使いやすくする数々のアプリと、iPod、iTunes Store、iBooksといったキラーアプリが揃っているにも関わらず、非常に安い「iPhone 4」より魅力的な「Androidスマートフォン」は今のところ見あたらず、「Xperia」もこの「iPhone 4」を目の前に出されてしまうと霞んで見えます。

Androidの勢いにも無視できないものがあり、スマートフォン市場では、iPhoneの大人気の影で、実はAndroid OS搭載のスマートフォンがiPhoneよりも勢力を伸ばしているというデータが先頃発表されました。

ひとつは、2010年第1四半期の米国における市場シェア。調査会社NPDグループによれば、トップはブラックベリーの36%ですが、Androidは28%とiPhoneの21%を抜いたというもの。

そしてもうひとつは、携帯広告ネットワーク、アドモブによる通信トラフィック量のリサーチ結果で、3月はAndroid携帯によるものが、iPhoneを超えたというのです。

しかし一方で、「iOS(旧称iPhone OS)」が米国で28%のシェアを占めているのに対して、Androidはわずか9%にとどまることをスティーブ・ジョブスはWWDCの講演で指摘しており、更に今月中にiPhoneやiPad、iPod touchを合わせた「iOS」採用デバイスの販売台数は1億台を突破する見込みであるとも語りました。

アップルの製品群の強みは、そのラインナップの少なさと集約化された販売拠点網です。

アップルの製品はマックを除けば、基本的にワンアイテムのバリエーションは色の違いとメモリー容量の違いだけですから、部品がほぼ共通化されたモデルを大量生産し、世界中で販売することにより、製造原価を極限まで下げつつも、アップル自身はiPhoneの販売で60%という驚異的な利益率を確保しているという強い収益構造があります。

またアップルは製品の販売網を絞り込むことにより、物流コストを大幅に削減することにも成功しており、販管費の面でも競合他社製品より有利な立場にあります。

そしてアフターサポートを有料にして本体の販売とは切り離して、この結構高額なサポート費用(Apple Care Protection Plan)からも高収益を上げており、現在世界中の企業の中でアップルより優れたビジネスモデルを構築している企業は皆無と言ってもいいでしょう。

Androidスマートフォンを製造しているメーカーは、iPhoneよりもむしろ他のAndroidスマートフォンと激しく競合しており、販売競争の激化から端末のラインナップを増やしたり、1年に何度も新モデルを投入しており、1モデルあたりの販売数はiPhoneに比べれば、それこそ何百分の一というレベルでしょうから、売っても売っても利益が出ないというのが本音でしょう。

Androidスマートフォンが成功するためには、アップルのように端末製造メーカーを1社に絞り込むか、Google自身が手掛ける端末だけに絞り込んで、スケールメリットを享受できる収益構造に転換しない限り、アップルの勢いは止められないでしょう。

64GB版がなかったのは残念ですが、私もたぶん近いうちに購入すると思います。



intel Core i3搭載 13inchモバイルノート79,980円
とりあえず覗いてみて!!業者様ご用達 東京問屋

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ

楽天トラベル株式会社
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。