アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ LTE商用ネットワークの試験運用を開始

2010年06月15日05時16分
これまた書きかけだった1週間前のネタなのですが、せっかく途中まで書いたのでアップします。

==========
LTE商用ネットワークの試験運用を開始

<2010年6月8日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、2010年12月から開始予定のLTE(注意1)サービスについて、LTE商用ネットワークの試験運用を、2010年6月8日(火曜)から東京都内より開始いたします。試験運用では、12月から商用予定のネットワークを使用し、伝送速度や遅延などの通信品質や、移動機の無線基地局間移動の安定性など実際の運用を想定した検証を行い、LTEサービスの円滑な導入を目指します。

試験運用は、2GHz帯の周波数帯域で行い、当初下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbpsの伝送速度を検証します。さらにサービス開始までに、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの伝送速度の検証も行う予定です。

ドコモは、既存のW-CDMA無線基地局において既にLTEに対応した無線装置(注意2)の導入を進めており、これらの無線基地局では、W-CDMAと無線装置を共用できるため、LTE用基地局装置を追加導入するだけで、LTEへの対応が可能です。これにより、LTEサービスのエリア展開を効率的に進めることができます。

ドコモは今後も引き続き、お客様にご満足いただけるエリア構築を進めるとともに、世界の先頭集団の一員としてLTEサービス開始に向けた準備を進めてまいります。

* 注意1 LTE:Long Term Evolutionの略。標準化団体3GPP(3rd Generation Partnership Project)で仕様が作成された移動通信方式。下りリンクにおいて、最大100Mbps以上の伝送速度が実現される。ドコモがSuper 3Gとして提唱したもので『3.9G』と位置づけられる。

* 注意2 無線装置:無線基地局を構成する設備の1つで、電波の変復調やアンテナから電波を送受信する機能などを持つ装置のこと。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2010/06/08_01.html?ref=nr_index
==========

これでNTTドコモは、3.5GのHSDPA(下り最大7.2Mbps)&HSUPA(上り最大5.7Mbps)から、イー・モバイルが既に商用化しており、ソフトバンクモバイルも3月31日にサービス終了した帯域を用いて整備するとしているHSPA+(下り最大22Mbps、上り最大12Mbps)をスキップして、いきなり3.9GであるLTE導入に舵をきることがハッキリしました。

HSDPAで人口カバー率100%を唯一達成したように、NTTドコモはイー・モバイルやソフトバンクモバイルのように、HSPA+という余計なインフラ設備投資をスキップすることにより、LTEでもかなり早い段階で人口カバー率100%を達成するでしょう。

LTEは、2009年6月10日(木)に免許の交付予定が明らかになり、KDDI/沖縄セルラー連合とソフトバンクモバイルが、何れも1.5GHz帯10MHz幅、NTTドコモが1.5GHz帯15MHz幅、イー・モバイルが1.7GHz帯10MHz幅をそれぞれ割り当てることが明らかになっています。

NTTドコモは1.5GHz帯とFOMAサービスエリア用に使われている2GHz帯のオーバーレイによりLTEを展開する予定で(当初は、2GHz帯のみの利用で、データ端末のみ。音声端末は遅くとも2012年までをめどに全国展開。1.5GHz帯でのLTEサービスは、2014年3月までに行われるデジタルMCAの失効と前後して展開予定)、かつてのFOMA展開初期のエリアの狭さでの不評を買った事への反省から、サービス開始当初はLTEとFOMA のデュアルモード端末での展開を予定しています(即ち、LTEのエリア外でも、FOMAサービスエリアないしはFOMAプラスエリアでの利用が可能となる。場合によっては、東名阪バンドの1.7GHz 帯エリアの利用も想定される)。

KDDI/沖縄セルラーは新800MHz帯/1.5GHz帯のオーバーレイにより、LTEを展開する予定です(WINで利用されている2GHz帯を、3.9G方式採用後の活用方法については未定)。

ソフトバンクモバイルは、LTEは既存のSoftBank 3Gで利用している2GHz帯を転用し、2Gの周波数帯を返納して再獲得予定の 1.5GHz帯はHSPA+とDC-HSDPAで利用するとしています。

イー・モバイルは、すでに利用している1.7GHz 帯と新規獲得予定の帯域とを連続する形で、2009年7月24日に開始されたHSPA+で利用する帯域として、新たに割り当てされる部分の追加を予定していることに加え、その後、DC-HSDPAとLTEによる利用をそれぞれ計画しています。

ソフトバンクモバイルは大丈夫でしょうか?

iPhoneを持っている友人達に聞くと、時々凄く遅くなったり回線が切れることがあるという声を聞きました。

ソフトバンクモバイルは、今後、ますます増えると思われるiPhone 4ユーザーとiPad(Wi-Fi+3G)ユーザーのために、まだまだ貧弱なHSDPA&HSUPA基地局へ莫大な投資を続けなければなりません。

そのうえ、2009年冬春モデル以降のハイスペック端末は既に、HSPA+とDC-HSDPAに対応していると言う事は、ロードマップ通りにHSPA+とDC-HSDPAにも投資を行うと言う事でしょう。

NTTドコモが早くも今年度からLTEを商用化するのに対して、ソフトバンクモバイルは現役のSoftBank 3Gで利用している2GHz帯を転用するということは、HSPA+とDC-HSDPAを普及させて、SoftBank 3Gのサービスを終了するまでLTEは商用化できないということです。

これでは、NTTドコモの周回遅れどころか2周以上遅れてのLTE商用化になりそうです。

NTTドコモは既に基地局側の展開に加えて、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、富士通と共同でLTE端末の開発も進めており、2009年10月にはLTE端末チップセットのエンジニアリングサンプルを開発済みです。

LTEの技術を持たない、イー・モバイルとソフトバンクモバイルは基地局、データ通信端末、端末チップセットに至るまで、全て中国のHuawei(ファーウェイ)頼みの状態です。だからこそ、一気にLTEには飛べず、それまでの繋ぎとしてHSPA+とDC-HSDPAを導入せざるを得ないわけですが、客観的に見てHSPA+とDC-HSDPAへの投資は二重投資以外の何物でもなく、非常に効率の悪い設備投資だと言わざるを得ないでしょう。

ソフトバンクモバイル、本当に大丈夫でしょうか・・・。



雑貨のパラダイス♪
DIESEL,adidas,Ben Sherman,FRED PERRYなどをセレクト

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ



関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。