アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンクモバイル ハートフレンド割引開始

2010年06月28日06時00分
今更のネタですが、途中まで書いていたので記事にしてアップします。

ソフトバンクモバイルは、6月1日(火)よりハートフレンド割引という制度を新たに提供開始しました。

これはいわゆる身体障がい者割引で、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けていれば、ホワイトプランが割引になるという制度です。

このような障がい者割引は、NTTドコモとauはかなり以前から実施しており、名称や割引内容に違いはあるものの、毎月発行されるカタログにもよくわかる場所に表示されていました。

ところがソフトバンクモバイルに関しては、ホワイトプラン以外では障がい者割引制度があったらしいのですが、カタログにはその件に関しては全く書かれておらず、大多数の人が加入しているホワイトプランに関しては、この6月1日(火)まで割引制度そのものがありませんでした。

さすがソフトバンクモバイル。自社の不利益になるようなことは、極力アピールしないという悪しき社風がもろに体現されています。

今回のハートフレンド割引も、テレビCMやホームページで大々的に告知したりしていませんので、私のようにケータイマニアで毎月カタログを貰ってきて内容をチェックしているようなマニアックな人じゃなければ、制度そのものを知らないまま正規料金を支払い続けるという人が大半になるでしょう。

周りにハートフレンド割引の対象になる人がいたら、皆さんぜひ積極的に教えてあげるようにして下さい。

次に各キャリアの割引制度について説明していこうと思います。

ソフトバンクモバイル ハートフレンド割引

・対象プランはホワイトプランおよびホワイトプラン(i)のいずれか

・ホワイトプランの基本使用料980円/月が無料

・TVコール国内通信料が半額

・パケットし放題の定額料が0~4,410円/月

・パケットし放題 for スマートフォンの定額料が0~5,985円/月

au by KDDI スマイルハート割引


・1年契約で満了月以外の変更・解約は契約解除料3,150円が必要。加入は無料。

・基本使用料半額(無料通話分はそのまま)

・auケータイ/一般電話への国内通話料・テレビ電話通話料、auケータイへのCメール送信料半額

・他社ケータイ・PHSへの国内通話料・テレビ電話通話料が20%OFF

・104番号案内に関わる通話料・番号案内料が無料

NTTドコモ ハーティ割引

・基本使用料60%OFF(無料通信分はそのまま)

・iモード、留守番電話サービスや各種サービスの月額使用料60%OFF

・契約事務手数料などの一部が無料

・テレビ電話通信料が音声通話料と同額

・104番号案内に関わる通話料・番号案内料が無料

・FOMAで「ファミリー割引」+「ハーティ割引」加入なら、家族への国内通話24時間無料、国内テレビ電話通信料60%OFF

このように手帳を持っている方であれば、かなり有利な条件でケータイを使うことができます。

客観的に見て、契約解除料がなく、割引も豊富なNTTドコモのハーティー割引が一番有利な条件でケータイを使えます。

ご家族で、手帳をお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひこのような割引サービスを積極的に利用して、オトクにケータイを使って下さい。

=====
2013年4月30日追記

各キャリアのメインがLTEに移るに伴い、どこが一番有利な割引を受けることができるのかも変わってきました。2013年4月29日時点での、大手3キャリアの障がい者割引割引について書きましたので、是非下記記事もご覧下さい。

大手3キャリア 障がい者割引が一番有利なのはどこ?


激安アパレルショップ
メンズカジュアルセレクトショップ

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 携帯ブログへ


関連記事
Comment
基本料金最大100%割引、パケット定額料金も最大100%割引のソフトバンクが圧倒的にお得と思いますが…
隣の芝生が蒼く見えてるだけでしょうか…

私の使っているauなんか、障害者割引と誰でも割、どっちでも似たり寄ったり。メールと緊急用の通話にしか使わないなら誰でも割の方がむしろ得なぐらい。

それと、ソフトバンクに限らず、障害者割引なんてどこも表立って宣伝なんてしてませんよ?
Re: タイトルなし
> 基本料金最大100%割引、パケット定額料金も最大100%割引のソフトバンクが圧倒的にお得と思いますが…
> 隣の芝生が蒼く見えてるだけでしょうか…

通話もパケット通信も一切行わないのであれば、月額の維持費だけを見れば、ソフトバンクモバイルが一番安いでしょう。しかしある程度電話をかける人であれば、NTTドコモの方が有利です。

具体的には、タイプSSバリューの場合、基本料金が744円に割引されても、1,000円の無料通信分はそのままです。つまり744円で25分通話できるということです。744円で通話できる時間は18分ですので、月に18分以上電話をかける人であれば元は取れる計算です。

またiモードや留守番電話等の付加機能使用料も60%割引になります。

月額維持費だけ見ても、ソフトバンクモバイルより有利なのですが、最も大きいのが契約解除した場合の違約金です。ホワイトプランは、例えハートフレンド割引に加入していても、更新月以外に解約すると契約解除料が9,975円もかかります。一方のNTTドコモのハーティ割引はいつ解約しても違約金は発生しません。

> 私の使っているauなんか、障害者割引と誰でも割、どっちでも似たり寄ったり。メールと緊急用の通話にしか使わないなら誰でも割の方がむしろ得なぐらい。

使い方にも因るでしょうが、スマイルハート割引は、auケータイ、一般電話向けの通話料が半額なのが大きいです。また契約拘束期間が誰でも割の半分の1年間かつ契約解除違約金も3,150円と誰でも割の9,975円の1/3ですから、断然スマイルハート割引の方が有利です。

> それと、ソフトバンクに限らず、障害者割引なんてどこも表立って宣伝なんてしてませんよ?

NTTドコモは専用のパンフレットを作って、ドコモショップの目立つ場所に置いてあります。これは十分に宣伝になっていると私は思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。