アクセスランキング

「ケータイ」をメインコンテンツとして、更新して参りましたが
今後は新館 どろ徒14 by どろんじょ三世
で記事更新を行って参ります。

理由は本店(当ブログ)の過去記事を
参照していただければわかると思うのですが
本店ではAdSenseが永久に使えない事と
にほんブログ村に記事更新が反映されず
何度サポート依頼をしてもラチがあかないからです。

記事更新を行っていないにも関わらず
これだけたくさんのアクセスがある本店を捨て
1からまた新館を立ち上げるのは
非常に困難であることは百も承知の上での決断です。

既にオープンしている「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。


はじめて当どろんじょ屋敷を来訪された方は、
ぜひ一度、当ブログサイトポリシーをご一読下さい。


HP Directplus -HP公式オンラインストア- デル株式会社 ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ヤッターマンブームも去りゆく今日この頃ですが、
2006年1月のブログ開設時から
「どろんじょ」を名乗っている私は
まだまだこの名を捨てずに頑張ります。

にほんブログ村のランキングバナーも、
1日1回ぜひとも
ポチッとな!(by ボヤッキー)していただければ
いとうれし・・・でございます。




最初はアフィリエイトが何たるかもわからず、
楽天の商品レビューを書くために取得した
楽天ブログのアカウントが全ての始まりでした。
記事の更新を始めたのが2006年12月の下旬。
当時品薄だったNINTENDO DSを偶然買えた
喜びを誰かに伝えたくて書いたのが最初の記事でした。


ソフマップ・ドットコム

最初は全然アクセスもなく何度もくじけそうになりましたが、
10,000アクセスを超えたぐらいから徐々にアクセスも増え始め、
1,000アクセス/日、総アクセス数130,000、記事数1,000を目前まで
育て上げた大切な
楽天ブログ。そんな楽天ブログが、
何の前触れもなく突然アクセス不能になったのは
2008年5月26日
それがこのFC2ブログの誕生日です。




10日後楽天自らの手によって強制削除された旨の連絡がありました。
しかし結局、
楽天からの誠意のある回答は一切ありませんでした。
本当に怒り心頭、失意のどん底からの再出発でした。
FC2に本拠を移してから、再び1日数アクセスからの再出発。
何度もめげそうになりましたが、2009年7月8日 23時42分07秒に、
100,000アクセスを達成することができました。
皆様本当にありがとうございます。



私は結構アクセスログを見ていますので、検索の結果当どろんじょ屋敷で、
答えが見つからなくても、数日後にレスを返すことがままありますので、
ぜひ一見ではなく、マメにチェキしてみて下さい。

音楽とお笑いをこよなく愛する私のリアルに欲しい物の数々も
公開しています。実際に購入した物も多々ありますので、
どろんじょがどんなヤツなのか気になる方はチェキしてみて下さい。






写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。

なお、推奨ブラウザーは IE11.0、Google Chrome、Apple Safariです。







スポンサーサイト

--年--月--日--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天からの回答未だなし

2008年05月28日03時18分
昨日、突然アクセス不能になった楽天ブログ楽天からは未だに回答はありません。

もし納得のいく回答をせず、誠意のある対応がなされなかった場合は、今まで思っていたブログも含めた楽天株式会社という資本金1,074億円のJASDAQ上場企業の姿勢について問題提起するつもりです。

これまでは敢えて書きませんでしたが、楽天には問題があると思われる点が多々あります。上場して8年も経ち、連結対象も含めれば社員が3,500人以上も在籍する大企業なのですから、新興企業だからしょうがないで済まされる期間はとっくに過ぎています。

楽天ブログで開設していた本館は、先週の土曜日24日(土)には、1日あたりのアクセス数も996アクセスと1000の大台に乗る直前までアクセスも増加しており、総アクセス数も13万アクセス目前でした。

記事数も1,000記事目前の状態で、私の鋭い意見や洞察力の賜でしょう、一般の個人ブログとは異なり企業ドメインや省庁からのアクセスも多数ありました。大半が、東証一部上場の誰もが知っているような一流企業ばかりでした。

また私が提案した半年後ぐらいに、商品化されて発売されたようなものもありましたし、私の提言をまんまパクッたかのような、リストラ後の事業計画案を発表した三洋電機のような企業もありました。

Googleランクも結構緑色のインジケーターが長くなっており、「どろんじょ三世」と何かキーになるようなフレーズ、例えば「副都心線」「三越伊勢丹ホールディングス」「伊勢丹」等を組み合わせてGoogle検索すると、自分が過去に書いて引用したいと思った記事がほぼ確実に検索できるくらい、クロール&キャッシュされていました。

ここ1週間ほどは、ランキングサイトである、にほんブログ村でも大カテゴリーの一つである「携帯」カテゴリーで4位、そしてそのサブカテゴリーである「携帯サービス」カテゴリーでは1位を続けており、アクセス数も急上昇し始めていた時の出来事だということもあり、心理的ダメージはかなり大きく、そのおかげで昨日27日の15時から開始された、NTTドコモの906i、706iシリーズ発表会のストリーミング中継を見ることさえ忘れ去っていました。

JAVAスクリプトが使えない楽天ブログでは、SEO対策のようなものは行っておらず、他の楽天ブロガーがアクセス数アップのために、足跡から逆訪問し、御礼のコメントを残すようなことも殆ど行わない状態でここまで育て上げたブログですから、かなり思い入れもありますし、何の前触れもなく突然デリられた(削除された)ことは、本当にショックでした。心理的なショックと過去に書き綴った多数の有意義な文章が失われたことに対して、損害賠償を請求したいぐらいです。

とりあえずあと数日回答を待ちますが、1週間経っても納得のいく回答が得られなかった場合には、楽天の問題点を書き始めるつもりです。

楽天ブログで読んで下さっていた多くの方々に周知が必要ですので、にほんブログ村で上位に表示させる必然性に迫られています。

ぜひワンクリックよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m



どろんじょの記事をもっと読みたいですか?率直なご意見を・・・。
読みたい!!   もうたくさん



[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

クリスチャンルブタン いろいろあります!!
白ロム携帯端末の安いお店。激安白ロムが満載!
ダイエット豆乳おからクッキーの、おから本舗


モチベーション向上のため1日ワンクリックお願いします。m(_ _)m
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへテクノラティお気に入りに追加する

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
関連記事
Comment
驚きました。
こんなことがあるのですね!
私のブログも或る日突然デリられたりしたら、とても耐えられそうにありません~~。

ブログのバックアップは取っていらっしゃったのでしょうか。
その辺りは、どろんじょさんのことだから、きっと大丈夫でいらっしゃると思うのですが、
まだ、少しキャッシュが残っていらっしゃるようです。
もし、取り損ねていらっしゃるものがあったら、今のうちです(;_;)☆

ふぁいとです。
クリックして行きますですね!


りうりうさんへ
コメント&クリックありがとうございます。

楽天ブログは仕様上バックアップは取れない仕組みになっています。本文だけはプレーンテキストで送られてきますが、こんなものから全記事を復旧させるのは事実上不可能です。

Googleのキャッシュに残っているトップページ分は既にこちらでも同時掲載していたので問題なしですが、貴重な過去ログがパーにさせられたのは腹立たしいを、通り越して怒りを覚えます。時間給換算したら、一体どれだけのコストがかかっていると思っているのでしょうか?

何らかのシステム障害で削除されてしまい、楽天が定期的に取っているバックアップを基に復旧作業をスムーズに行ってくれるのであれば問題はありません。

しかし何の対応も取らず、私が投げた問い合わせも無視するようなことがあれば話は別です。

今までは楽天ブログを使っている手前、敢えて楽天という企業に対する批判は殆ど行ってきませんでした。

しかし疑問に思う点がいくつもあるのもまた事実です。

今まで私は楽天という企業に対して好印象を持っていましたので、そのような問題があると思われる点を指摘することは控えていました。

でも今回の出来事に楽天が真摯に対応してくれなければ、私はアンチ楽天になるでしょう。

今後は楽天の対応次第です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。